サンダルは自由の象徴。旅行におすすめのサンダル

MY FAVORITE
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

海外を放浪した旅人として、学んだことはたくさんありますが、自由な旅人はだいたい短パンにサンダルでした。

サンダルこそ自由の象徴。

ハンドルネームのサンダルマン・ハルトというのも、サンダルに対する偏愛からの命名です。

東南アジアの安宿街をウロウロしていると、ほとんどすべての旅人はサンダル履きです。

私にとってサンダルとは自由の象徴なのです。

走れるし、くつろげたら、最高のシューズではありませんか。

このページでは、サンダルに対する愛情を熱く語っているページです。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。ボストンマラソン、ニューヨークシティマラソン、バンクーバーマラソン、ユングフラウマラソン、ロトルアニュージーランドマラソン、ニューカレドニアヌメアマラソン、ホノルルマラソンなど海外マラソン歴も豊富。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

夢は海外移住。希望移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

サンダルは自由の象徴

朝から琵琶湖湖畔にいます。
風光明媚の中で目覚めて、朝コーヒーに散歩。
これも車中泊の特権です。

琵琶湖は比叡山をはさんで京都の反対側にあります。
ひじょうに都会化されていて河口湖や山中湖のようなリゾート感はないと感じました。
地元の江戸川に近いものを感じます。
水辺空間であるが、リゾート感はないですね。

紅葉の京都を金戒光明寺から真如堂まで散歩しました。

もしかしてここは紅葉のメッカ

本来緑色であるはずの木々が真っ赤になるぐらいであるから、肌寒い季節です。

海外を放浪した旅人として、学んだことはたくさんありますが、自由な旅人はだいたい短パンにサンダルでした。

うわっ面だけしか見ていない、とあなたは眉をひそめるかもしれません。

しかし魂がスタイルに表れると私は思っています。

自由とは短パンにサンダルのこと。

このスタイルを日本でも貫きたいと私は思っています。

諸外国で見た自由人の暮らしを、日本でも実践できないものか。

1970年代のヒッピーだったら、長髪やドラッグを自由の象徴にしたのかもしれません。

私にとっての自由の象徴はサンダルと短パンです。

夏は問題ありません。

不自由な生き方をしている人に、裸足サンダル姿をじっと見られることもあります。

あんたも自由になんなはれ!

とくに指先を自由にすると、シューズ履きとは全然気分が違いますよ。

問題は冬です。

日本の冬はサンダルで過ごすには寒すぎます。

北陸・東北の豪雪地帯では雪に覆われて家に閉じ込められてしまいます。

やはりサンダル履きをやめるしかない時、人は不自由です。

スポンサーリンク

サンダルの修行僧。サンダルの旅人

京都の修行僧もサンダル履きでした。

雲水さんとも呼ばれる自由なやつらは、サンダルマンです。

サンダルは自由の象徴なのだ。

その後、思い出の先斗町でお酒を飲みました。

私が妻イロハにプロポーズしたのは、先斗町の川床でベロベロに酔っぱらっていた時でした。
月が美しい夜でした。

その鴨川の川床は秋にはもう撤去されています。

納涼床ともいう川床は夏の間しか開設されていないのです。

川床がないと座席数が半分になってしまうような小さなお店です。

座席数が半分になってしまうというのは営業を直撃するでしょう。

「ずっと夏だったらいいのに」と経営者は思っているはずだと思います。

おれも「ずっと夏だったらいいのに」と思っている一人だ。

冬というのは、寒い、それだけで自由ではありません。

日本人が突き抜けて遊び人になりきれないのは、冬があるせいではないかと思います。

楽しんで生きようという熱情が、冬の寒さで冷えてしまうからです。

先斗町の暗くて狭い道を三条大橋まで歩きました。

ここは日本橋にはじまり京三条に終わる東海道の終点です。

伝説の徒歩旅行者である弥次さん喜多さんの銅像が飾られてありました。

弥次さん喜多さんも、もちろん自由な旅人です。

わらじというのはサンダルです。

サンダルマンの旅人です。

サンダルこそ自由の象徴。

だから彼らはサンダルなのです。

サンダル教の偉大な教祖たちなのです。

スポンサーリンク

旅行におすすめのサンダル3選

名著『Born to Run』で有名になった「走れるサンダル」ですが、みなさん持っていますか?

私は何足も走れるサンダルを持っています。

サンダルは走るときだけでなく、日常から使い倒しています。

東南アジア旅行などは、サンダル一足しかもっていきません。

旅行におすすめのサンダルも実はこのタイプ。
走れるサンダルが向いています。

特徴は足首が固定されていること。

いわゆるビーサンのようなサンダルは、足首がブラブラな分、運動効率が悪く、たくさん歩く旅行には向いていません。

旅行に向いているサンダルをいくつかご紹介します。

ルナ・サンダル

名著『Born to Run』の登場人物「マヌエル・ルナ」から「ベアフット・テッド」がワラーチ(サンダル)を教わったことからルナ・サンダルと命名されたこのサンダルは、もはや伝説です。

足首が固定されているのがわかるでしょうか。このタイプは旅に最適です。

テバ・サンダル

名著『Born to Run』の登場人物カバーヨ・ブランコ」が履いていたのがテバのサンダルです。

まさに自由の象徴。雨だまりだろうが、泥の道だろうが気にせず歩けます。

ホテルに戻ったら裸足の足を洗えばいいのです。

昔の旅人は旅装を解くときに足を洗っていました。

その伝統をよみがえらせましょう。

KEEN(キーン)サンダル

ルナサンダルもテバサンダルもあまりにも足が剥き出しだと思う方にはキーンをおすすめします。

キーンはビーサンみたいなワラーチにくらべると、比較的ちゃんとしたサンダルです。

キーンのサンダルなら海辺のレストランのドレスコードにも引っかからないでしょう。

街中を歩いていても恥ずかしくありません。

旅行に最適な一足です。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(旅にはサンダルが最高)

 

海外諸国を放浪した旅人として、旅行に最適な靴はサンダルだと確信しています。

旅は自由でなければなりません。

そしてサンダルは自由の象徴です。

まるで海辺のビーチを行くように、サンダルでどこへでも行けます。

旅にはサンダル。

サンダルならば勇気凛凛です。

足首を固定したサンダルは、あなたをどこへでも連れて行ってくれます。

軽々と、サンダル一足で、世界へと駆け出しましょう!

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
MY FAVORITE
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました