最終章『走るために生まれた』

MY FAVORITE
スポンサーリンク

私の座右の銘は「エブリデイ クリスマス」です。毎日がクリスマスであるかのように特別感をもって充実した毎日を過ごしたい、という願望です。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここではこのブログが一編の小説だとすれば、最終章、ラストに配置すべき、結論について書いています。

スポンサーリンク

毎日をクリスマスにするための私の方法をお教えします

しかし現実には毎日をクリスマスのように過ごすことは、そう簡単なことではありません。

今日は昨日と同じような日であり、昨日は一昨日と何ら変わることなく、日常に変化は少なく、一日一日は、

かわりばえのない平凡な日常の中に埋没してしまいます。

どうすれば、特別な毎日を生きてゆけるのでしょうか。

私はもう地球一周以上の距離を走り続けてきました。しかし実際には同じ市内の同じコースをひたすら走っただけで、間寛平さんのアースマラソンのように本当に世界を一周したわけではありません。

走りながら世界を見たわけではありません。走りながら常に見ていたのは「自分の心の内側」でした。

スポンサーリンク

この世で最高の快楽とは何か?

長年、ランナーをしていると、思うことがあります。

暑い夏に、汗ビショになって走った後に浴びる冷水シャワーより気持ちのいいことって、この世にそうはないなあって。

冷水で、ほてった身体から熱が奪われていく時、ほんとに気持ちいい。

寒い冬に、白い息を吐いて走ってきた後、沸かしておいた温かいお風呂に入るのより気持ちのいいことって、この世界にそうはないと感じています。

寒さに抵抗するため必死になって発熱していた体中のミトコンドリアは、お湯の暑さが発熱という仕事を代わってくれるから、ゆったりと仕事を休むことができるのです。

そのリラックス感は、この世で最高の快楽のひとつでしょう。

走って飢渇状態になった後の飲食は、この世で最高のものです。体中の細胞に水分や栄養が染み渡るのがわかります。走る前とは食べ物の味がちがいます。空腹こそ最高の調味料なのです。

全身の力をつかってレースを走り終え、疲れ切った身体をベッドに横たえた時以上の安楽の時間が、人生に果たしてあるでしょうか。

これこそがこの世で最高の快楽なのだと思います。

頭を使う労働では、この快楽を味わえません。

私はこの人生に「体をつかうこと」以上の生きる歓びを見つけることができませんでした。

人間は精神的な生き物なのに情けない結論だなあ、とあなたは思うでしょうか。

人間もしょせんは動物です。動物と同じ真理で上等です。それが私の結論です。

スポンサーリンク

身体をつかうことは、Lifeの基本であり、究極の快楽

走り続ける限り、この世界で最高の快楽を何時でも手軽に体験することができます。それこそが「Everyday Christmas」なのだと思っています。

身体をつかうことは、Lifeの基本であり、また究極なのではないかと思います。

身体をつかわずに、自分の限界を知ることも、その限界を押し広げることも、知ることは難しい。

他人と競り合う時の燃える気持ちも。負けて悔しい思いをすることも。勝って自分の力を感じることも。全能感に満たされることも。

すべてはこの体を使うことで手に入れることができた感情です。

「ランニングは快楽だ」という人は私の他にもいます。しかし私の快楽論はちょっと違います。私のいう究極の快楽とは「ハレとケ」「onとoff」が両方そろってこその快楽です。

走ることは気持ちがいい。でもその後のシャワーや休息や飲食を含めてこその快楽であり、スポーツの快楽だけを訴えている人の快楽論は、私のものとは違います。

スポンサーリンク

走ることが生きること。走るために生まれた

結局、人生というのはハレとケなのでしょう。

ケばかりの人生なんて冗談じゃないけれど、ハレばかりではハレがハレでなくなってしまう。

ビーチリゾートで寝そべって読書するのが楽しい人は、普段、本を読む暇もないほど忙しく働いている人だけなのでしょう。旅人は、そのようには日々を過ごしません。

退屈なケの日常を、わずかな時間でハレのパーティーに、お祭りに、クリスマスに変える方法を、おれは知っています。

それは走ることです。走ること、それは子供に戻る魔法。青春を取り戻す魔法です。

夢中になって追いかけること。無心になって集中すること。自分と対話すること。すべてを忘れること。

走れば、平凡な一日の中にハレとケという起伏をつくることができます。いつもと同じ一日の中のハレ、それが走ることです。

走ることには魔法のような効果があります。生きる気力を取り戻し、想像もしなかった一日をつくってくれます。

ケガで何度か、走ることを中断したことがあります。

その頃は、鬱鬱として、何をやっていても面白くなかった。生きているのが、つまらなかった。

走ることは快楽です。走っているからこそ、生きていると実感できるのです

走ることそのものには意味などありません。

走ることが生きることだから走るのです。そして走れなくなったときには、この世界とサヨナラをします。それまでは走り続ける。なぜなら走ることが生きることだから。走るために生まれたのだから。

それでは、これで。

明日からまた放浪の旅に出かけてきます。

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるモノカキ。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

走れるところまで走ってみようじゃないか
ソウル日本人学校の出身です。応援よろしく
MY FAVORITE
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました