GW車中泊の旅。第2泊。彦根城。信長の館。石山寺。瀬田の唐橋

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

ハルトです。おはようございます。昨夜は東名高速道路・牧之原サービスエリアで車中泊でした。

一年前もそうでしたが、人(車)がすくなく、寝やすいSAでした。

5月は5時には日が昇ります。普段雨戸を締め切って眠っているので知りませんでした。ガラス窓一枚でしか遮断されていない自然と一体の車中泊ゆえに、そういうことがわかります。

6時に起床して、琵琶湖に向かいます。

生まれ故郷の名古屋は素通りです。名古屋ウイメンズマラソン観戦&祖母お見舞いの一週間後に祖母がなくなり、二週連続で帰郷して以来、名古屋には帰っていません。

幼い頃に名古屋を離れ、名古屋のことを詳しく知っているわけでもありませんが、は名古屋人です。ふるさと納税するなら名古屋以外に考えられません。

しかし昨年もそうでしたが、今年も素通りです。

ゴールデンウィークの旅では渋滞を避けるのが鉄則であり、渋滞というのは大都市で発生するわけですから、人々が動き出す前に名古屋はすり抜けてしまいましょう。

愛・地球博がいまでもやっているのならば話は別ですが、(何度も行っている)熱田神宮や名古屋城のために高速道路を降りようという気にはなれません。

途中、東名・養老サービスエリアで休憩します。ツイッターを呟いたら知らない人から「いいね!」が付きました。誰かと思って詳しく見たら養老サービスエリアでコーヒーショップをやっている方からの「いいね!」でした。ありがとうございます。営業熱心ですね。

スポンサーリンク

鉄砲座間(てっぽうざま)を「TE PPO ZA MA」と表記するのはどうなのか

彦根ICで降りて彦根城に向かいました。国宝の城の中の鉄砲座間(てっぽうざま)がすべて「TE PPO ZA MA」とローマ字表記になっていてちょっと笑えます。絶対、意味、理解できないでしょうが >✋(ツッコミの手) 半分ぐらいは「GUN HOLE」と書いてあげなさいよ。全部「TE PPO ZA MA」って(笑)。

 

 

ひこにゃんが有名ですが、どうして猫なのでしょうか。

疑問に思って調べてみたところ、井伊家の当主が猫の招きのおかげで落雷から逃れて命が助かったという伝説があるそうです。それで猫なのですね。

喉が渇いたので自動販売機に100円玉を入れたらそのままお釣りのコーナーを滑り台のように滑って外に落ちた100円玉は自販機の下に消えていきました。こうして何人の100円玉が自販機下に消えたことであろうか。二度と取り出せませんでした。新手の詐欺マシーンか>✋(ツッコミの手)

スポンサーリンク

スペイン・セビリア万博の日本館のメイン展示物だったという安土城天守

次に近江八幡市『信長の館』に向かいます。スペイン・セビリア万博の日本館のメイン展示物だったという安土城天守の復元を鑑賞。万博フェチとしては1992年セビリア万博当時の写真がとても気になりました。行ってみたかったですね。セビリア万博。

 

 

『逆説の日本史』の愛読者なので織田信長の偉大さはよくわかっているつもりです。日本から宗教紛争を一掃したのは信長だとか。しかしイロハに『信長の館』の面白さが伝わったかどうかは自信がありません。女性は武士っぽいものには興味ないですものね~。

だいたい首都高降りちゃって仕方なく通過した三軒茶屋とか駒澤大学前あたりにたくさんいた女子大生というのは、このGWにどこに行っているのでしょうか。見回してもどこにもいません。

みんなハワイってわけでもないでしょうに。箱根でスイーツというような選択をしないせいでしょうか、どこに行っても若い女性に会うことはありません。

ツーリングしているライダーがいるのでそこそこ若い男性には会いますが、ほぼ同数いるはずの若い女はどこにいるんだ?

インドで感じた疑問と同じ疑問をなぜか国内車中泊の旅で感じてしまいます。みんな家や都市で遊んでいるのでしょうか。

琵琶湖毎日マラソンのコースを走って、たまたま見つけた義仲寺に向かいます。

ここは木曾義仲を巴御前が供養したことが由来とされるお寺ですが、俳聖・松尾芭蕉の墓があることでも知られています。しかし看板に従って進んだにもかかわらず、歩行者専用かと思うほど狭くて人の多い道で断念しました。侵入しちゃってスミマセン。これから行く人はお気をつけください。

スポンサーリンク

国文学の女王・紫式部源氏物語を執筆したという石山寺

俳聖の墓は行けませんでしたが、代わりに国文学の女王・紫式部源氏物語を執筆したという石山寺を参拝しました。

私は早稲田の国文科の出身です。当時の国文科は「紫式部」か「井原西鶴」かという世界でした。今はどうなんでしょうか。ユーミンの歌が音楽の教科書に載っているような時代ですから、現在の国文科は「村上春樹」とかが主流になっているんですかね。絶対、違うと思うけど。

『源氏物語』は知れば知るほど凄いストーリーで、あれを超えらえる作品は洋の東西を問わずそうそうないのではないかと思います。

石山寺硅灰石という国の天然記念物を従えて日本三塔の多宝塔が立つ石山寺は、さすがに見事でした。このような清浄なお寺で、あの不倫・愛欲ドロドロの風紀紊乱物語を書いたのか(笑)。それがちょっとしたカルチャーショックでした。

スポンサーリンク

「瀬田の唐橋に我が風林火山の旗を立てよ」

今夜は、瀬田の唐橋の下に宿泊です。かの武田信玄は「瀬田の唐橋に我が風林火山の旗を立てよ」と遺言したと伝えられます。琵琶湖というのは京都の水がめで、多くの河川が流れ込みますが、流れ出ているのは瀬田川のみです。その瀬田川にかかる唯一の橋が瀬田の唐橋でした。迂回せずに陸路で京都に入るためにはどうしても渡らなければならない橋であり、それゆえ「唐橋を制する者は天下を制す」と言われたのです。どうして唐橋が唯一の橋だったかというと、ちょうどいいところに中の島があるために、橋を二分できたということが大きな理由だろうと思います。当時の建築技術ではあまりにも長大な橋は難しかったでしょうから。

しかし信玄はついに瀬田の唐橋を見ることはありませんでした。三方ヶ原で徳川家康を破ったのち、三河の地(愛知県東部)で世を去ります。

わが地元の英雄、平将門を討った藤原秀郷の大ムカデ退治の伝説もある瀬田の唐橋下で今夜は泊まらせてもらいます。武田信玄が見ることができなかった瀬田の唐橋と月が美しい夜でした。いや本当に信玄に見せてやりたかったです。月夜の瀬田の唐橋は、まるで源氏物語のワンシーンのように幻想的でした。

英雄武田信玄にできなかったことを私ごときが楽しめるのは、世の中が平和で国境(関所)がなくなったからです。

武田と織田の大戦争も、後世の視点から見れば、結局は「日本国」として統一されていくわけですから、愛知・岐阜県と山梨・長野県が殺し合いまでして争わなくてもよかったのに、と思ってしまいます。当時の国境と思い込んでいたのは、まあヤクザの縄張り争いみたいなものでした。そのために命を落とした人が大勢います。

このゴールデンウィークの旅の間に、車載テレビで南北朝鮮が停戦協定を終戦協定にしようというニュースを見ました。そうあってほしいと思います。そして同じ国同士がそこまでして争わなくてもよかったのにと現代人が戦国時代を見ることができるように(当時国と思っていたものが現代の視点からすると県境にしか見えないように)、南北朝鮮も平和的にひとつの国になればいいと心から思っています。

瀬田の唐橋下から月と川の流れを眺めながら、そんなことを考えていました。

第1泊目に戻る。 第3泊目に進む。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました