ムアンボラーン

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

ムアンボラーンはタイのかたちをしたテーマパークで、木造等身大の旧跡が一堂に集められた場所である。

 

 

 

本物ばかりではなく、想像のものもある。

あのエラワン象博物館も、パタヤのサンクチャリーオブトゥルースも、同じ人物の創建したものだという。

全く大した人物である。

ムアンボラーンに行くには、日々BTSが延伸しているので、ご注意を。古いサイトから見たとおりに行ったら、タクシー代よけいにかかりました。e14ベーリングからタクシーと書いてあった。でも今はもっとムアンボラーン近くまで延伸しています。

ここでお試ししてみて、本物が見たくなったら行ってみればいい。

カートで回ります。パスポートをあずけることになるので、帰りに回収することを忘れないように。

ニセモノと言ってもちっこくないので大迫力です。東武ワールドスクエアとは違いますよ。

 

 

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました