観光地に車で行く方法

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

ハルトです。いよいよゴールデンウイークも終盤です。

スポンサーリンク

渋滞時は物語性のあるDVDが向いている

本日は徳島県鳴門市にある大塚美術館から、鳴門大橋を通って、淡路島を抜けて京都に向かう予定です。

しかし、ゴールデンウィークの洗礼を受けて小渋滞。淡路島までは順調だったのですが、大阪あたりから高速道路が低速道路となってしまいました。

愛車ホンダ・シャトルは、運転中でもDVDが見られる仕様にしたため、レンタルDVDをここぞとばかりに鑑賞します。

車が動いているときは音楽の方が向いていますが、止まってしまったときはストーリー性のあるDVDの方が退屈がまぎれます。

スポンサーリンク

渋滞の高速道路はすぐに降りる

諦めて高速道路を降ります。渋滞の時は最寄りのICで一般道に降りることにしています。その方が何かと都合がいいのです。

高速道路の利点は二つ。速いことと、目的地まで道に迷わず確実にたどり着けることですが、渋滞ではスピードのメリットはすでになく、カーナビ時代になって道に迷うこともなくなったため(カーナビ以前は今自分がどこにいるのかわからないということがよくありました)、一般道を走った方がいいと思っています。

一般道でしたらトイレにすぐに行けますし、いざとなったらすぐに仮眠をとることもできます。高速道路が込んでいるときは一般道も混んでいることが普通ですが、それは目的地が同じ場合です。目的地を外せば、渋滞から逃れることもできます。

私は京都をあきらめ、奈良に進路変更することにしました。奈良方面へは渋滞もありませんでした。ただしGWです。車でこのまま奈良まで行ってはいけません。

長年の放浪旅行で編み出したテクニックをここでご紹介しましょう。

スポンサーリンク

数駅手前に車を止めて電車で行くテクニック

それは目的地まで車では行かず、2、3駅手前の駅前駐車場に車を止めて、電車と徒歩で目的地まで行くことです。数駅離れていれば駐車場は空いていますし、電車と徒歩ですから現地がどれほど人であふれていても問題になりません。

宿泊する場合も同じです。混んでいることが予想される目的地その場所に泊まろうとしないことです。目的の駅から数駅離れた辺鄙な駅近くのホテルに泊まって電車で目的地に行けばいいのです。

その鉄則に従って、奈良まで車で行かず、手前の木津駅で車を降ります。コイン駐車場に車をとめて、歩いて奈良観光です。

ひさしぶりの奈良だったのですが、JRの駅舎が新しくなっていてびっくりしました。

国際観光都市らしからぬ地味な駅舎が話のネタだったのですが、普通に駅ビルができていました。しばらく来ないと変わりますね。

歩いて興福寺、春日大社、東大寺に向かいます。ありきたりの定番コースですが、ここまで来たら外せません。

 

さすがGW。たくさんの人です。外国人が半数以上でしょうか。いつからこんなに外国人が来日するようになったんだろう。

しかし日本人観光客ばかりよりも、旅情が高まり、私は気分が上がります。

国内旅行をしていても、海外旅行をしている気分になります。

マンウォッチングは旅行の楽しみのひとつです。中国人ばっかりだった万里の長城や天壇も外国人観光客が増えればもっと楽しくなると思います。中国はこれからでしょうね。カオサンやアロー通りが面白いのは「どこの国とも知れない外国人ばかり」だからです。

泊まらす日帰りで京都に戻る人も多いようです。そういうのは荷物の量でわかります。自分も外国では同じことをしていますので。

奈良のシカはもともとは鹿島のシカを連れて行ったものが繁殖したものだと聞いたことがありますが、本家の鹿島神宮のシカが檻の中だというのに、自由に歩き回っています。

「奈良のシカは野生動物で。。。」

という注意看板に「ウソつけ!」とツッコミたくなるぐらい人慣れしています。

触られても嫌がりません。鹿せんべい以外には何も食べる気はないみたいです(笑)。

鹿には外国人がとてもよろこんでいます。珍しいのでしょう。これほど大きな野生動物がこれほど人の近くでなついていることは世界的にも珍しいことと思います。インド圏を除いて。

しかしGWで溢れかえった人間がみんな鹿せんべいを食べさせたため、午前中ですでにお腹はいっぱいらしく、外国人の子供たちがせっかく買った鹿せんべいを鹿たちの口元に持っていっても、お腹いっぱいでもう食べようとはしません。

それがすこしかわいそうでした。鹿せんべい売りも、自分たちの商売のことばかり考えず、もうシカが食わないぐらい飛ぶように売れたら、もうその日は店じまいして帰ってのんびりすればいいのに、と思います。

鹿が食べてくれなかったため、奈良駅まで鹿せんべいを持ち帰っている外国人をたくさん見ました。それ、食わずに捨てろよ。人間のお菓子じゃないぞ。

スポンサーリンク

奈良観光旅行

諸外国でお世話になるチェンマネが奈良にもありました。

春日大社が有料で参拝させているのを見てすこしガッカリしました。仏教寺院はたいてい有料ですが、神社は無料なのかと思っていました。神社なんて元々ただの森みたいなものですし、神様も精霊みたいなものなのですから。同じタケミカヅチ神を祭っている鹿島神宮も無料ですし、オオクニヌシを祭る出雲大社ももちろん無料で参拝させてくれました。

気持ちはわかりますけれど。すぐ隣の東大寺や興福寺が参拝料でメチャクチャ儲けているのを尻目に、料金所ひとつ設けるだけで大儲けできるというのに、それを我慢するのはキツイだろうなとは思います。

仏教施設はタイや中国でも見られますが、神社は日本でしか見られません。大勢の外国人がやってきて、彼らは珍しい神社をことさら有難がるわけですよね? わざわざ日本まで来ているくらいですから、彼らはお金を出してでもshrineを近くで見たいわけです。

しかし富士山浅間神社を含めて他の神社すべてが無料なのに春日大社だけがお金を取るシステムを採用していたことがすこしガッカリです。どうして春日大社だけ有料にできるのかは知りませんけど、プライドをもって無料開放してほしかったですね。外国人にさすがシントー(神道)ってことになるんだけどな。

興福寺は阿修羅像を眺めます。迦楼羅など他の像とくらべてもハッとするほどりりしい少年の姿でなんともいえない魅力があります。仏教の世界ではそれほど高い地位の方ではないはずなのに、ど真ん中の如来の場所に展示されています。信仰というより芸術なんですね。

 

東大寺にも行きました。いつも思うのですが、有料拝観の大仏様よりも、無料で見られる仁王像の方が私は素敵だと思っています。

スポンサーリンク

伊賀越え「せきやど」ではなく「せきじゅく」

その後、伊賀越をして道の駅「関宿」にて宿泊。「せきやど」ではなく「せきじゅく」です。

国道1号沿いなので夜中うるさいかと思いましたが、それほど車もなく、熟睡できました。

GW車中泊の旅第7日目に戻る。  GW車中泊の旅第9日目に進む

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました