歯医者に行くと虫歯になる

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク

歯医者に行くと虫歯になる

詰め物が取れてしまったので、久しぶりに歯医者に行った。数年ぶりの歯医者である。

私は基本的に歯医者には行かない。

何故なら歯医者に行くと虫歯になるからである。

そのからくりに気づいてから、歯医者には行かなくなった。

歯医者では一つ虫歯があると歯全体をチェックして「こことここも虫歯なので悪化しないうちに治療してしまいましょう」と言ってくる。「放置すると大きく削らないとならないけれど、今のうちならちょっと削るだけで済みます」というのが歯医者の言い分だった。

しかし真に受けてホイホイと歯を削らせてはいけない。歯が痛いのなら別だが痛まないなら放置した方がよろしい。

安易に歯医者に歯を削らせてはならない。

スポンサーリンク

歯は削れば削ったところから虫歯になる

そもそも虫歯になるような人は、すでに虫歯菌を口の中に保有しているし、歯磨きに手を抜く習性がある。

削れば削ったところから虫歯になるからだ。詰め物と元の歯の境目から虫歯になる。だから虫歯は痛くて我慢できなくなるまで放置したほうがいい。

今のまま自然に虫歯が進むのと、無理やり削ったところから虫歯になるのと、どう考えても無理やり削った方が速く天然の歯が摩耗してしまう。

むかしはよく歯医者に行ったものだ。歯医者に行くと「こことここも治療しましょう」と言われて数カ月通わなければならなかったし、削ったところから虫歯になるから治療は何時までも終わらなかった。

削ったところから虫歯になる。このからくりに気づいてから、私は「自分で治療が必要と思う歯」以外は絶対に触らせなくなった。

歯医者はあいかわらず他の歯の治療を薦めてきたが「必要ない」と治療を拒否した。早期治療した方がいい歯学的見地を説明されたこともあったが「このまま虫歯は進行するが、治療後は虫歯にならない」前提の理屈だった。カラクリである。削ったところから虫歯になっては歯学的見地の説明なんて意味がないのだ。歯医者は歯を治療してお金儲けをしている事業者だ。そのことを忘れてはいけない。要は営業トークなのだ。

そのことで歯医者と大激論をしたこともあった。必要なのは絶対に歯は削らせないという決意である。口をギュッと閉じてしまいましょう。

理で治療を説く歯医者に対する必殺技を教えましょう。

「わかりました。今日はこの歯だけ治療してください。来週から別の歯の治療をお願いします

そう言って翌週から通院しないのです。誰が行きますかいな。

スポンサーリンク

治療する自由があれば、治療しない自由もある

私のような「気づいた者」が「絶対に歯を削らせない闘い」を続けてきた成果か、最近の若い歯医者は「他の歯も見るだけ見てもいいですか?」とおそるおそる聞いてくることが多い。虫歯が見つかっても「治療した方がいいですけど、治療しましょうか?」とちゃんと聞いてくるインフォームドコンセントを守る歯科医が増えてきた。

昔の歯医者は勝手に全部の歯をチェックするのが常識だった。「ああ。ダメだこの歯も。来週からこっちの歯を治療しましょう」と否応なく歯を削られたものだった。

医者のいうことは絶対ではありません。あなたの体です。どうするかあなたが決めていいのです。

いくら歯医者に虫歯の治療を薦められても、あなたが必要ないと思ったら、自己責任で拒否してもいいのです。

治療する自由があれば、治療しない自由もあるのです。

とくに若い人はこのことを知らないので強調しておきます。

「歯は削ったところから虫歯になる。だから歯はできるだけ削らない方がいい」

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました