【note】再編集した場合、再びハッシュタグの追加が必要

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

みなさん、note は使っていますか?

noteでテキストや画像を追加(再編集)したら、最初に投稿した時のハッシュタグが消えています。

一番最初に投稿した時にハッシュタグをつけたから、再編集の時にはもうハッシュタグを書き加える必要はないのでしょうか?

それとも再編集、再投稿した場合も、再度ハッシュタグの追加が必要なのでしょうか?

ググってみたのですが「note株式会社」(運営者)の明確な答えはありませんでした。

結局、どうやらテキストや画像を追加(再編集)した場合、もう一度、ハッシュタグを書き加える必要がありそうです。

本記事の構成は、noteのかんたんな解説、再編集した場合の問題、「note株式会社」(運営者)に望むこと、の3本立てとなります。

スポンサーリンク

noteとは何か?

note というのは、ブログサービスのようなプラットフォームで、テキストや写真をネット上にアップすることができます。

一般的なブログサービスと違うのは「クリエーターを応援する」ことを強く打ち出しているところです。

クリエイト作品を世に問う場として整備されています。

テキスト、画像、音声、動画など自分の作品に自分で値段をつけて売り出すことができます。

「ただの日記」「ウェブのログ」の場合は、従来のブログサービスを利用した方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

再編集した場合の問題点

妻イロハは写真コンテストで入賞したことがあります。

その妻が撮影した海外の写真をnoteで販売することにしました。

楽園パタヤ|アリクラ・ハルト|note
楽園パタヤ

しかし写真のストックが膨大であるため、写真集(完成版)のようなものを一気に販売することができません。

編集(チェック)の終わった写真から随時アップしていくしかない状況です。

みなさんの中にも同じような状況の方がいるのではないでしょうか。

すると写真を追加するときに困ったことが生じました。

【編集】ボタンを押して【画像を追加】したのち【投稿】ボタンを押して写真の追加は完了なのですが、最初に投稿した際のハッシュタグが消えています。

「ハッシュタグ」とは「#(半角のシャープ)」に検索ワードをつけることで、自分の作品を検索して見つけてもらいやすくするための仕組みです。

当サイトの場合だと、

#ランニング #アウトドア #車中泊 #放浪

のように使います。

さてnoteを編集して再度投稿する際に迷ったのは、当初投稿でハッシュタグは書き込んでいるのだから、再編集(追加)した際は、同じハッシュタグを書き込む必要はないのか? ということでした。

運営者である「note株式会社」は、noteの使い方を非常に丁寧に解説してくれているのですが、この再編集再ハッシュタグ問題についての解説はありませんでした。

note ――つくる、つながる、とどける。
クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

自分の作品をできるだけ多くの人に見つけてもらいたいと思ったら、編集して再投稿した場合はもう一度ハッシュタグを書き込んだ方がいいということがわかりました。

スポンサーリンク

「note株式会社」(運営者)に望むこと

できるだけたくさんの人に見つけてもらいたい気持ちがまさって、なかにはハッシュタグを10個以上もつける人がいます。

ところが、noteではたった一枚の画像を追加しただけで再投稿の扱いとなり、はじめからハッシュタグを入れなおさなければなりません。

知恵を絞って設定した10個以上の検索ワード(ハッシュタグ)をもう一度書き込まなければならないとなると、これはたいへんな手間です。

そこが不便なのに加えて、再編集・再投稿する場合にはTwitter等SNSで拡散するという機能は使えません。

これでは不便のダブルパンチです。

「note株式会社」(運営者)はコンテンツを編集した場合は、当初投稿時のハッシュタグの内容を引き継ぐようなデフォルト設定にしていただきたいものです。

そして再投稿の時にもSNS拡散ボタンが機能するようにしていただきたいと願っています。

「note株式会社」はクリエイターファーストの姿勢を貫いており、私は高く評価しています。

しかしクリエイターというものは、推敲(再編集)するイキモノではないでしょうか?

だとすれば、現状の機能では不便です。

現在のところは、noteで収益を目指そうという場合、編集したら面倒でももう一度ハッシュタグを書き込む以外にはありません。

コンテンツを充実させようとするあまりに画像を追加したら、ハッシュタグが消えて誰も見てくれなくなったのでは悲しすぎます。

私の場合は、ハッシュタグなしで無料で公開して画像を追加しつつ、写真集(完成版)ができあがった段階で有料にしてハッシュタグを書き加えることにしています。

スポンサーリンク

まとめ

noteの再編集再ハッシュタグ問題について他に誰も解説している人がいなかったのでまとめました。

noteを編集した場合はハッシュタグが消えていますから、再投稿前に再びハッシュタグをつけることが必要です。

たいへんですが、作品というのは多くの人に見られてナンボだと私は思います。

面倒がらずにハッシュタグを打ち込みましょう。

そして「note株式会社」(運営者)さまには、当初投稿のハッシュタグを編集の時にも引き継ぐ仕様にしていただきたいと切に要望する次第です。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました