縄文遺跡は世界遺産になる。縄文ブームが必ず来る

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

世界遺産登録はムラ起しの最強ツールです。だから地方自治体は世界遺産登録に必死です。世界遺産に登録されたら「世界遺産大好き」ブロガーが勝手に広告してくれます。いや、日本政府が観光を後押ししてくれることでしょう。世界中から観光客が押し寄せます。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここでは縄文時代は世界遺産に登録されることが確実だということを述べています。

まちおこしのプロモーションを考えている方は、おらが村の縄文遺跡を今のうちにPRしておけば、先行者利益を得られるかもしれません。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

世界遺産のレベルを教えます。金字塔ピラミッドの圧倒的な凄さ

放浪の旅人として数多くの世界遺産を見てきました。たとえば私は人類の金字塔ピラミッドをこの目で見ています。

帰国してすぐに飛鳥の石舞台古墳を見たのですが、周囲の大勢の人が日本の巨石遺跡に感嘆している中、私だけが「ちっさ。鼻くそみたいだな」と思っていました。

比較の問題です。レベルが違うのです。

最初に世界遺産・石舞台古墳を見ていれば、そうは思わなかったのでしょう。

しかし、ピラミッドの直後に見たら、石舞台古墳なんて鼻くそぐらいにしか見えません。これが嘘偽りのない本当の感想です。同じ世界遺産でもあまりにもレベルが違うのです。

もうひとつ例をあげましょうか。

私は大仙陵古墳、いわゆる仁徳天皇陵のことを日本の誇りだと思っていました。お墓の大きさとしては世界最大だというじゃありませんか。教科書にも載っていました。上空からの写真はきれいな前方後円墳であり、明らかに人工物です。ピラミッドよりも大きな墓が日本にあるなんて凄い!

ところがピラミッドを見た人間が、大仙陵古墳を見るとどう思うか、教えましょうか。

はっきりいって、ピラミッドに比べると仁徳天皇陵はそれほど面白くない世界遺産です。

お堀はお城にもよくあるありふれたお堀ですし、陵の上には樹木が生い茂り、ただの里山にしか見えません。むしろ里山として見れば、小さいクラスです。

ピラミッドの凄さとは比較になりません。

その証拠にピラミッドのまわりには世界中から観光客が押し寄せて大混雑していますが、大仙陵古墳のまわりは観光客らしい人はまばらです。

「百舌鳥・古市古墳群」として世界遺産に登録されていますが、ピラミッドと同じぐらい凄い遺跡だと思ったら大間違いです。

私は世界遺産には超級とA級、B級があると思っています。

仁徳天皇陵はA級。ピラミッドは超級です。レベルが違います。仁徳天皇陵は5世紀のものですが、ピラミッドは紀元前2500年も前のものなのです。それだけでも勝負になりません。

これが第一級の本当の世界遺産のレベルです。

スポンサーリンク

書類で世界遺産に登録される観光地としての感動に欠けるイマイチ遺産もある

ワールドワイドな目線から見ると、昨今の「出がらし」のような世界遺産は「いかがなものか」と思うような登録がたくさんあります。国立西洋美術館とかね。

ブツそのものではなく書類で世界遺産になったバターンです。B級というよりC級といいたくなるようなものです。現地での感動はありません。Wikipediaを読まないと登録理由がわからないような世界遺産なんて観光する価値はありません。

「見た時の感動」と「文化的な価値」は別のものです。ここでは「見た時の感動」の話しをしています。念のため。

たとえば「鳥取砂丘を世界遺産に」と地元が運動しています。

サハラ砂漠を旅してきた私から見ると、鳥取砂丘は観光地としてはスケールが小さすぎます。もちろん砂漠じゃありませんので、書類上の世界遺産として登録できる可能性がゼロではありません。しかし世界は広いぞ、とひとこと言いたいところです。

スポンサーリンク

世界遺産には超級、A級、B級、書類上の世界遺産、出がらし世界遺産がある

縄文ポシェット。ごみ場に捨てられていたもの。よく残ったなあ

埼玉(さきたま)古墳群を世界遺産に」と地元が運動しています。おお恥ずかしい。

一度、ピラミッドを視察に行ったら如何でしょうか。

レベルが低いなあ。私だったら恥ずかしくて言えません。仁徳天皇陵ならまだしも。

学術的に無理やり結び付けて書類で世界遺産になろうとしているのでしょうか。

いわゆる「出がらし世界遺産」「書類上の世界遺産」でしょうね。

日本各地を旅行していると「世界のレベルを知ってから手をあげろよ」と言いたくなるような世界遺産への挑戦が多すぎる気がします。

それ(登録したい遺産)がミラノ大聖堂サグラダファミリアに匹敵するようなものだと本気で思っているのか?

そう叫びたくなることがあります。

それでも登録されてしまうのが昨今の世界遺産の低レベルなのですが。

あ、すいません。今、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産のことを念頭に言っちゃいました。

でもね。でもね。いくら君たちがいくら世界遺産になったからって、やっぱり長崎の小さな教会がサンピエトロ大聖堂サンマルコ寺院と同格だなんて誰も思っていないからね。勘違いしないでね。

現場の感動は100倍違います。一度、サンピエトロに行ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク

縄文遺跡は世界遺産レベル。登録そのものは間違いないと確信

そんな辛口の私が、「これは世界遺産確実」と思うものが一つあります。それは「縄文遺跡群」。

これは世界レベルです。世界中の世界遺産を見てきた私が保証します。これは世界遺産登録間違いありません。

青森の三内丸山遺跡を見て確信しました。これはレベルが高い。これは世界遺産レベルだ、と。

B級の「出がらし世界遺産」「書類上の世界遺産」ではありません。

ピラミッドと比較して感じた石舞台古墳や大仙陵古墳のガッカリ感がないのです。

(もっとも直後に行ったわけではありませんが)

むしろウキウキ、ワクワク、感動しました。観光地としてA級です。国立西洋美術館とは違います。長崎の教会とは違います。

当時の人たちの生活を感じさせる縄文のポシェット、釣り針なども美しく残っており、遺産としてのレベルの高さを感じました。

スポンサーリンク

地域を決めずオールジャパンで「縄文遺跡群」として登録すればいい

ところが現在、縄文遺跡群は世界遺産に登録されていません。これについては別稿で詳しく分析したいと思いますが、一言でいうと「国宝の縄文のビーナスは長野県産なのに、どうして北海道・北東北の縄文遺跡群だけが申請されているんだよ」という嫉妬です。

世界遺産に登録されることほど町おこしに効果のあることはありません。そのメリットを一部の人が独占してしまうことへの国内の嫉妬が登録を妨げているのです。

地域を決めずオールジャパンで「縄文遺跡群」として登録すればいいのです。

繰り返しますが、世界遺産への登録は間違いありません。絶対です。

もし町おこしのために世界遺産への登録を目指しているのなら、今からおらが町の縄文遺跡をPRすることです。

そうすれば先行利益を得ることができます。

小さな土偶しかない町でも、世界遺産に登録される可能性があります。

貝塚では世界遺産になれません。でもそこから珍しい土偶が出土すれば、土偶が単体で世界遺産に登録されるかもしれません。

まずは国宝、重要文化財を目指して運動してはいかがでしょうか。

世界遺産に登録されてからでは遅い。遮光器土偶縄文のメデューサハート形土偶などスーパースターが本気を出してきます。

超強力なライバルが眠っている今こそがチャンスです。

名前を売るなら今です。スーパースターが本気を出す前に有名になってしまうのです。

自分たちのPR努力で世界遺産に登録されたんだ、と言い切ってしまうほど、今から有名になってしまうことです。

スポンサーリンク

キャンパーは縄文時代が大好き

縄文人の暮らしは明日からでも始められそうです。すべてがローテクで、何をやろうとしているのか明白です。

単純で、わかりやすい。

アウトドア人間がキャンプでやっていることと、同じことを縄文人はしています。

いいや逆です。現代人が縄文人と同じスタイルで暮らそうとしているのがキャンプです。

いわばアウトドアライフとは「縄文がえり」と言ってもいいライフスタイルなのではないでしょうか。

縄文人が人間の根源的な生き方をしているから、そこに戻ろうとするのかもしれません。

真実とは自然のこと。人が生きていく限り、アウトドアは必然
なんのために生きているのか。どう生きて、どう死ぬのか、人は真剣に生きるのならば、アウトドアライフと向き合わざるを得ない。 ここではハルト哲学の核心であるアウトドアライフに対する考え方について語ります。 人は真面目に生きるなら...
著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました