ユビソオというダイソーそっくりの奇妙な日本語ショップ

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ユビソオがおもしろい

日本ではあまり見ないのだが、東南アジアに旅をするとユビソオYUBISO)というとても面白い雑貨店チェーンに出くわすことがある。

店舗のロゴはユニクロUNIQLO)そっくりであるが、店舗としては100円ショップのダイソーDAISO)のような

品揃えから商品配列からダイソーそっくりである。品物の質は高く、値段も均一ではない。100円よりはちょっと高い。

いちおう日本ブランドという位置づけである。だからあえてわざわざ商品や看板に日本語表記してあるのだが、この日本語が笑っちゃうほどおかしいのだ。

「蚊とハエはありません」って、それを言うなら「蚊とハエはいなくなります」でしょうよ。

誰だよ、商品コピー考えたやつ(笑)?

「髪を使用した後は脂っこい」って(爆笑!)ダメじゃん。脂っこくちゃ。

注:以降の文字も、そうとう日本語につたない人が書いている(笑)。

っていうか「なんちゃって日本製品」なんだろう。日本ブランドの力で売れたらいいな、という販売戦略なのだろうと思う。だってこんな日本語、日本人は使わないもの。

フルーティーな音?

ダイナミクス部分ってどこだ?

絶対、日本ブランドじゃないと思う。

ずっと店内に韓流音楽が流れていたから、たぶん韓国系じゃないかな?

日本ブランドで売るなら、店内音楽もJ-POPにすべきだろうに。

これだけメチャクチャ・テキトーな日本語だから、さぞや商品もメチャクチャ・テキトーだろうと思うと、さにあらず。品ぞろえはすごくいいのだ。しかも安い。

コタキナバルのユビソオでは、連日、店に通って、バカ日本語に笑って、何かを買った。

買いたくなるような商品ラインアップなのだ。マレーシアで一番面白いお店だった。

このアンバランスなところがユビソオの魅力である。

スポンサーリンク

絶滅危惧種の笑えるメチャクチャ日本語を旅人みんなで保全しよう

昔はベトナムなどアジア諸国に蔓延していたが「笑えるメチャクチャ日本語」がユビソオでは今でも健在である。

旅にすさんだ日本人長期旅行者の心をいやしてくれる海外メチャクチャ日本語も、今や絶滅危惧種である。

「間違っているから、おれが教えてやる」という「僕ちゃんいいことをしました」自己満足系の旅行者が通報することで、魅力あふれる商品が通俗化してしまうからである。

おかしな日本語
世界の笑える看板 ここでは看板やメニュー表など世界で見かけた笑える日本語の写真をアップしていきます。 このような笑える日本語を見かけたら「親切な日本人が正しい日本語を教えてあげる」ような態度をとることはやめてください。あなたはいいこ...

笑えるネタはとっておいてあげましょう。

日本語の間違いを指摘するような無粋な真似は、後発の旅行者のためにやめてもらいたいと思っています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました