インバウンド規制緩和

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仏像が撮影禁止の理由

紅葉の京都を旅してきた。

本当は仏像の写真をたくさん撮りたかったのだが、ほとんど撮影禁止である。

絵画のようにフラッシュストロボが絵の色を退化させるというのならまだ納得もしよう。

だったらフラッシュ撮影だけ禁止すればいいではないか。

実際ルーブル美術館などの西洋の美術館はノーフラッシュ、すなわちフラッシュ撮影は禁止だが、普通に撮影することは禁止されていない。

ミロのビーナスのような貴重なものを普通に撮影させてもらえるというのに、どうして仏像を撮ってはいけないのだろうか。

「仏像は信仰の対象であって、鑑賞の対象である美術品ではないからです」

もっともらしい理屈であるが、じゃあなんで金をとるんだ?

本当に衆生の救済の信仰の為ならば、無料開放するべきだろう。

実際に多くの神社は入場無料である。

それに比べると仏教寺院の拝観料というのはチケットからして美術館の入場チケットと同一のものである。

美術館だと思わなければ、京都の寺院の拝観料は高すぎる。

 

それに阿弥陀如来像を拝むのは縁なき衆生を浄土に導くための方便であって、仏像そのものは方便というのが本来の理屈ではないだろうか。そうでなければただの偶像崇拝である。

日本仏教界は偶像崇拝か
タイなどを旅してきた者として、日本の寺院に違和感を感じることがある。 それは阿弥陀如来や不動明王などの架空の仏像をやたらと拝むなあということだ。 お釈迦さまはイエス・キリストと同じで実在の人物であることを私たちは知っている。 ...

実際には写真を撮られてしまうと、ポスターや展示解説本などのギフトショップの売り上げが落ちてしまうからという財布からの要請ではないだろうか。

スポンサーリンク

外国の自由な風が日本の風土に風穴を開ける

そういうモヤモヤした気持ちでお寺の庭園を歩いていたら、そこにも「写真禁止」との貼り紙があった。

またここも撮影禁止かよ。

そう思ってガッカリしていたら、周囲の外国人たちが一切お構いなしに写真を撮りまくっていた。

「写真禁止」という漢字が白人さんには読めなかったのであろう。悪気はない。

いくら簡体字になったとはいえ中国人に「写真禁止」の文字が読めないはずはないが、、、たぶん悪気はない(汗)。

いや、そもそもなんで庭園の写真を撮ってはいけないのか、理由が分からない。

売店の売り上げ以外の明確な理由があるなら教えてもらいたい。

すくなくとも絵画の色がストロボ光で褪せるから、というようなもっともらしい理屈はなにもないはずだ。

お寺の人もあまりにも多くの外国人が写真を撮っているのでもう諦めていた。注意もしない。

そこに日本人の私も便乗して撮らせてもらった。

これをインバウンド規制緩和と呼ぼう。

フリーダムな彼らが日本を自由に開放してくれるのだ。

外国人に便乗して規制緩和してもらおう。

旅人が世界を変えることを私は望んでいる。

そして自分のその中の一人でありたい。

 

帰国子女です。応援よろしく
ポチっと応援してください
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました