集中力を長続きさせる方法

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

スポンサーリンク

速く走るためには「後ろに蹴る?」「膝を前につきだす?」

速く走るためには「後ろに蹴る?」それとも「膝を前につきだす?」

サブスリーを達成するために、フォームを追求すると、悩むところですね。

しかし、当サブスリーランナー達成講座では、そのようなことに悩むことはありません。

まず大前提として「複数のフォームを使いこなそう」ということを推奨しています。

「究極のフォーム」というのはどこか一か所の筋肉がヘタっただけで維持できなくなります。

ですから理想フォームにこだわりを持たず、複数のフォームを使いこなして、使える筋肉でやっていこう、ということが私のサブスリー養成講座のキモです。

スポンサーリンク

意識する場所を変えると、脳の疲労を抑え、集中力を長続きさせることができる

さらに一か所の肉体部位ばかりを意識するのは、脳が疲れます。ある箇所を動かす脳の部位は決まっているのです。その脳の部分だけを酷使することになります。

意識する場所を変えることで、脳の疲労も抑えることができます。

筋肉疲労を抑え、集中力を長続きさせることができるのです。

「後ろに蹴る」ことを意識して走る時間もあってもいいし、「膝を前につきだす」ことを意識して走る時間があってもいいのです。

心配しないでください。入力意識は違っても、フォームはそんなに変わりません。なぜなら「ハサミは両方に開かれる」からです。

ハサミはどちらか一方の刃だけを動かすことはできません。片方の刃を動かしても、もう一方の刃も同じように開き、同じように閉じます。走っている時の二本の脚はまるでハサミのようなものです。どちから一方だけ動かすことはできません。振り上げる足を意識しても、後ろに蹴る脚を意識しても、どちらかだけを動かすことはできません。

ハサミは両方に開かれます。

たとえば両方の脚を意識することはないのです。

片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。

なぜならハサミは両方に開かれるからです。

※最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんのランニングの参考になりましたでしょうか。このブログでは他にもランニングの技術を紹介しています。よろしかったらこちらをご覧ください。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました