真実とは自然のこと。人が生きていく限り、アウトドアは必然

MY FAVORITE
スポンサーリンク

なんのために生きているのか。どう生きて、どう死ぬのか、人は真剣に生きるのならば、アウトドアライフと向き合わざるを得ない。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここではハルト哲学の核心であるアウトドアライフに対する考え方について語ります。

スポンサーリンク

人は真面目に生きるなら、アウトドアに向きあわざるを得ない

「偶然の出会いからアウトドア生活にハマってしまいました」という誰かのツイートを見て、非常に違和感を覚えた。

本当に偶然だろうか? と思ったからである。人がアウトドアと向き合うのは必然ではないだろうか?

人は真面目に生きるなら、アウトドアに向きあわざるを得ない。

おれはそう思っている。

自然と向き合うことなしに、真実を探すことなんてできない。なぜなら真実とは自然のことだから。

書物だけを読んでも何もわかりやしない。聖書もコーランも、それだけをいくら読んでも無駄だ。

読むために読むのではなく、この世界の真実が知りたくて読むのだろう。

どう生きて、どう死ねばいいのか。

だったらまずは書を捨てよ町へ出よう、だ。

スポンサーリンク

体を使うことなしに、何かを学ぶことなんてできない

この世界を知るためには、体をつかわなければ。

体を使うことなしに、何かを学ぶことなんてできないとおれは思っている。

五官のすべてで。においを嗅いで。

腹を壊すのでなければ、舐めた方がいいとさえ思う。

子どもは何でも口に入れてぺろぺろ舐める。

体をつかわずに、この世界の何かを知る事なんでできない。

世界の大きさを知りたければ、走ってみればいい。ジェット機で飛ぶよりも、広さが確実にわかる。

生活必需品は、ホームセンターで買うのではなく、もし自分で作れるのならば作った方がいい。その方が生きることの真実にすこしだけ近づく。

普段食べているものもスーパーマーケットで買うよりも、草花と格闘して収穫してみればいい。そうすればもっと人間がどう生きていくべきなのか深い知恵が身につくだろう。自然が人間生活にどれほど大きな影響を及ぼすのかもよくわかるに違いない。

自然災害とは台風や洪水だけではない。ちょっとした冷夏や旱魃、日照不足でも収穫に大きな影響を及ぼす。

料理もシェフが給仕してくれるものを食卓で待っているよりも、自分で作った方がいい。自分がどんなものを食べているのか知るのは重要なことだ。

普段のサラリーマン生活に疲れ切っているから面倒に思ってしまうが、本当は自分で料理した方が楽しいはずだ。

人は生き方を真剣に考えれば考えるほど、自然と向き合わざるを得ないのだ。

なぜなら人間は自然の中の一部だから。

キャンパーというのは真実に手を触れようとしている人たちなのだ。

アウトドアライフははやりすたりのある趣味などではない。普遍的な人間生活のベースなのだ。

そこに立ち戻ろうというムーブメントが昨今のアウトドアブームなのである。

人間が真剣に人生と向き合おうとしたらアウトドアに直面するのはむしろ必然である。

偶然出会ったアウトドア生活にハマってしまいました、というのは、その人が潜在的に「どう生きどう死ぬか」系の哲学思索的な人間だったからである。

一度触れても離れてしまう人もいるのだから。そういう人はまたサラリーマン生活に忙殺される生き方で満足なのだ。だからアウトドアに探すものが何もないのだ。

アウトドアは必然である。人が生きていく限り。

最終章『走るために生まれた』
退屈なケの日常を、わずかな時間で、パーティーに、お祭りに、クリスマスに変える魔法。それは走ること。走ることには魔法のような効果がある。走るために生まれたから
帰国子女です。応援よろしく
ポチっと応援してください
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

MY FAVORITE
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました