『黒蜥蜴』江戸川乱歩の美女シリーズと三島由紀夫の大功績

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ここでは江戸川乱歩原作『黒蜥蜴』について語っています。

しかしテキストは乱歩の『黒蜥蜴』ではなく、三島由紀夫の戯曲『黒蜥蜴』です。

またドラマ化された「江戸川乱歩の美女シリーズ」についても語っています。

『黒蜥蜴』は非常に江戸川乱歩的で、同時に三島由紀夫的な作品でありました。

人間は社会と妥協して生きている人がほとんどですが、限りなく純粋な人が夢を妥協しなかったとき、犯罪者となってしまうこともありえるのかもしれません。

偉大なり、三島由紀夫。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

『黒蜥蜴』江戸川乱歩と三島由紀夫

私の人生を変えた本『サド侯爵夫人』は、三島由紀夫の戯曲ですが、実際には共同執筆者としてD・A・F・サドというフランスの作家がいました。

『サド侯爵夫人』三島由紀夫の最高傑作
サディズムとマゾヒズムは逆転し、正しいものと正しくないものは逆転する。神の敵について考えれば考えるほど、神についても考えざるを得ないからだ。偉大な人間には、偉大な敵がいる

『黒蜥蜴』には『サド侯爵夫人』よりも直接的に、もう一人の執筆者がいます。もちろん江戸川乱歩その人です。

むしろ戯曲の執筆者は、三島以上に江戸川乱歩だと言えるでしょう。

ストーリーの筋はほぼ乱歩ですから。

三島らしさはセリフの耽美的な表現に凝縮されています。

そこには『サド侯爵夫人』を彷彿とさせるような悪徳(犯罪)と美徳(市民生活)が相照らしあうような表現が散りばめられています。

ここまで両者の相性がいいのは三島が歩み寄ったというよりは、もともと江戸川乱歩の世界と通じるものがあったためでしょう。

スポンサーリンク

【書評】『黒蜥蜴』バロック調の大芝居

はじめに物語のあらすじを記すことについての私の基本的な考え方はこちらをご覧ください。

物語のあらすじを紹介することについて
あらすじは地図のようなものです。読書のだいご味はディテイルにあります。文学にはあなたが感じたけれどうまく表現できなかった思いが表現されているはずです。あらすじを手に、原著に当たってください

それでは江戸川乱歩『黒蜥蜴』のどのようなところが三島的だったのでしょうか。

主人公の美貌の緑川夫人こと女賊・黒蜥蜴は、「永遠の若さ、美しい肉体のために、人間のはく製をつくろうとする芸術家」です。

三島が、若く美しい青春の絶頂に死ぬことを望んでいたことは、つとに知られています。三島は老醜を嫌悪していました。

三島の『黒蜥蜴』には、明智小五郎が出てきます。

最初ちょっと驚きました。

うまい譬えかどうかわかりませんが、手塚治虫のブラックジャックを読んでいたら、ちばてつやの矢吹丈が登場してきたかのような印象です。

明智がキャラ立ちしすぎていて江戸川乱歩の戯曲かと思ってしまいますが、三島が書いています。これはそういう戯曲なのです。

男に買われるよりも盗まれることを夢見るようになった宝石商の令嬢、岩瀬早苗が登場します。

戯曲の中で緑川夫人こと黒蜥蜴と明智小五郎は犯罪論争をします。

探偵と犯罪者は同じ犯罪に向きあうが、自分の心に純粋な方は犯罪者であり、探偵にはどうしても犯罪を理解しきれないところがある、と。

そして満たされない思いを犯罪者に抱くのです、報いられない恋のような……。

乱歩作品おとくいの変装シーンも登場します。

長椅子ソファに人間が入って運び出されるという牧歌的な誘拐も乱歩の少年探偵団シリーズではおなじみですね。

黒蜥蜴は、変装が見破られないのは「そもそも本当の私なんてないからだ」とさらりといいます。

明智に恋する「私」は、どの私なのか?

あした別の鏡に映る別の私に訊くとしましょう……と逃亡しつつ第一幕が終了します。

ブンガクしちゃってます!!

スポンサーリンク

戦前と戦後を価値の大転換が、劇を動かす

「死ぬつもりでいたおまえは美しかったのに、生きたい一心のおまえは醜かった」

黒蜥蜴は雨宮潤一にいいます。

戦争という不条理な死に意味を探し、激しい命を燃やした戦前と、価値観が大転換し信じられるものが無く、無意味、無目的な生を生きる戦後を経験した三島だからこそのセリフだと思います。

いわば戦前と戦後の価値の大転換が、三島の作劇法のひとつでした。

善人が悪人、悪人が善人。犯罪者が夢追い人で、名探偵が小市民。

敗戦により、鬼畜米英のアメリカ兵が陽気ないい奴らで、神兵日本軍が横暴で市民を無視する嫌な奴らだったということになりました。

黒蜥蜴でも、そのような価値の大転換が物語を動かしていきます。

明智と黒蜥蜴は追う者、追われる者という立場で惹かれあうようになります。

泥棒は泥棒でも恋泥棒。ルパン三世カリオストロの城』(1979年)のような話しだともいえます。

追い、追われる関係が、恋する二人にそっくりだという意味では『キャッツ・アイ』(1981年)のようでもあります。

「あなたがこれ以上生きていたら、私が私でなくなるのが恐いの。そのためにあなたを殺すの。好きだから殺すの」

明智を殺す際、黒蜥蜴はいいます。

「海をごらん。暗いだろう。夜光虫があんなに光っている。この世界には二度と奇蹟が起こらないようになったんだよ」

奇跡を起こせるのは、恋だけだからです。

スポンサーリンク

バロック調のあやしい闇とエロス。江戸川乱歩の世界

やがて物語は、「恐怖美術館」へと向かいます。
恐怖美術館には黒蜥蜴が「美しいと感じた人間のはく製」が全裸で展示されているのです。

バロック調のあやしい闇とエロス。江戸川乱歩の真骨頂の世界です。

青少年にあたえる影響がどうの、とか、人権がどうの、とか、作家の倫理を問われなかった時代だったのです。

エンターテイメントはエンターテイメントとして、自由に妄想の翼を江戸川乱歩はひろげました。

この「乱歩あるある」のヘンタイチックなバロック設定も、やはり三島の好みだと思います。

雨宮は黒蜥蜴の愛撫を受けるために「自分がはく製になっても」と裏切りの芝居を打ちます。

黒蜥蜴に嫉妬してもらうためでした。

結局、明智は変装していて実際には死んでおらず、黒蜥蜴の悪事を暴きます。

そして美女、黒蜥蜴は逮捕の一歩手前で自殺します。若く美しいまま、おのれの芸術である恐怖美術館で、虜囚の辱めを受けることなく死んでいくのです。

黒蜥蜴は最後に呟きます。

「うれしいわ。あなたが生きていて」

現実の世界では明智が探偵で黒蜥蜴が泥棒でしたが、心の世界では明智が泥棒で黒蜥蜴が探偵でした。

明智の心を探して探してやっと探して見つけたら冷たい石ころでした。

明智は最後に呟きます。

黒蜥蜴の心こそダイヤモンドだった。

本物の宝石はもう死んでしまった、と。

スポンサーリンク

江戸川乱歩の美女シリーズ。探偵版「男はつらいよ」

原作の江戸川乱歩『黒蜥蜴』は1934年の作品です。

戯曲の三島由紀夫『黒蜥蜴』は1961年の作品です。

三島の戯曲では美貌の女賊・黒蜥蜴の役を美輪明宏さんが演じて大ヒットしたそうです。

ところでひと昔前にテレビで『江戸川乱歩の美女シリーズ』というのがあったのをご存知でしょうか?

このシリーズは、いつもワンパターンでした。

犯罪者は絶世の美女で、明智小五郎と互いに男女として惹かれあうが、明智に犯行を暴かれ、逮捕される直前に自殺する、というパターンでした。

刑事コロンボ』のように、最初から犯人はわかっているわけです。
いちばんの美人女優さんが犯人なのは、さいしょからわかっていました。彼女が死ぬことも。

犯罪者の美女は毎回入れ替わるのですが、明智小五郎は常に天知茂という探偵版『男はつらいよ』的なところもありました。常に報われない犯罪者美女との恋を明智小五郎は繰り返します。

令和の時代にはぜったいにつくれないようなエログロ満載の大掛かりな名作シリーズでした。

この美女シリーズにも『黒蜥蜴』がありました。1979年『悪魔のような美女』です。

ところでこの美女シリーズで明智小五郎役を見事に演じた天知茂さんですが、三島の戯曲『黒蜥蜴』で明智小五郎役を演じて当たり役になったのだそうです。

三島の戯曲のおかげで、美女シリーズの天知茂があったといえるかもしれません。

明智小五郎役は天知茂の死後、北大路欣也西郷輝彦とバトンタッチされるのですが、すばらしい名優が演じても、初代・天知茂にはかないませんでした。江戸川乱歩の暗いエロスの中で、スター俳優の輝きが浮いてしまった印象でした。

また『江戸川乱歩の美女シリーズ』のお約束である「犯罪者の美女と明智小五郎が惹かれあう」展開も、実は三島戯曲のお陰だったのかもしれません。

江戸川乱歩原作の怪盗はほとんどが男性であり、女賊相手に惹かれあう展開ではありません。

犯罪者役を常に絶世の美女とし、いつも明智と惹かれあう展開にしたのは、三島版『黒蜥蜴』があったからだとはいえないでしょうか。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

三島由紀夫の戯曲『黒蜥蜴』が、後世に残した影響について語ってきました。

同じ文庫の中には、戦争をモチーフにした戯曲(若人よ甦れ)と、右翼左翼の政治闘争をモチーフにした戯曲(喜びの琴)がおさめられていましたが、どうしても古びた感じが否めません。

やはり、物語というものは恋愛をモチーフにした方がいいようです。

恋愛ほど情熱的になることはないし、恋愛ならば命を失うほどの大事件になっても不思議はない。そして永遠に古くなりません。

いつの時代でも、どこの国民にも通じるモチーフが恋愛ではないでしょうか。

今さら戦後かよ、今さら左翼かよ、と批判されることはあっても、今さら恋愛かよ、という者は世界中のどこにもいないのに違いありません。

古くて新しいテーマ、それが恋愛です。

たとえそれが犯罪者と探偵の心の恋愛であったとしても。

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

 

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました