イギリス元首は世襲制ではなく、男性でもいいそうです

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

スポンサーリンク

エリザベス女王の次はチャールズ皇太子

見ていたテレビにエリザベス女王が映っていたときの、ある日のうちの妻とわたしの会話です。

妻「平成天皇は早めに退位できてよかったね。イギリスのエリザベス女王も日本の天皇みたいに退位できないの? 次のチャールズ皇太子だって元首になった頃にはもうお爺さんでなんだかかわいそう

わたし「ちょっと待て。エリザベス女王の次はチャールズ皇太子なのか? なんか違うんじゃないの?」

妻「だって直系男子でしょ?」

わたし「いや、それは日本の皇室の場合だろ。チャールズさんじゃあ女王じゃなくて王様になっちゃうじゃん」

妻「王様じゃだめなの? 日本と同じでしょ?」

わたし「いや王様というのは……イギリスの元首は女性がなるんじゃないの?」

わたしのアンテナにどうも何かが引っかかります。イギリスの元首が男性というのに違和感を感じるのです。イギリスは女王じゃなきゃダメなんだという気がしました。

現在の法律では、日本の皇室は男系男子が継ぐことになっています。しかしイギリスの元首は女性が引き継ぐような気がしてなりません。どうしてそんな気がするのか……しばらく考えて思い至りました。

ああそうか。「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」だ!

スポンサーリンク

イギリスの実質的な国歌「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」は性別が明記されている。

そう。「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」です。イギリスの実質的な国歌です。「神よ、女王を守り給え」という国の歌です。クイーンというからには女王、女性です。国歌で性別を指定しているではありませんか。

そのせいでわたしは「次はチャールズ」に違和感を感じまくったのでした。元首が男性では「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」が歌えません。クイーンをキングにして替え歌でも歌うのかしら?

いや、男性元首だったら自力で何とかしろといいたい。「ゴッド・セイブ・ザ・キング」なんて歌うのは非常に違和感があります。

国歌が「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」だから、なんとなく女王じゃなければだめだという気がしたのです。

もちろんビクトリア女王というイギリス全盛期の歴史上の偉大な女王のことも念頭にありました。

スポンサーリンク

日本の実質的国家「君が代」。「わが君の時代です」という国の歌に性別はない

ひるがえって日本の実質的な国歌は「君が代」です。「わが君の時代です」という国の歌です。わが君というのは主君のことであって、性別の指定はありません。別に女性だって国歌に支障はありません。

しかし日本の元首は天皇家の男系男子と決まっています。

イギリスの元首はどうなっているのでしょうか? 疑問に思ったので調べてみました。

スポンサーリンク

イギリスの元首は世襲制ではない。合議で決める

調べたところ、なんとイギリスの元首は世襲制ではないそうです。英連邦加盟国のあいだの合議で決めるんだそうです。万世一系じゃないんですね。どちらかというと大統領みたいですね。

もちろん女性じゃなきゃダメという決まりもありません。英連邦加盟国のあいだの合意があれば「イギリス人」じゃなくても首長になれるようです。たとえばニュージーランド人でも。

ずいぶんと自由に決められる国家元首ですね。「次はボンクラで……」と国民が心配する必要がありません。タイでは先代のプミポン国王があまりにも敬愛されすぎて次の国王の人気が心配されていましたが、イギリス元首にそんな心配はいらないみたいです。

そして結果として次の元首はチャールズ皇太子に決まっているそうです(妻よ、すまん。君が正解だった)。世襲だからではなく、英連邦加盟国のあいだの合議により承認されたから、ということでした。

スポンサーリンク

国歌「God save the queen」は替え歌「God save the king」になる。

そしてわたしがチャールズ皇太子の元首継承に違和感をおぼえた最大の要因であるイギリス国歌「God save the queen」は、替え歌「God save the king」になるそうです。

いや、どうも。「国家に替え歌なんてありえないだろう」と思っていたのですが、そうするようです。わが国の「君が代」とはえらい違いですなア。

政治的実権のない英連邦統合の象徴だから、人気のある人がいいんでしょう。チャールズはダイアナと結婚した時の世界的なフィーバーを思い出しますね。

たしかにあれ以上の人物は、当のダイアナ以外にはいないのかもしれません。

替え歌か。そういう解決法ですか。

「赤い靴はいてた女の子、異人さんに連れられて行っちゃった」が「赤い靴はいてた女の子、ひい爺さんに連れられて行っちゃった」になったぐらいの違いですかね。どちらにしても同じようなそこはかとなく悲しい気持ちになるもんね。

「God save the queen」が「God save the king」になっても別にいいのか。性別なんてどっちでもいいのか。まさかそういうオチとは思いませんでした。

イギリスは女王の国だと思い込んでいました。でも当のUKは別に元首が男でも女でもどっちでもいいみたいです。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました