車中泊の寝る前の夜の時間の過ごし方。見知らぬ場所の恐怖こそ旅の本質。人生の本質

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

9月19日から22日まで、敬老の日と秋分の日で四連休となったので、さっそく車中泊の旅に出かけることにした。

移住先を探す旅である。私はアパート暮らしなので、何も終生そこに住む必要はないのだ。

まだ残暑厳しいので、移住先として最も人気のある県、長野県を中心にめぐることにした。

もちろん標高による避暑効果を期待してのことである。

車中泊の持ち物リスト
カップラーメンを歯ブラシの柄で食べたことがある人、いますか? 車中泊で日本一周している管理人が、車中泊の持ち物リストをまとめました。 割り箸とか、お風呂のタオルとか、歯ブラシとか、忘れがちです。参考にしてください。 あ! いちばん大切なのは現金とキャッシュカード・クレジットカードですよ。

このページでは車中泊の長い夜の寝る前の過ごし方を通して、ナイトウォーキングの楽しみ方、人生の楽しみ方について提案しています。

見知らぬ場所の恐怖こそ旅の本質。

暗闇に何かがいると想像してみよう。それだけで夜の散歩は楽しくなる。

人生が楽しくなる。

見知らむ場所の恐怖こそ、人生の本質ではないでしょうか?

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「脳ミソでライバルに走り勝つことはできるか?」その答えを書いた書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

大型トラックの近くに停めない。なるべく道の駅では泊まらない。

車中泊の鉄板の宿泊地といえば「道の駅」で異論はないと思いますが、なるべく道の駅では泊まらないことにしています。

鉄板で無難な場所だが、唯一、問題があります。

それはエンジンを切らないトラックがあることです。乗用車でもエンジンを切らないで寝る人がいますが。

うるさくてしかたがありません。騒音も、振動も。夜中響き渡ります。

「やつらはどうしてエンジンを切らないのか?」

暑いとか、寒いのならば、わかりますよ。

カーエアコンをつけているんでしょう。バッテリーが上がらないようにエンジンをかけて。

しかし涼しい高原の絶好の車中泊びよりでも、やつらはエンジンを切りません。

一般車両はみんなエンジンを切っているのに、どうしてトラックはエンジンを切らないのでしょうか?

自分だって騒音、振動で寝づらいだろうに。

私は一度、隣の車のエンジンがあまりにうるさいので、こっちもエンジンをかけて対抗したことがあります。騒音に騒音で対抗したんですね。

しかし……やってみればわかりますが、凄い振動です。いびきか地鳴りのように車体が揺れます。安眠にはほど遠い環境です。

唯一、夏場のみ、エアコンで車内を冷やせるメリットがあるぐらいでしょうか。

冬は羽毛布団で問題なく暖かいです。

トラック野郎のガソリン代は会社もちです。だから、ガソリン代節約の気持ちがないのでしょう。

会社に少しでも損害を与えてやろうという悪魔の心を持っているのかもしれません。

「他人の考えていることはわからない」とよくいいます。

私にとってその代表的な事例が「エンジンかけっぱなしの車中泊のトラック」なのです。

それでも「自分ならこう考える」と納得をつけようとするのが人間の心理です。

だから私は「彼らはエンジン切ると死んじゃうんだ」と理解しています。

そうでも思わないと理解できないからです。

泳がないと死んじゃうマグロのように、トラック野郎はエンジンを切ると死んじゃうのです。だから彼らが道の駅でエンジンを切ることを期待しないように。

道の駅で泊まるときは、絶対に大型トラックに近寄ってはいけません。

スポンサーリンク

車中泊の穴場の宿泊場所は公共施設の駐車場

彼らがエンジンを切ってくれることを期待しないように。彼らはエンジンを切ると死んでしまうのだから。

道の駅では大型車には近寄らないことです。それができれば問題ないのですが、ほとんど不可能に近いのは私もよくわかっています。

二台横では追いつかないほどトラックの騒音、振動はものすごいですからね。排気ガスもあります。

これを避ける最高の方法があります。それは、できれば道の駅には泊まらないことです。

それではどこに泊ればいいのでしょうか。

ここでひとつ、私たちが利用している場所を紹介します。

車中泊の穴場の宿泊場所は公共施設の駐車場」です。

市役所公民館体育館など公共施設の駐車場を夜だけ貸してもらうのです。

民地なら勝手に車を停めることに問題がありますが、相手は公共施設だからまず問題になりません。

相手は公務員です。まず苦情がくることありません。

逆に怖いのは一般市民ですが、私はこれまで苦情を言われたことはありません。

スポンサーリンク

車中泊の幽霊マナー「暗くなってから駐車して、明るくなったら消える」

もちろん「暗くなってから駐車して、明るくなったら消える」という車中泊の幽霊マナーは厳守しています。

公共施設の駐車場は、営業時間が終了したら無人となる場合がほとんどなので、暗くなってからならば、駐車しても誰からも咎められないでしょう。

門扉が閉ざされるケースは滅多にないでしょう。これは緊急車両の出入りを想定しているのかもしれません。

そして朝日が昇った頃に出発してしまえば、早朝散歩の老人以外に発見されることはありません。

スポンサーリンク

車中泊の寝る前の夜の時間の過ごし方。おすすめは「アドベンチャーウォーキング」

私の場合、必ず夜にはエンジンを切って寝ます。どんなに暑くても、どんなに寒くても、エンジンを切ります。

車の電力を当てにできないので、夜はやることがなくなります。

9時ぐらいには寝てしまいます。朝は5時ぐらいに起きます。

車中泊族のみなさんは、夜はどのように過ごしているのでしょうか?

車中泊族は車中泊賊? 雨の日の過ごし方
車中泊の旅で雨に見舞われた場合、ショッピングモールが近くにあれば、そこに車を泊めてしまいます。 地方の図書館で過ごすこともあります。 昼間は車の外で過ごすという発想に変わりはありません。

車のエンジンをかけて、カーモニターでテレビやビデオを見ている人がよくいます。

しかし私たちは絶対にエンジンを切る派なので、カーモニターはつかえません。

なかにはポータブルDVDやニンテンドーなどバッテリーを他に頼ったもので遊んでいる人もいます。

もっともありがちなのは「お酒」です。暗くてもお酒は飲めます。車内宴会をよくやりますね。

他にはないのか、って?

それではとっておきのやつをご紹介しましょう。

おすすめは「アドベンチャーウォーキング」です。

車中泊しているその場所は、あなたにとって見知らぬ場所、はじめての場所であるはずです。

探検家気分で、夜を探検してみましょう。

必要なのはヘッドライト。

ヘッドライト一つで、夜を散歩します。

市街地でもいいのですが、できれば自然の中の方がおすすめです。

スポンサーリンク

夜に歩けば世界はワンダーランドだ!

海辺に車中泊しているならば、ヘッドライトひとつで堤防の突端まで歩いてみるだけで、夜だと大冒険になります。足を踏み外したら海に落ちてしまうのですから、超ドキドキです。

砂浜を波打ち際まで歩くだけでも夜だと冒険になります。流木にけつまづかないように。

トレイルがあれば夜に歩けば世界はワンダーランドです。

突然、何かわからない動物に遭遇します。鹿や猪やタヌキなどだと思うのですが、暗闇なのでよくわからないのです。

何か大きな動物がヘッドライトの光に驚いて一目散に逃げていきます。しかしこっちも怖い。。。

そのワクワクといったら、ジュラシックパーク級です。

ヘッドライトを点けて、夜に知らない場所、自然の中を歩くだけで、大冒険になります。

ナイトウォーキングこそ、車中泊の寝る前に試したいスペシャル・アクティビティです。

スポンサーリンク

見知らぬ場所の恐怖こそ旅の本質。恐怖こそ世界をワンダーランドにする魔法

見知らぬ場所の恐怖こそ旅の本質だといったアルベール・カミュはいいました。

恐怖のない旅はつまらないものです。

海外旅行の方が、国内旅行よりもずっと面白いのは、海外の方がはるかに見知らぬ場所でずっと恐怖心をかきたてるからです。

誰にも聞けないし、自分が無力化されて、どうしたらいいのかわからない。大のおとなが6歳の子どものようになってしまうのが海外旅行です。

旅館に泊まるよりも車中泊の方が面白いのも、より自然に近い無防備な恐怖の中で過ごすからではないかと思います。

ナイトウォーキングは温泉街の夜散歩でも構いません。

温泉街の道ばたに道祖神を見かけたら、考えてみましょう。なぜそこにそんなものがあるのか、と。

たいていの道祖神は結界の端に設置されています。そこがムラと異界との境界です。

その場所には飢饉の際には口減らしの子どもや老人の死骸が捨てて埋められたかもしれません。

昔の人が現世の中にあの世を見ていたことを思い出してください。

恐怖のあまり、異界との境界に結界をはったのです。

そんな人たちを、迷信を信じるしかなかった、弱い、かわいそうな人たちだと見ることもできます。

しかし本人たちは人生が楽しかっただろうなあと思うのです。

なにせ恐怖を感じて生きていたのだから。

恐怖は人生の大切なスパイスです。

その恐怖が、生活を生き生きとしたものにしていたはずです。

道祖神がどうしてそこに立っているのか?

その物陰に異形のもの、物の怪はいませんか?

橋の向こう側。トンネルの向こう側。そこはこの世とあの世の境界ではないのか?

恐竜やマンモスを退治するリアルドラゴンクエストが無理ならば、悪霊とか怨霊をイメージの中で呼び覚ましてみましょう。

暗闇に何かがいると想像してみよう。それだけで夜の散歩は楽しくなる。

人生が楽しくなる。

見知らむ場所の恐怖こそ、人生の本質ではないでしょうか?

それを感じて生きていくことが、この日本で生きていくことの醍醐味なのである。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました