帰りの時間は決まっている。旅するように生きる

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

ここでは2018年GW車中泊の旅。旅の総括をハルトとイロハで語りたいと思います。

スポンサーリンク

車中泊は日焼けする。

ハルト「どうでした? 10日間の車中泊の旅?」

イロハ「旅って感じだね。リゾート感はないね」

ハルト「クルマに乗っているときは、人を轢き殺しちゃうかもっていう緊張感がどうしてもあるから、脳みそまで日焼けしてパーになっちゃうようなリゾート感はないよね」

イロハ「日焼けといえば、ハルトは焼けたね」

ハルト「日焼けというのは太陽と正面から対しているとテキメン焼けるから、5時日の出6時起床の一時間の間に焼けたと思うんだよね」

イロハ「運転しているときに焼けたんだよ。知ってる? 真夏の太陽よりも5月頃の方が黒くなりやすいって」

ハルト「肌で感じているよ。真夏の方が太陽が近いのにどうしてだろう?」

イロハ「紫外線の波長が違うらしいよ。5月の方が日焼けしやすい波長なんだって」

ハルト「田植えの人がめちゃくちゃ真っ黒なのはそのせいか」

スポンサーリンク

渋滞にあわない方法

イロハ「ゴールデンウイークで最も恐れていた大渋滞にも二年連続であわなかったね」

ハルト「昔にくらべて大渋滞って減ったかな。ニュースの渋滞距離って昔よりも減ってる気がするけど」

イロハ「GWよりもお盆の方が渋滞しそうじゃない? それと比較しているんじゃない?」

ハルト「なるほどそうかもしれない。渋滞に巻き込まれないためには、子供の移動しない時間に、子供の行かなそうなところに行くのがコツかな

イロハ「クルマで移動するのは親子連れが多いからね。たしかに子供は出雲大社や足立美術館なんか興味無さそう(笑)」

ハルト「高速道路インフォメーションによると、連休初日の早朝よりも前日仕事後の方が込むらしいよ。本当かなと疑問に思ったね。俺たちのように車で泊るならいいけれど、ホテル取ったって眠るだけになってしまうのに、わざわざ高いお金を払って夜に出発するかな?」

イロハ「連休最終日よりも、前日の夕方の方が込むっていうのは納得がいったよ。みんな最終日は家でゆっくりしたいんだね」

ハルト「TBSニュースで連休終了三日前の18時ごろって出ていたけれど誤報だろうね。絶対、二日前の方が込んでるよ。他社のニュースではそうだったし」

イロハ「お金もかかるし、休みがあればあるだけ出かけるという人ばかりじゃないんじゃない?」

ハルト「俺たちは最終日の早朝派だよね」

イロハ「そのあと、家に帰って爆睡(笑)」

ハルト「骨の髄まで疲れたよね。クルマって乗ってるだけで腰の筋肉をショックアブソーバー的に使っているから肉体的にも疲労するよね」

イロハ「禁欲生活だし。長期間は私には無理」

ハルト「禁欲だよね。眠れないから起きてパソコンってわけにもいかないし、雨が降っていたらトイレに行くにも靴を履いて濡れなきゃならないし、車内では軽い運動、ストレッチさえできない。立って歩けないということは人間にとって大きなストレスだね

イロハ「ちょっとした牢獄みたい。自宅は快適だよ。何時どんなことでもできるもの。お風呂だって、トイレだって、洗濯だって、テレビだって自由自在だよ」

ハルト「できないこと。無理なことは多いね。食事もどうしてもコンビニ食になりがちだ。生野菜なんか縁遠くなる。生きがいのランニングも汗の処理がなあ。すぐにシャワーをあびて洗濯ができる自宅が恋しくなる時もあったよ

ハルト「二年連続で山口、島根まで行って、日本一周だって簡単にやれる目途がついたけれど、気軽に楽しむのなら二泊三日ぐらいでちょくちょく出かけるのががいいかもね」

イロハ「車の運転、そんなに好きじゃないしね。ずっと車で暮らすのは無理だよ。たとえキャンピングカーだったとしても車で暮らすのは無理。自宅よりも余計にお金もかかるしね」

スポンサーリンク

エンジンをかけたまま眠るマナー違反車を避けるには、トイレの前を避ける

イロハ「寝る前に後部座席に寝室をつくる準備が手際よくなってしまって少し悲しかった(笑)」

ハルト「眠りも浅いから昼間眠くなったりしたね。密閉度が低いから朝の太陽がまぶしいし、夜中もいろいろな物音で起こされてしまう」

イロハ「エンジンかけたまま眠るマナー違反車が隣に泊まると、うるさくて眠れないよ

ハルト「統計的にそういうマナー違反者はトイレの前あたりに多いと思う」

イロハ「だからそのあたりをいつも避けているのか」

ハルト「トイレの前は人も多いし、照明がまぶしいじゃん。経験から得た知恵だよ」

イロハ「道の駅にはいろいろな車がとまっていて見ていて楽しいね。石見銀山で地元千葉のカーナンバー見つけた時にはギョッとして親近感がわいちゃった。あなたもこんな遠くまで来たのかって

ハルト「外国で日本人同士が親しくなるのと似てるね」

スポンサーリンク

帰りの時間は決まっている。旅するように生きる

不自由さもありましたが、10日間の車中泊の旅、楽しかったです。

何よりも自由だった。

自由は癖になる。麻薬のようにそれなしでは我慢できなくなる。走ることも、旅も、執筆もそうだ。おれたちは自由なのだ。

そして知る。もっとも大切なのは時間だと。

帰りの時間は決まっている。復路のエアチケットの期日があなたの旅のリミット。そして人生にも無の世界、あの世へと帰る時間が決まっているのです。

それまでの短い時間を楽しみましょう。

旅するように生きるということは、そういうことなのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました