アウトドアに向いた自動車

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

我々の愛車はホンダ・シャトルです。後部座席を倒すとフルフラットになるために、そこに布団を敷いて眠ることができます。目を閉じて寝てしまえば自宅と変わりません。

ほとんどホンダは後部座席で寝ることを想定して車を作ったのではないかと思えるほどに車中泊向きの素晴らしい車です。

初代のスバル・レガシイワゴンもそうでした。後部座席を倒すとフルフラットになるために、完全に横になって眠ることができます。車中泊を趣味にしていると、もはや横になって眠れる車以外、何の魅力も感じなくなってしまいました。軽のオープンカーなんかでサクサク走る人の気持ちがさっぱり理解できないのが車中泊族でしょうか。

スポンサーリンク

クルマは「横になって眠れる車」か「そうでないか」の二種類しかない

車中泊の旅をつづけていると、クルマは「横になって眠れる車」か「そうでないか」の二種類しかなく、「そうでない」クルマには全く興味が湧かなくなってしまいました。

キャンピングカーワンボックスのような大きな車、ステーションワゴンのような後部座席がフラットになるクルマ以外は全部「使えないクルマ」です。

セダン車の運転席を倒して眠る行為が飛行機でいうエコノミークラス席だとすれば、愛車シャトルの後部座席はファーストクラスをはるかに凌駕する大統領シートだと言えましょう。

どんな飛行機のファーストクラス席もフルフラットではありませんし、三回寝返りをうてるほど幅広ではありません。憧れのファーストクラスよりも極上のスペースがマイカーの後部座席ということになります。

飛行機のファーストクラスはジェットの轟音の中ですが、マイカーは波音を聞きながら眠ることができます。私は移動手段の中でこの世でもっとも快適なものは「新幹線」だと思っていますが、同じ理由で、眠るとなれば愛車シャトルの圧勝です。

購入する時も、クルマの販売員が呆れるほど、後部座席しかチェックしませんでした。足をまっすぐ伸ばせるか、敷布団を敷いた上で着替えができるぐらいの高さがあるか、そんなことばかりチェックしていました。ブレーキサポートシステムが付いているとか、残りの航続距離がわかるとかいう便利な機能よりも、後部座席の居住性ははるかに重要な要素だったのです。

それほど車中泊を念頭に置いて購入したクルマですが、使ってみるとそれでもいくらか「こうであったらいいのに」と思う箇所があります。こればかりは実際に運用してみないとわからないことでした。

今回、ゴールデンウイークの10日間、クルマで暮らすという日々を送ったわけですが、車中泊生活の中で感じた最新の車に対する提言をここに書き記します。

スポンサーリンク

エンジンをかけないと窓を開けることができない

まず、イロハとふたり、狭い車内の酸素を奪い合うので、酸欠で目が覚めます(笑)。

最初からすこし窓を開けて眠ればいいのでしょうが、眠る前には食事をしたりビールを飲んでいたりすることが多く、セキュリティと蚊の侵入を防ぎたい観点から窓は閉め切っています。

まあ普通、クルマを離れる時には窓は閉めるのが常識だと思います。

ところがクルマに戻ってきてそのまま眠ってしまうため、閉め切った車内で眠ることになり、やがて息苦しくなり、時々は換気をしなければなりません。こういう時、昔の安価な車の方が便利なのに、と思います。

知っていますか? 昔の安価な車はハンドルを手で回して、手動で窓を開けることができたのです。

しかし現在のスマートキーの車は、窓を開けるためには一度エンジンをかけなければなりません。それが非常に面倒なのです。どうしてかって?

寝るために、後部座席にあった荷物がすべて運転席と助手席のシートの上に山積みになっているからです。そのためブレーキを踏みながらエンジンスタートボタンを押すという行為ができないのです。

※追記(※読者からの指摘により、ブレーキを踏まなくてもエンジンスタートボタンを押すだけで窓が開くことがわかりましたが、ここで最も言いたかったことは「手動も悪くない」ということなのです)

しかたがないので、セキュリティ上問題がありますが、ドアを開けて換気することになります。

ところがここでもシャトルの独特の問題が発生します。

スポンサーリンク

内側からドアを開けようとすると、セキュリティアラームが鳴り響く

鍵をかけたままで、内側からドアを開けようとすると、セキュリティアラームが鳴り響きます。アラームといってもクルマのクラクションです。心臓が飛び上がるほど大きな音です。いやもうほんと勘弁してくれ。。。

いったい何のためにこんなアラームがついているのでしょうか。

どうやらスマートキー施錠して、スマートキーで開錠しなかった場合にアラームが鳴るようです。車上荒らし対策なのでしょうか。しかし(泥棒と同じように)鍵がない状態でドアを外から開けようとしてもアラームは鳴りません。(家族の)誰かが中にいる状態で、手でドアを開けようとすると、耳障りな警告音が鳴り響くのです。

はっきり言ってこんな警告音いりません。既にクルマの中にいる人は泥棒ではなく身内であり、身内が普通に外に出ようとすると警告音が鳴るなんて意味がわかりません。小さい子供対策でしょうか。熱中症になって死んじゃうから車内に子供を放置しないでください。

なにしろ車中泊です。昔のクルマの感覚でスマートキーを使わずにドアを開けてしまい、何度か警告音を鳴らしてしまいました。イベントなどでは車中泊も一マス一台でぎっしり停まっていますから、そんな中でクラクションが鳴ったらたまったものじゃありません。熟睡中のご近所に大迷惑ですし、なにしろ本人が一番驚きます。

使えない迷惑なだけの警告装置は取り外していただきたいものです。

スポンサーリンク

ドアを開けるとバックできない

最後に、最新のクルマ(ホンダ・シャトル)はドアを開けるとバックができません。運転席のドアを開け、半身を乗り出し、駐車スペースの白線を目視しつつ車体を合わせるということを長年続けてきたオールドタイプのドライバーからすると、この最新の機能は迷惑でしかありません。バックモニターのようなものを信用してバックするのはたいへん不安です。目視が一番です。

不慮の事故を起こしてはいけないと、セキュリティのためにわざわざ付けた機能だと思いますが、そのせいでバックが一苦労です。ありがた迷惑な機能が付いているものだ、といつも思います。ぜひ取り外してください。

そもそも、電子装置であまりにも人間の行動をケアするというのは、如何なものでしょうか。

トイレに入ると電気がパッと点いて、大便器のフタが自動で持ち上がるようなものです。なんだか不気味です。どこかで誰かが覗いているような気になります。トイレ盗撮されていてもおかしくないし、気づかないでしょう。そのうち勝手に大便の成分を分析して健康診断まで一緒にされるんじゃないかしら。

そこまでしてくれなくてもいいです。はっきり言って。

スピード違反で警察の取り締まりを受けた時、だったら法定速度以上にスピードがでるクルマをどうして売っているんだ、と文句を言いたくなったことはないでしょうか。

ヘッドライトのつけっぱなしでバッテリーが上がってしまった時、エンジンを切ったらヘッドライトも一緒に切れてくれればいいのに、と思ったことはありませんか?

そういうことは昔のままなのに、最近では、シートベルトを締めないとクルマが動かない車種もあるのだそうです。

シートベルトは外したい時もあるんですよ。ドライバーは。

ドアを開けてバックしたい人もいるのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました