囲碁アニメ『ヒカルの碁』。平成VS平安の棋士のインターネット対決が面白い!

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

サンダルマン・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

私には親の世代の友人がいます。三十歳近く年が離れています。

もともとは一緒に走っていた走友でした。私が市民ランナーのグランドスラムを達成できたのは、この人に走友会に誘ってもらったおかげです。そういう意味では恩人のような人です。

走友会に所属しよう。切磋琢磨、競争して強くなった
よくスポ根マンガで「あいつがいたから強くなれた」と言いますが、あれは本当です。ライバルがあなたを強くする。これは間違いありません。走友会は、記録を伸ばすだけでない、豊かなものをあたえてくれます。みなさんも豊かなランニングライフのために、走友会に入ることを強くお勧めします。
【走友会の代走ルール】代走入賞! すいませんでした!!
代走者はエントリー代を払わない。参加賞をもちかえる。というルールで代走しほうだいだった走友会ですが、代走し放題だった、おおらかで自由な時代は過ぎ去ってしまいました。

しかしふしぎと可愛がってもらって、走ること以外でも飲みに行ったりしてつきあうようになりました。

その人に「碁をやらないかい?」と誘われました。

「碁は面白いぞ。陣取りゲームだよ。すごく奥が深いよ」

というのです。

突然の碁のお誘いに戸惑ってしまいました。碁のことは何も知りません。

なによりせっかくのお誘いを無下に断るわけにもいきません。

そこで有名な囲碁のアニメ『ヒカルの碁』を見て勉強してみることにしたのです。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

物語のあらすじを述べることについて

物語のあらすじを述べることについての私の考えはこちら。

物語のあらすじを紹介することについて
あらすじは地図のようなものです。読書のだいご味はディテイルにあります。文学にはあなたが感じたけれどうまく表現できなかった思いが表現されているはずです。あらすじを手に、原著に当たってください

私は反あらすじ派です。

作品のあらすじ、主題はあんがい単純なものです。

要約すればたった数行で作者の言いたかった趣旨は尽きてしまいます。

たとえば「作者は、死すべき人間だったとしても、運命を受けいれて、短い命を燃焼させて、その中で人間らしく充実して生きることを訴えたかったのです」とか。

世の中にはたくさんの物語がありますが、主役のキャラクター、ストーリーは違っても、要約した趣旨は同じようなものだったりします。

たいていの物語は、主人公が何かを追いかけるか、何かから逃げる話しですよね?
生まれ、よろこび、苦しみ、死んでいく話のはずです。
あらすじは短くすればするほど、どの物語も同じものになってしまいます。

だったら何のためにたくさんの物語があるのでしょうか。

あらすじや要約した主題からは何も生まれません。

観念的な言葉で語らず、血の通った物語にしたことで、作品は生命を得て、主題以上のものになるのです。

作品のあらすじを知って、それで読んだ気にならないでください。

作品の命はそこにはないのです。

人間描写のおもしろさ、つまり小説力があれば、どんなあらすじだって面白く書けるし、それがなければ、どんなあらすじだってつまらない作品にしかならないのです。

しかしあらすじ(全体地図)を知った上で、自分がどのあたりにいるのか(現在位置)を確認しつつ読書することを私はオススメしています。

作品のあらすじや主題の紹介は、そのように活用してください。

この記事がみなさんの読書ライフの良質な旅の地図になることを願っています。

スポンサーリンク

アニメ『ヒカルの碁』について

『ヒカルの碁』は進藤ヒカルという普通の少年が、ふとしたきっかけから囲碁に目覚め、プロ棋士を目指していくというお話しです。

ふとしたきっかけというのが、平安時代の天才棋士、藤原佐為(サイ)の亡霊に取り憑かれるということなのです……。

藤原佐為は囲碁の御前試合にいかさまで敗れ、無念の思いで死んでしまった人物。無念の思いが怨念となってこの世に残ってしまったのです。

囲碁といい、平安貴族といい、怨霊といい、とても和風な作品です。

怨霊サイの囲碁を打ちたいという願いに応えているうちに、ヒカルは塔矢アキラという同年代の少年と出会い、囲碁の面白さに目覚めます。

そしてサイと囲碁を学び鍛えつつ、プロ棋士を目指していくというストーリーです。

スポンサーリンク

結局は少年ジャンプの王道マンガだった『ヒカルの碁』

物語の冒頭から引き込まれました。

平安貴族の格好をしたサイは「神の一手」を極めたいと囲碁に想いを残した怨霊です。

最初、ヒカルはサイの命じるままに碁石を打ちます。ルールも定石も何も知らず、碁石のカッコいい持ち方も知りませんでした。

その初戦の相手が囲碁の天才少年アキラです。アキラは指導碁のつもりでしたが、完敗してしまいます。

実際には伝説の天才棋士を相手にしているのですから、かなうわけがありません。

天才囲碁少年アキラははじめて挫折を味わい、狂ったように打倒ヒカルに邁進していくのです。

同年代に負けるなんて思いもよらなかったアキラにヒカルという存在が強烈に焼き付きます。

ヒカルとはいったい何者なのでしょうか?

ヒカルはライバル視されて、ちょっととまどいます。

だってアキラがライバル視しているのは本当は自分ではなくサイなのですから。

この冒頭で私の目線はサイという平安時代の伝説の囲碁打ちに、現代の囲碁定石で挑む囲碁少年アキラという構図ができあがってしまいました。

私はこのままアキラが、天才サイを目指して、成長し、上昇していく物語であったほうが面白かったかな、と思います。

主人公がヒカルの立場ではなく、アキラの立場であった方が、面白かったのになあと思うのです。

現代では無敵なのに、平安時代のレジェンドには勝てないって、面白くないですか?

あまりそういうストーリーは見たことがありません。

しかし実際の『ヒカルの碁』では、囲碁に目覚めたヒカルが、サイの手を借りないで、自分の力で現在の囲碁の世界に飛び込んで成長していくさまが描かれます。

結局、少年ジャンプの王道を行ったということです。後半になるほど、囲碁版のキン肉マン、聖闘士星矢みたいになってしまいます。

はっきりいえば、だんだん面白くなくなるということです。

スポンサーリンク

少年ジャンプの王道でない変化球のストーリーが見たかった

サイの登場は、ちょっとだけだからいいのかなあ……。

みんな少年ヒカルの成長する姿が見たかったのでしょうか。

極論すれば、サイなんて別に登場しなくてもよかったのでしょうか。

私の場合、佐為が消えた後は、ほぼ興味がうせてしまいます。

もうヒカルはサイなしでも自分の力で強くなることができる存在です。

「神の一手を目指すのが、なぜ私ではなくヒカルなのですか。私は消えるのに」

そんな人間ぽい言葉を残して、平安時代の天才棋士、怨霊の藤原佐為は消えてしまいます。

平安時代の怨霊サイが消えてしまった後は、まるで関羽や劉備が死んだ後の『三国志』みたいです。

三国志。オーパーツ兵器。逃げたふりして伏兵で囲むワンパターン。激怒すると死ぬ人々。閉口。天下の笑いもの
三国志は、やたらと閉口する人物が、天下の笑いものになることを恐れ、バカにされると激怒して昏倒して死んだりする物語です。 知将の戦略は、逃げたふりして伏兵で取り囲むワンパターンです。ときどきオーパーツ兵器が登場して、敵を火薬で吹っ飛ばしたりします。

天羽セロニアス時貞が死んだ後の『特攻の拓』みたいです。

続けて読むか迷うぐらいに、何か物足りないのです。

囲碁について何も知らない主人公ヒカルの知識が増えると同時に、読者の囲碁の知識も増えていきます。そういう読み方ができるような構成になっています。実際に『ヒカルの碁』は大人気を博して、囲碁人口が増えて、漫画界のみならず囲碁協会からも数々の賞を受賞しているそうです。

少年ジャンプの王道パターンにまだ慣れていない人はこれでいいと思うのですが、ジャンプパターンに慣れてしまった私としては、やはりサイをライバルとした、ヒカルたち現代の棋士が主人公というパターンの方が変化球が効いていて、これまで誰も見たこともない作品になったのではないかと思うのです。

平安棋士の怨霊サイのキャラクターが表に出るほど、私にとって『ヒカルの碁』は面白いものでした。

「1000年たっても囲碁に勝負する人の熱い気持ちは変わらないんですねえ」と感慨を抱いたり「なんで月に人が行ける時代になっても、傘のカタチは平安時代からぜんぜん変わらないんでしょうか」とか、サイの登場によって物語が複層になって面白くなります。

囲碁も平安時代とは少しルールが変わっているらしく、近代の囲碁を知らないサイの打ち方は「古い」と言われたりします。

そういう微妙なところで平成VS平安の囲碁対決にしても面白かったのではないかと思います。

サイはヒカルに指示して、アキラをはじめとする現代の強豪に圧勝してしまいます。相手はヒカル少年に負けたと信じて愕然としてしまうのです。

ヒカルは過大評価されている自分の実力に歯噛みして、それに相応しい実力を身につけようと努力を重ねます。

そして少年ジャンプの王道ストーリーになってしまうのです。

繰り返しますが、私はヒカルが成長し上り詰めていく物語ではなく、レジェンドの平安棋士に挑むアキラという構図のままであった方が、誰も見たことがない面白いストーリーになったのではないかな、と思います。

同世代のライバル(アキラ)に挑む少年(ヒカル)という構図は、いくらでも見飽きた構図だからです。

中学生ヒカルよりも、年齢的に藤原サイの方が近いせいもあるのかな。

キャラクター設定上、現代の中学生よりも、平安時代の夢半ばに死んだ棋士の方がはるかに感情移入できるのです。

韓国版『ヒカルの碁』のタイトルは『ゴースト囲碁王』だったとか……。

韓国版の命名の方が、私が望むストーリー展開を表現しているタイトルになっていますね。

見たかったのは『ヒカルの碁』ではなく『謎のゴースト囲碁王に対決していくアキラたち現代の棋士たち』というストーリーだったからです。

スポンサーリンク

オンライン囲碁

怨霊であり、ヒカルにしか姿が見えないサイにとって、オンライン囲碁こそ、最高の活躍の舞台でした。

サイの指揮でヒカルが打つと「ガキのくせに強すぎる」と噂になってしまいますが、オンライン囲碁ならヒカルの姿を見せずにサイは思うがままに大好きな囲碁を打つことができました。

オンライン囲碁では「むちゃくちゃ強い奴がいる」と噂になったりします。

そして最後には佐為と現代名人がオンライン囲碁で戦う名場面があります。

ヒカルではなく、佐為が打つと作品が急に面白くなるんだよなあ。

サイは現代の名人と勝負して、見事勝ちをおさめます。

1000年の囲碁怨霊がそう簡単に負けるはずがありません。

サイが消えた後の展開は、お決まりの少年ジャンプ展開です。

「消えてもサイはヒカルの心の中にいる」「サイの意志はヒカルが引き継ぐ」

悪くない結論だけど、どこかで聞いたことがあるんだよなあ。っていうかもう飽きたよ、このオチ。

作品をつくる上で、日本棋院の全面協力を仰いだ以上、現代の少年が、現代の囲碁界で頂点を狙う棋士のストーリー展開になるのはやむをえないのかもしれません。

平成の棋士が、なかなか平安の棋士に勝てないストーリーを日本棋院の全面協力で展開していくのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

××はレベルが上がった(まとめ)

王道の少年ジャンプ展開がすこし残念であったが、囲碁というものの魅力が『ヒカルの碁』を通じて、すこしだけわかった気がしました。

「囲碁をやらないか?」という大先輩のお誘いは、結局、受けませんでした。

『ヒカルの碁』で囲碁の奥深さがわかったからです。片手間の趣味でやるには時間がかかりすぎると思いました。

地球一周を走る瞑想ランニングだけでも、いくら時間があっても足りないと思っているのに、これ以上趣味を増やすのは賢明ではありません。

地球一周走り旅。イントロダクション。仮想地球一周プロジェクトを開始します
比叡山に千日回峰行という荒行がある。修行僧が草鞋履きで山中をひたすら歩く巡拝である。1日84kmを歩く「京都大回り」を100日行うなど、7年かけて4万キロを歩く超荒行である。とても常人になしえることではない。途中で行を続けられなくなったら自...
【禅・瞑想ランニングのやり方】今この瞬間の歓喜のために走る
瞑想ランニングのやり方を文字で書くと、座禅の瞑想のやり方と完全に一致します。信じられないかもしれませんが、走ることが幸福につながるのです。それが【世界が美しく見える魔法】走るために生まれた、ということの意味なのです。幸福を追求しなければ「走るために」生まれた甲斐がありません。瞑想ランニングは幸福追求のためにするのです。

藤原佐為という平安時代の天才棋士の怨霊の登場で『ヒカルの碁』はとても面白いアニメでした。

基盤の上のほとんど動きのない囲碁で、よくここまで作品を盛り上げたものだと思います。

「お前にはぜったに負けない」と啖呵を切る二人がぶつかるから、勝敗の行方が気にかかる。

平成の名人と、平安の怨霊が対決するから、面白い。

それが『ヒカルの碁』というアニメ作品です。

スポンサーリンク

本は電子書籍がおすすめです

kindle unlimitedは、電子書籍kindleキンドルを利用した和書12万冊、洋書120万冊以上の読み放題サービスです。

kindleの使い方

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

アマゾンプライムの使い方・入会方法

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
画像入りで、アマゾンプライム会員登録のしかたと、無料体験だけして解約する方法について解説しています。

オーディブルの使い方

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

私はオーディオブックは究極の文章上達術だと思っています。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました