天才バカボン。レレレのオジサン

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

スポンサーリンク

インバウンド規制緩和

京都の金戒光明寺の山門を拝観してきた。例によって撮影禁止である。アフロ仏陀を見に行くのが最大のねらいであったが、山門もまた素晴らしいものであった。有名な南禅寺の山門よりも絶景である。

太陽こそ神。命は星屑がほんの一瞬、太陽の光を浴びてキラリと反射しただけのもの
太陽こそ神。命は星屑がほんの一瞬、太陽の光を浴びてキラリと反射しただけのもの

京都は普通の市民が神社仏閣の近所に普通に暮らしている。一般市民のプライバシー保護のために山門のような高いところからの撮影は一切禁止なのだそうだ。

理由を聞いて納得した。なるほどそれなら仕方ないね。

だったら山門の内側ならいいだろうと思ったが、やはり撮影禁止である。

山門の内側には一般市民のプライバシーなんてない筈なのに、どうして撮影禁止なのだろう。

外国では地上の至宝クラスが撮影OKなのに、もったいぶって撮影禁止にするのはやめてもらいたいものだ。

インバウンド規制緩和
仏像が撮影禁止の理由 紅葉の京都を旅してきた。 本当は仏像の写真をたくさん撮りたかったのだが、ほとんど撮影禁止である。 絵画のようにフラッシュのストロボが絵の色を退化させるというのならまだ納得もしよう。 だったらフラッシ...

ここはイノセントな白人旅行者のインバウンド規制緩和に期待したいところだ。

日本人は彼らのあとに続いて門戸を大きくこじ開けるべし。

スポンサーリンク

ボランティアガイドの話しは絶対に聞くことをおすすめします

無意味な撮影規制のせいで写真を見せることができないのだが、山門の楼上内部には天井画の龍と、釈迦の弟子の16羅漢の像が安置されていた。

浄土宗大本山・くろ谷 金戒光明寺
新選組発祥の寺、本陣を置いた事でも有名な金戒光明寺。2

楼上では会社を定年退職した年齢のシルバーボランティアさんが、楼上から見える景色を無料で案内してくれた。

こういうガイドに耳を貸さないでさっさと先に行ってしまう人がいるが、わたしは絶対に聞いた方がいいと思う。

私などは自分とは全く関係のない観光ツアーのガイドさんが説明しているときも、一緒に聞くことにしている。

「ささ、あっちに行きましょう」と、ときどき嫌な顔をされることもあるが、パブリックな場所で大声でしゃべる方が悪いのだ。「聞かれて困るなら大声で喋るんじゃない」と言いたい。

 

山門からは天王山洞ヶ峠が見えた。筒井康隆の『筒井順慶』が読んでみたくなった。京都に住むということは、歴史と繋がるということなのだなあ、と思う。

金田一春彦先生が「国学者は京都に住まなきゃ」と言っていたが、その通りだと思う。

コイン駐車場を探して、車で京都の狭い路地を走っていたら「本能寺跡の碑」を偶然見つけた。テレビで織田信長の最期をやるとよく見かけるあの碑だ。

いたるところで歴史にぶつかる。それが京都なのである。

スポンサーリンク

十六羅漢の最後の弟子は「おでかけですか?」レレレのレ~

ところで釈迦の弟子のことである。十六羅漢とも呼ばれている。阿羅漢である。お釈迦様の弟子の中でも特に優れていた十六人のことだ。

当然ながら、全員インド・ネパール人である。

羅漢の筆頭ビンドラバラダジャは「撫で仏」で有名な「びんづるさま」だという。へえ~!

賓度羅跋羅惰闍ビンドラバラダジャと言われただけじゃわからない。この人が「びんづるさま」だとわかったのはガイドの説明のおかげだ。

羅怙羅ラゴラは親の七光りと呼ばれないように必死に修行した釈迦の実の子だとか。へえ~!

Wikipediaには、釈迦が出家して5年後に生まれたと書いてあるが、計算が合わない。

ワンピースの鬼の子エースのように妊娠期間がやたらと長かったのか、もしくは我慢できなくてやっちゃったのか?

もしかしたらお釈迦様は親鸞さまのような人だったのかもしれないな。そもそも原始仏教ではアレが禁止じゃなかったのかもしれない。

バカボンのレレレのおじさんのモデルが十六羅漢の中にいると聞いたのがなにより驚いた。

「掃除」で悟りをひらいた注荼半吒迦チューラパンタカこそがレレレのおじさんのモデルだということだ。

釈迦の弟子中、もっとも愚かで頭の悪い人だったため、掃除のような簡単な仕事ばかりさせられていたが、掃除の中でも悟りを開いて阿羅漢になった人物なのだそうだ。へえ~!

そもそもバカボンは「薄伽梵(ばぎゃぼん)」が語源で、「悟りを開いた者」ブッダをあらわしているらしい。

本当にそこまで赤塚先生は考えていたのだろうか。考えすぎじゃないか?

赤塚不二夫の『これでいいのだ!!』人生相談で、赤塚先生の凄みは知っているが、いくらなんでも偶然の一致じゃないのか?

名セリフ「これでいいのだ」も仏教的な悟りの境地を表現したものだという人さえいた。過大評価しすぎじゃないか?

日本仏教界は偶像崇拝か
タイなどを旅してきた者として、日本の寺院に違和感を感じることがある。 それは阿弥陀如来や不動明王などの架空の仏像をやたらと拝むなあということだ。 お釈迦さまはイエス・キリストと同じで実在の人物であることを私たちは知っている。 ...
スポンサーリンク

バカボンはバガボンド。自由なさすらい人

私としてはバカボンはバガボンドに由来していると考えたい。

バガボンド=放浪者。漂泊者。ワンダラーズ。エグザイル。エクスプローラー。と同じ意味である。

一定の所にとどまるのを好まず、転々と渡り歩く者。

私のいうサンダルマンも同じだ。

旅行におすすめの靴はサンダル。サンダルは自由の象徴。
旅行に最適な靴はサンダルだと思います。サンダルは自由の象徴です。まるで海辺のビーチを行くように、サンダルでどこへでも行けます。 足首を固定したサンダルは、あなたをどこへでも連れて行ってくれます。軽々と、サンダル一足で、世界へと駆け出しましょう!

自由なバカボンのパパにピッタリではないか。

そう言えばバカボンのパパも、雪駄みたいなサンダルを履いていたのではないか。

ただ阿羅漢を眺めているだけでは、おっさんが十六人並んでいるだけであった。

ガイドの説明のおかげでこうして一編のコラムが書きあがるほどイメージの世界が広がったのである。

やっぱりガイドの話しはよく聞いた方がいい。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
お探しのものはありませんか
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました