大凧あげ祭り

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

スポンサーリンク

旅人は大型連休には自宅にいない

GWゴールデンウィークに自宅にいるなんて何年ぶりだろうか。

十年以上ぶりであることは確かだ。

「万国のランナーよ、団結せよ!」という『ランニングマン宣言』で

走ることさえ自粛しろという世間の同調圧力にキッパリとノーをつきつけた私サンダルマン・ハルトであるが、

走る以外のところではちゃんとステイホームして、自粛している。

【ランニングマン宣言】すべての国ぐにのランナーよ、団結せよ!
専門家に「生きていることにリスクはないのか」と聞いたら、やはり「生きていくことにはリスクがある」と答えるだろう。リスクがあるのはあたりまえじゃないか。外出自粛をすればそれでいいのか? おれたちは、ただ生きたいのではない、よく生きたいのである。

というわけで、超めずらしくGWに家にいる。

旅人は、大型連休には放浪するものだ。普段行けないような遠くの国を彷徨っている。

旅人は大型連休には自宅にいない。

大型連休中に、近場でいかにもの凄いイベントがあっても、それを目にすることはできないのである。

しかしステイホームしているので、今年こそ近場のイベントに足を運ぶチャンスなのではあるまいか?

スポンサーリンク

春日部市「大凧あげ祭り」

クレヨンしんちゃんで有名な春日部市に「大凧あげ祭り」というのがある。

百畳敷(縦15m、横11m)重さ800㎏の巨大な凧あげをするというのだ。

巨大である。

こんな大きなものが果たして風で宙に浮くものなのか?

浮いたとしてどれほどの高さまで浮くのであろうか?

あるいはどれほどの力で人間が空に引っ張られてしまうのであろうか?

手を離さなければ、人間など軽く宙に持っていかれそうだ。

面白そうではないか。ぜひ一度、見たいと思っていた。

しかしいつもゴールデンウィークにやる催しであるため、今までに一度も見たことがない。

GWはいつも遠方にいるからだ。

GWに大凧あげ祭りを見るには家近すぎる。

近場過ぎて、今まで一度も見たことがなかった。

新型コロナウィルスのステイホームに従って、ずっと家にいる今こそ、大凧あげ祭りを観覧するチャンスだと、よろこび勇んで出かけたら、なんとこのイベントも中止だった。

そりゃあ、そうか。。。

_| ̄|○

仕方がないので、近くの公園で散歩でもしようかと思ったら、その公園も閉鎖されている。

埼玉県は海がないためか、千葉にくらべて公園などの憩いの施設が充実しているので、期待したのだが、全滅であった。

外出自粛、正直きついな~

そろそろおさまってくれよ。新型コロナウィルス!

タイトルとURLをコピーしました