紅の豚『悪いが俺は休暇だ』

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

ハルトも休暇です(笑)。ここはギリシアのザキントス島のシップレックビーチです。和訳すると難破船海岸です。ナバイオビーチとも言います。

映画『紅の豚』のポルコが休養している海岸のモデルと言われています。『千と千尋の神隠し』の温泉宿が、台湾ジューフンと雰囲気が似ているのでモデルになったのではないかと言われていますが、そういうレベルではありません。

 

まるっきりそっくりです。そっくりそのままです。アドリア海ではなく、イオニア海にありますけど。

映画で空賊が降りてきた崖の上から撮影しているのですが、目もくらむばかりの高さです。海は透き通るように青く、浮かんでいる舟の船影が海底にはっきりと映って宙に浮いているかのようです。これは素晴らしいところでした。世界の絶景をいろいろ見てきたハルトですが、間違いなく上位3本の指に入る絶景だと思います。

貧乏バックパッカーですので、できればバスで(安く)行きたかったのですが、メチャクチャ交通の便が悪く、早朝と、午後3時頃の一日二本しかバスが出ていないと聞きました。早朝バスで行って、午後バスで帰ってくるというのは現実的なプランではありません。またバスもビーチまで行くわけではなく、近くの町までしか行きません。そこからは坂道を歩くことになります。

そもそもザキントス島は、有名なサントリーニ島にくらべてまだ観光地化されていません。お土産店の数が全然違います。それほどお客の数が違うと言うことなのでしょう。

タクシーも同じ状況です。ザキントスタウンの中でも流しのタクシーを見かけませんでした。(タクシープールは教会前の広場にあります)。

メインタウンでタクシーがないのに、地方都市で帰りのタクシーが見つかるか、不安になりました。

ここはタクシーメーターを使わせずに、時間で貸切る例のあの手しかありません。ネパールやタイなどアジアで使った手です。ヨーロッパで通じるでしょうか?

やっと探したタクシー運転手と英語で交渉し、往復と崖上の撮影ポイントで40分待ってもらう条件で、70ユーロで交渉妥結しました。ホテルのレセプションでは片道50ユーロぐらいだと聞いたので、満足の交渉でした。旅行会社を通じて車・運転手を雇うよりも、流しのタクシーと交渉した方が安くあがります。レンタカーで行く場合には、ハワイなどと違って国際運転免許証でないと車を借りられませんでした。

結論から言えば、バスで行くようなところではありませんでした。タクシーを借り切って正解でした。

崖の上からの絶景には、思わず感嘆の声が出ました。世界にそんな場所はそうはありません。

吸い込まれそうな場所でした。

わざわざ行くような場所ですが、わざわざ行った甲斐がありました。おすすめします!

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました