年老いてから新たな趣味なんて開拓できるのか

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

サンダルマン・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

移住先を探す車中泊の旅をしていると、ときどき考えることがあります。

それは老後の趣味ということです。

私は生涯の大半を海のない場所で過ごしたため、将来は、海辺に住みたいと考えています。

すると「それならサーフィンをはじめたら」「それなら釣りをはじめたら」と言われるのですが、知らなかったのならともなく、知っていたのに今日までやらなかった趣味を、老後に突然始めるなんてことがありえるのでしょうか?

私は懐疑的です。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

年老いてから新たな趣味なんて開拓できるのか

将来、釣りやサーフィンを趣味にすることを期待して、海辺に住むつもりはありません。

せっかく海辺に住んでいるのなら、だったら釣りを趣味にすればいいじゃないか、と思うかもしれません。

しかし今日まで「やろうと思わなかった」趣味を、老後に急に始められるものでしょうか。

これまで触れてこなかった趣味なら別ですが、釣りを知らないわけでも、釣りしている人たちを見なかったわけでもありません。

それでもなお「釣りをやらない」選択をして、今日まで来ているわけです。

そういう人間が、急に釣りを趣味にしてハマることができるでしょうか?

知らないわけじゃなかった趣味を今日までやらなかったということは、たぶん直感的に「おもしろくなさそう」と判断して、その世界に突入しなかったのではありませんか?

生涯の趣味となるようなものは、もうとっくに始めているはずです。やりたいと思ったら、今すぐにやり始めているものこそが、本当にハマる生涯の趣味なのだろうと私は思っています。それが相性というものなのです。

老後にやればいいやととっておけるようなものは、本当の意味で生涯を賭けてハマる趣味とはなりえないと思います。

サーフィンも同じです。知らなかった場合は別ですが、知っているのに、やらない選択をして今日まで来ているのですから……将来もきっとやらないと思います。

そのような考え方をしているため、釣りにハマることを期待して、漁師の町に住むということは、私にはありえない選択なのです。

自給自足の農業暮らしに私があまり期待していないのも、同じ理由からです。今日までやらなかったことを将来急に始めるなんてことがあるでしょうか。楽しそうだと思ったらもうとっくにはじめているはずではありませんか?

そう思わなかったから今日までやっていないのであって、それを将来やるだろうと期待することは無理があると私は思うのです。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました