韓国観光にいざなう戦略ポスターの不思議さ

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

ここではマレーシアのコタキナバルの旅行代理店の店外で見た海外旅行のポスターを見て感じた、韓国旅行の不思議について語っている。

これが問題のポスターなのだが、何か違和感を感じないだろうか?

私は右下の方に、とても違和感を感じるのだ。

スポンサーリンク

マレー人を韓国旅行に誘おうとするポスターの不思議さ

死ぬまでには世界を見たい、という思いで、たくさんの旅をしてきた。

このポスターに描かれている景色は、この目で見たものもあれば、見ていないものもある。

おそらくこのポスターに描かれている「観光名所」は左上から右下に、

エジプトピラミッド

イギリスビックベン

イタリアピサの斜塔

スペインラ・マンチャの風車

フランスエッフェル塔

日本富士山

ドバイ最高級ホテル

オーストラリアオペラハウス

タイミャンマー?)のパコダ

アメリカ自由の女神

中国万里の長城

韓国イ・スンシン将軍の銅像である。

え? 「来て来て韓国キャンペーン」の主役を張るのがイ・スンシン将軍の銅像っていうのはどうなのよ?

他国は世界遺産級の文物ばかり並べたててあるのに、韓国は韓国ローカルの将軍像なのである。

コタキナバルのマレー人はこれを見に行きたいと思うのだろうか?

スポンサーリンク

自国民以外誰も知らない人物の銅像で観光客を呼び込むことができるのか?

コタキナバルは韓国人天国であった。たくさんの韓国人がコタキナバルを観光に来ていた。国別ランキングでは中国の次、第二位だろう。日本人よりも圧倒的な数の韓国人観光客がいた。

直行便があるからである。

とうぜんコタキナバルの旅行会社も、たくさんのマレー人観光客を韓国に送り込みたいと思っているはずだ。

その「売り」の韓国の顔が、李舜臣将軍の銅像っていうのはどうなのよ?

マレー人の誰が、イ・スンシン将軍のことを知っているのだろうか?

たとえれば、イタリアのガリバルディの像や、イギリスのネルソン提督の銅像を見るために観光に来てもらおうというのと同じことである。

その戦略で本当にいいのだろうか?

ちなみに中国は世界遺産の万里の長城、我が日本も世界遺産の富士山である。

韓国、李舜臣で大丈夫か?

ちなみに私は幼い頃を韓国ソウルで過ごしており、イ・スンシン将軍の銅像は幼い頃から日常的に見ていた。大通りのど真ん中に銅像が立っていて車を上から見下ろす格好となるため、子どもの頃は「偉大な英雄だったんだろうな」と無邪気に思っていた。

しかし大人になってよく調べてみると「講和して撤退している秀吉(日本)軍に卑怯な追撃をかけて戦死する」という残念な人物であるということがわかって拍子抜けしたものである。

そりゃあ韓国人にとっては日本と戦った英雄だろう。しかし世界的な英雄では決してない。

中国の岳飛みたいなものだ。しかし岳飛で観光客が呼べるだろうか?

愛国の英雄をよろこぶのは自国民だけで、他国の観光客を呼び込むのは無理じゃないの?

イ・スンシンの将軍の銅像でマレー人を呼ぼうという観光戦略には疑問を呈さざるをえない。

日本でいえば仙台の伊達政宗像や、甲府の武田信玄像で外国の観光客を呼ぼうというようなものである。

そりゃあ無理だろう。

いくら好きでも銅像で観光客は呼べないと思うぞ。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
このブログ著者の書籍
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 「アトムのジェット走法」「ハサミは両方に開かれる走法」「踵落としを効果的に決める走法」「動的バランス走法」「ヤジロベエ走法」「ヘルメスの靴」「逆くの字走法」「ばあちゃん走法」等々。 言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 「今、走っていない人を、走らせることができるか?」を執筆に関しては意識しました。 上級者にも、これから走りだそうとしている初心者にも、役に立つ内容となっています。 ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。 作品には魂を込めました。ぜひお読みいただきたいと思っています。
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 「アトムのジェット走法」「ハサミは両方に開かれる走法」「踵落としを効果的に決める走法」「動的バランス走法」「ヤジロベエ走法」「ヘルメスの靴」「逆くの字走法」「ばあちゃん走法」等々。 言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 「今、走っていない人を、走らせることができるか?」を執筆に関しては意識しました。 上級者にも、これから走りだそうとしている初心者にも、役に立つ内容となっています。 ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。 作品には魂を込めました。ぜひお読みいただきたいと思っています。
【この記事を書いている人】

アリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました