禅ランニング。走ることは禅に似ている

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

イロハ「1月ももう終わりだけれど、箱根駅伝、ハルトの母校早稲田大学3位だったね」

ハルト「うん。でもあまりハコネの早稲田の成績には関心ないな」

イロハ「どうしてよ。ラグビーなんか早稲田以外応援したことないでしょうに」

ハルト「ランニングに関してはもうおれが素人じゃないからかもしれないなあ。母校に関係なくいい選手が見たいよ。

逆にラグビーなんかは詳しいことよくわからないから、早明ラグビーには絶対に早稲田に勝ってほしい(笑)。

箱根駅伝は、どの大学が勝ってもいいな。おれは個人的にはストライド走法をお勧めしているけれど、見ていて楽しいのは小気味のいいピッチを刻む選手だね。もう引退しちゃったけど青山学院の出岐雄大選手なんか、すごく応援したものだよ。

ランニングは選手で学校に関係なく、見ることができるね」

イロハ「私は何時間もずっとランニングを見続けるのは辛いな。

(´Д`。)

単調じゃない? ランニングって」

ハルト「まあね。動きとしては単調だよ。球技とかの複雑さとは比較にならないほど単純な動きだよね。だけど、単調だからこそ研究しようという気になるんだ。たとえばテニスだったらサーブの時の筋肉の動きはこう、走りながらレシーブする時はこう、後ろに下がりながらロビングする時はこう、とかいちいち考えてられないじゃない? でもランニングは単調だから、走るときの筋肉の動きはこうって単調ゆえに研究しようという気になるんだ。

自転車もそうだよね。バスケットとかに比べたらものすごく単純な動きでしかない。極論すればペダルを回すことだけだもの。自転車(ロードバイク)本体も同じことだよ。クルマぐらい複雑になってしまうと中身はもうブラックボックスで研究しようという気にならないけれど、自転車(ロードバイク)ぐらい機器がむき出しで単純な機械だと、ペダルを回すとどうしてタイヤが回るのか、すごくよくわかるんだ。経営的な成功は別として、自転車のメーカーを起業することはそんなに難しいことじゃない。単純だからこそ研究し甲斐があるんだ。

そして単純だからこそ、わずかな違いが大きく効いてくる。たとえば『アキレス腱のバネをいかして走る最も効率のいい接地とはどんなものか』この答えひとつで決定的な違いになってくる。同じ動きを3時間も続けるからこそ、わずかな違いが大きく効いてくる。

矛盾しているみたいだけれど、単純だからこそ思索的になるんだ。単調だから自問自答する余裕がある。ランニングは禅に似ている。無我の境地を理想とするところも同じなんだよ」

 

新しいランニングシューズはこちらからどうぞ

★~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

自由と社会との折り合いを模索するブログです。

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!?

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人

精一杯でいいから走ろう
ソウル日本人学校の出身です。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました