漢字の不思議。簡体字と繁体字と常用漢字

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
さすがにこれは読めません
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

中国や台湾を旅した人ならご存知でしょうが、漢字を使っています。漢字というのは非常にキャッチーな文字で、私などは英語と中国語(漢字)が併記されている看板を見ると、確実に中国語(漢字)の方に目が行きます。結局、内容を読み取れず、英語の方を読んだら意味が全部わかったということも珍しくありません。

中国は昔の漢字を省略した「簡体字」という漢字を使っています。日本も基本的に略した「常用漢字」。台湾は「繁体字」という画数の多い漢字を使っています。例えば「台湾駅」と書くのが常用漢字。「台湾站」と書くのが簡体字。「臺灣驛」と書くのが繁体字です。

中国の簡体字はもう「読めるか! もはや部首だけだろ!」とツッコミたくなるぐらい省略されていて、モバイルフォン時代に見事に対応しています(笑)。しかし、中には省略し忘れたのか(類似が多くできなかったのか?)画数の多いまま残されている漢字もあって、文書の中にやたらと画数の少ない漢字と、やたらと画数の多い漢字が並んでいたりします。「おいおい。そっちじゃない。こっちを省略すべきだろう!」とツッコミたくなるような一面があって、町中に溢れる漢字を読んで意味を想像することは、中国の旅では欠かせない面白さのひとつになっています。

さすがにこれは読めません💦

また、漢字が読めて、書けるということは、同じ文化圏に属しているのだなあ、という親戚の家を訪ねたような気持ちにさせてくれます。

中国杭州にひとり旅をした時のことです。駅まで戻りたくてタクシーに乗ったのですが「Stationステーション」と行き先を伝えても通じません。

ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

まさかタクシー運転手が英語を喋れるとは思っていませんが、「Stationステーション」ぐらいの基本的な単語ぐらいはわかるだろうとたかをくくっていたのです。

さあ、困りました。

ここは筆談しかないとノートを取り出し「駅」と書きましたが通じません。中国では「站」と書かなければ通じないのですが、当時はそのことを知りませんでした。

私はヤケクソになって「鉄道」「電車」「電気自動車」「連結車両」「公共交通」だの「駅舎」「乗降場所」「停車場」「止」だの思いつく限りの漢字をノートに書きまくりました。するとどの単語がヒットしたのかわかりませんが、タクシーの運転手は「杭州」に行きたいんだなということをちゃんと理解してくれたのです。その間、私は一言も喋っていません。もしかしたらどの単語も正確にはヒットしていないのかもしれません。しかし単語のカタマリとして、イメージとして、ちゃんと伝わってくれたのです。

この時は本当にうれしかったです。タクシーの運転手に行き先を伝えられたことがではなく、中国と日本の関係性そのものの中に自分が生きていることを実感できたから。おそらく昔の日本人も、こうやって中国人と意思疎通してきたんだろうなあと思ったのです。

このような意思疎通をすることは、(中国人にとって)日本人にしかできないことです。

訪問中に毎日食べていた朝食の肉まんの種類(豚だとかタケノコだとかニラだとか)も、一切発音できないのですが、メニューから漢字を書き取ることができますし(日本人がアラビア文字を簡単には書き取れないように、欧米人には書き取ることさえ難しい)、それで意思疎通ができます。

この時ほど、中国人と日本人の、文化の歴史や、近しい関係性を感じることはありません。世界の中つ国(なかつくに)を心から敬うことができる瞬間でもあります。

※ただし現在では全然違う意味になっていることもあるので注意が必要です。

★~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

自由と社会との折り合いを模索するブログです。

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!?

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人

精一杯でいいから走ろう
ソウル日本人学校の出身です。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました