自宅アウトドア(半アウトドア)

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

もしもあなたが真実を知りたかったら、真実とは自然のことだから、アウトドアは必須科目だというのが、本ブログの要諦です。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここではアウトドア初心者のための自宅アウトドア、半アウトドア生活を提案しています。

スポンサーリンク

自宅窓際族のすすめ

もしも命の何たるかを知りたかったら、自然の中から命は生まれて来たのだから、自然の中にかえるためにもアウトドアは必然だというのが本ブログの主張です。

しかし何事にも初心者がいます。

いきなり登山用テントを購入して、3000m級の北アルプスのテントサイトで泊まるというのは誰だって敷居が高いものです。

もしいきなりアウトドアが難しかったら、まずは自宅で窓際族になることをおすすめします。

自宅窓際族は、椅子を窓際に運んで窓から外を眺めます。アウトドア生活を送らなくてもいいのです。

ちょうど家飼いの猫がそうしているように、窓から外を眺めるだけです。

窓から空が眺められますか? 雲が風に流れるのか見えますか?

夕焼けに空が染まるのは見えますか? 遠くから届く宇宙の光は見えますか?

まずはこれで十分です。

部屋のエアコンのメリットを享受しつつ、視界は自然を眺める半アウトドア生活

できれば椅子だけは固定のソファではなく、アウトドアチェアがいいでしょう。

最近のアウトドアチェアはすごく居心地のいい空間となっています。

もちろん畳んで移動できるのが最大のメリットですが。

これを自宅アウトドア生活と私は呼んでいます。

スポンサーリンク

自宅アウトドア生活は奥が深い

まずは雨戸、ガラス戸を開けて、網戸で過ごしましょう。

外の風の中で生きていきます。

食事も自宅の調理コンロを利用しつつ、アウトドアのように窓際で食べます。

まさに半アウトドア生活です。

この生活の最大のメリットは網戸を活用できることです。

アウトドアの最大の敵は、実は「蚊」です。

蚊さえいなくなれば、世界はどれだけ楽園に近づくことでしょうか。

その蚊をシャットアウトしつつ、アウトドアを楽しめるのが、自宅アウトドアの最大のメリットだといってもいいでしょう。

虫の声を聞きながらの夜、星降る夜、紳士が狼男に変わる夜。

窓際でヘッドライトで読書でもしてみましょうか。

蚊の季節でなければ、網戸を開けて。

波打ち際で過ごすように、部屋の中で過ごせますか。

スポンサーリンク

ベランダアウトドア

自宅窓際族、自宅アウトドアに慣れたら、次のステップです。

次はベランダアウトドアを楽しみましょう。

難しいことはありません。アウトドアチェアをつかってベランダで過ごす。それだけです。

ベランダアウトドアでも、自宅アウトドアよりさらに一歩、本当のアウトドアに近づいたことと思います。

できれば携帯コンロなど使って、ベランダで食事をしたり、ビールを飲んだりできたら、本格的なキャンパーまであと一歩です。

初心者はいきなりキャンプサイトで調理するのは難しいでしょう。しかしベランダアウトドアならメインの調理場はいつものシンクですから違和感なく調理できるでしょう。

水が足りなかったり、ゴミ捨て場が遠かったり、調味料が足りないこともありません。

外で食事をするという、いちばんおいしいところだけを味わいます。

スポンサーリンク

車中泊。自宅テント

ベランダアウトドアの次はもうキャンプ生活でしょうか。

いいえ。初心者のためにはまだまだ研修オプションがありますよ。

車中泊がそのひとつです。

キャンプ場にテントを張るよりも、車中泊の方が敷居が低いはずです。

本格的に車中泊で連泊するためには、フラットで足が伸ばせる寝室が作れることが条件となりますが、テントを買うことも、張ることもなく、アウトドア宿泊ができるため、次のステップとしてご紹介します。

最後に自宅テント。

これは究極の悪趣味かもしれません。

部屋の中にテントを張って、その中で寝るのです。もちろん窓は全開にして。

ここまで来るとたいぶキャンプ生活に近づいています。

しかしそれでも雨を避けられるなど、本当のアウトドアのハードさからは隔てられているのです。

この境地まで来ると、自然のハードな条件から隔てられていることが、逆に物足りなくなってくることでしょう。

そして自然の中に出ていきたくなるに違いありません。

過酷な自然のヒリヒリするような条件こそが、生きている実感をくれるのですから。

スポンサーリンク

まとめ

エアコンのメリットも享受しながら、半アウトドア生活を送ろう。

守られた都市の生活では味わえない、生きている実感を得るために。

帰国子女です。応援よろしく
ポチっと応援してください
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました