GW車中泊の旅。第7泊目。大塚美術館。コインランドリー。職務質問

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

ハルトです。ゴールデンウィーク車中泊の旅もとうとう7日目です。

旅の西限である石見銀山からはすでに引き返していますが、まだ主たる目的地のひとつに行っていません。それは徳島県鳴門市にあります。よく最も遠い地点が旅の主たる目的地だと思われることが多いですが、必ずしもそうとは限りません。

今回の旅で、ぼんやりとイメージしていた主たる目的地は「鳥取砂丘」と「大塚美術館」であり、実際にもっと遠かった「出雲大社」や「石見銀山」は足の赴くままに立ち寄っただけです。

主たる目的地なんてあってないようなものなのです。それが放浪旅行です。

ルーブル美術館に次いで、世界で2番目に面白い大塚美術館。もし通りすがりにこの美術館があるのだとしたら素通りすることは難しいことです。私の場合は、瀬戸大橋を渡ってわざわざ寄りましたけれど。四国で一番おもしろいスポットだと思っています。

 

イロハは3回目。私は5回目の大塚美術館です。昨年のゴールデンウイークにも車中泊で大塚美術館を訪れており、二年連続となります。

大塚美術館には美術ガイドツアーがあるので同行します。このような場所はガイドがあった方がずっと面白く見ることができます。

ボランティアガイドさんが世界の名画を一生懸命説明してくれます。このあたりにお住まいの方なのでしょう。もう仕事はリタイアしボランティアで美術館のガイドをしておられるようですが、老後の生きがいとしては最高なのではないかと思います。ルーブル美術館やプラド美術館にある世界の名画をまるで自分の故郷の絵のように誇らしく鑑賞者に語っていました。

黄色いプラスチックかと思っていたら本物の黄金製だった祭壇

絵画が祭壇画であった場合、その祭壇まで再現されています。現地では祭壇画は開閉されるものなので、大塚美術館の祭壇画は時間で自動開閉します。そして閉じた外側にも現地と同じ絵がありました。何度も通い詰めているのにガイドツアーに参加してはじめて知りました。

ガイドさんからは世界三大名画というものを教えてもらいました。ベラスケスの「ラス・メニーナス」。エル・グレコの「オルガス伯の埋葬」。レンブラントの「夜景」。そのすべてがこの大塚美術館では一か所で見ることができます。

また、炎の画家ゴッホがピストル自殺までの10年で2000作品ほど残していると聞きました。年間200作品です。これはちょっと驚くほどの多作、スピードなのではないでしょうか。どう考えても1日じゃ書けないような大作もあるから、ほぼ1日1作品といってもいい執筆速度なのではないかと思います。有名な『ヒマワリ』などはまず一日で書き終えた作品だと考えて間違いないと思います。そうでなければ10年で2000作品を残せません。

生前のゴッホは1点しか売れなかったと聞きます。ほぼ一枚も売れなかったようなものです。売れないということがどれほどガッカリして描くモチベーションを下げるかということが想像できるので、一枚も売れないような状態でよく2000作品も描けたものだと感動を禁じえません。真っ白なキャンパスの状態から、絵画が完成するまでの間、彼が描いているのを後ろから眺めてみたかったものだ、と思いました。おそらく鬼気迫る迫力で、一瞬の躊躇もなく書き殴ったことだろうと思います。スピードこそが力だったのでしょう。『星月夜』ですら、数日で書き上げたのでしょう。その姿が想像できるようです。絵具もキャンバスもたくさんお金がかかったことでしょう。常人の気力ではありません。一枚も売れない、誰からも認められないとわかったときに、その激しさが死を選ばせたのでしょう。

現存するレオナルド・ダ・ヴィンチの作品が15点程度しかないのに、印象派のモネは目が見えなくなるまで描いて6000点だと聞きました。近代の画家は多作だなあ。『睡蓮』など同じテーマでも絵を描いていますが、目に入った全てを描いたとしてもおそろしく多作だなあ、と感動します。

レオナルド・ダ・ヴィンチは画家というよりは科学者でした。医学や発明品など当時の技術を更新させる力があり、それゆえに画業だけに没頭できませんでした。逆にゴッホは発明なんてできず、画業に没頭できたのです。それが完成画の数の違いでしょう。

しかし科学者の業績は上書きされる世界ですから、後世から見るとどうしても見劣りします。ダ・ヴィンチの科学や生命に対する認識は当時としては画期的でも現代の視点から見ると間違いだらけですし、大砲やヘリコプターの発明はICBMやスペースシャトルの時代から見ると幼稚なものでしかありません。しかし画業は違います。感動は上書きされる世界ではないために、芸術は後世に残ります。

閉館時間まで大塚美術館で過ごしました。この美術館はいつも時間がたりません。すべてが名画ですから、いつも全部見ることができず、何度も訪問することになるのです。

スポンサーリンク

なんで職務質問されたのか

この旅はじめてコインランドリーで洗濯&乾燥をします。自宅にいる時は洗濯機&天日乾燥ですので、コインランドリーなんて100%使いません。普段しないことをするというのも、また車中泊のだいご味かもしれません。コインランドリーには常連のような人が必ずいますが、自宅に洗濯機がない人なのかな?

クルマがない人がレンタカーを借りるように、コインランドリーを利用しているのかしら?

しかしクルマは250万円ぐらいするわけですから(愛車ホンダ・シャトルを新車で買った場合)レンタカーも十分視野に入ってくると思いますが、洗濯機なんて10万円もあれば買えるのですからコインランドリーの常連さんの存在は私にとって謎でしかありません。私のようなランナーには洗濯機なしの暮らしなんて想像もできません。ほぼ毎日洗濯していますから、いちいちコインランドリーに行くなんて面倒くさくてしょうがない。単身赴任の転勤族のような人なのかな。しかし日本にはコインランドリーがたくさんありますのでそれだけ需要があるということなのでしょう。それだけ私には謎めいた暮らしをする人がたくさんいるということです。

去年と同じ『王将』で食事をし、去年警察に職務質問された海辺の駐車場にて就寝。路駐しているのならともかくれっきとした国立公園の無料駐車場で車中泊していただけなのに、昨年はどうして職務質問されたのでしょうか。ほかにも同じような人が10台弱ほどいるというのに。

夜間の車中泊の職務質問というのは、こんな感じです。みなさん、経験ないですよね?

「どうも。警察です。職務質問したいのですがよろしいですか?」

車の扉をノックされて、声を掛けられます。

悪いことをしていない限り、警察というのは最後は味方だと思っているので協力します。

「(起こされて眠たい目をこすりながら)どうぞ」

「ここで何をされているんですか? いわゆる車中泊というやつでしょうか

「おっしゃる通りでございます」

「そうですか。どちらからいらっしゃったのでしょうか。免許を拝見してよろしいでしょうか」

「どうぞ」

「いつまで本県にいらっしゃいますか?」

「今日までです。明日には出ます」

「ほう。どちらに行かれますか?」

「淡路島から関西方面に出ます」

「わかりました。お気をつけください」

要は他県に出ちゃえば行った先の県の問題となり、とりあえずは問題解決のようです。

おそらくは車内で麻薬吸引や恐喝や強姦がされていないか確認してくださっているのでしょう。昨年は虫よけネットで目張りしていたためそれが不審がられたのかもしれません。今年は職質されませんでした。

おかげで熟睡できました。

GW車中泊の旅第6泊に戻る。  GW車中泊の旅第8泊に進む。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました