高速道路のサービスエリアで寝る際の注意事項について

スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

車中泊の宿泊場所の定番のひとつに高速道路のサービスエリア、パーキングエリアがありますが、クルマを停める場所はどこを選びますか?

一列目は避けた方がいいでしょう。施設にもっとも近い一列目は人通りが多く、話し声が聞こえますし、目線も気になるところです。

そう考えると一番施設から遠い場所がいいだろうと思ってそこに錨を下したところ、ハルトはひどい目に遭いました。

そこは大型トラックさんの定宿場所でした。

普通車の車中泊ではエンジンは切るのがマナーとされているのですが、トラックの運ちゃんはそんなマナーお構いなしです。気候によりますが、むしろエンジン切らない人の方が多いんじゃないでしょうか。社用だからガソリン代も自分持ちじゃありませんしね。すこしでも快適に寝たいんでしょう。

だが、

うるせっつーの、こんにゃろー。

あ、もちろん心の声です(笑)。ハルトのような遊び人よりも仕事のクルマ優先で結構ですよ。

こっちはその日限りですが、トラックドライバーはもしかしたら毎日そこで寝ている人もいるかもしれません。

いやしかし大型車のエンジン音は普通車の比じゃなく、とても眠れたものじゃありません。すぐそばで地盤を固める機械をドドドドーと作動させられたようです。

とても寝る環境ではありません。耐えられず、クルマを移動させたことはいうまでもありません。

大型トラックのそばに停めるぐらいなら、まだ一列目の方がましです。もし停められるのならば2列目がいいでしょう。

トラックのそばには停めないように。

★~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

自由と社会との折り合いを模索するブログです。

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!?

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人

精一杯でいいから走ろう
ソウル日本人学校の出身です。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました