アフロ仏さん、散髪前、散髪後

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

仕事後に京都に向かって出発した。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

途中、富士川サービスエリアで車中泊。

車中泊の朝はいつも最高だ。少し寒くなってきたけど、桜エビかき揚げ蕎麦で朝食

いろは「エビが香ばしくて美味しかったニャー」

リアル富士山は雲に隠れて見れなかったけれど、カマボコ富士山を見ることができました。

たくさんのお茶畑。将来、静岡県に住むのも悪くないなあと思う。

スポンサーリンク

キミはアフロなブッダを知っているか?

京都旅の目的は紅葉狩りであるが、ついでに見たかったもののひとつに『アフロ仏』があった。

アフロブッダとは、金戒光明寺にある仏像のことである。

散髪もせずに修行しまくっていたために螺髪が御覧の通り伸びてしまい、実験に失敗して爆発しちゃった科学者みたいになっている仏像である。

散髪前。アフロと縁なき衆生に呼び捨てにされていました(汗)

散髪後。サッパリしたなーー。

アフロ仏をもうちょっと上に登ると、突然、散髪後の如来が現れます。

スポンサーリンク

祇園のハードロックカフェはファンキーだぜ

金戒光明寺から真如堂、銀閣寺まで歩いて本日の徒歩放浪旅は終了。

夜は祇園を散歩。いかすハードロックカフェを発見。

世界中でハードロックカフェを見てきたけれど、こんな変わったハードロックカフェは見たことがありません。

エレキギターにTボーンステーキがハードロックカフェだと思い込んでいた私にはちょっとした衝撃でした。

スポンサーリンク

京阪の特急電車は特急券なしでも乗れる

本日の宿は伏見駅(に泊めてある車)。

祇園四条から京阪電車に乗ったのだが、最初に来た電車が特急だったので見送って、普通電車に乗った。

後で関西在住の友人に聞いたら、なんと京阪の特急は、特急券なしで乗れるらしい。

関東者だから、見送ってしまった。

関東の人間は、ふつうは特急には乗らない。

特急に乗るには乗車券のほかに特急券が必要だからだ。それが関東の常識である。

特急なのに特急券がいらない、というのはカルチャーショックであった。

大阪で「関東煮」というものが売っていて、興味津々で注文したら「おでん」が出てきてがっかりしたことがある。

あれもカルチャーショックであった。

関西は異文化です。関東から見ると。

人間は「定義」の中で暮らしている。定義とは人間が決めたものであり、確かなものではない。

定義は「思い込み」であるかもしれない。

旅はそんなことも教えてくれるのだ。

帰国子女です。応援よろしく
ポチっと応援してください
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました