コンピューターの世界で漢字を使わない理由

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

スポンサーリンク

日本語表記はだんだん原音に近づいている

ハルト「おおいダイ。うちのパソコンが、ビールスに感染しちゃって動かないんだ。どうにか直してくれ!」

ダイ「ビールスって何?」Σ(゚д゚lll)

ビールスというのはウィルスのことです。

現在はだいたいコンピューター・ウィルスと表記されることがほとんどですが、一昔前はコンピューター・ビールスと表記されたものもあります。

表記というのは、だんだん元の発音に近づいていきます。

アメリカ西海岸の都市「Los Angels」をどう筆記しますか?

「ロサンゼルス」と書けばいいのか「ロス・アンゼルス」と書けばいいのか、「ロサンジェルス」と書けばいいのか。

ハルト「だいたいパソコン用語は、全部英語だからわからんのだ。

記憶装置と言えば誰でもわかるのに、どうしてドライブとか言うんだ? どこにドライブするんだっつーの?

あれあれ。ハルトはどうやらコンピューターが苦手のようです。

昔は福沢諭吉夏目漱石のような一部の教養人しか外国に行けなかったから、彼らが自著の中で漢字の翻訳語をつけてくれたのです。

だから英語がそのまま入ってこなかった。教養人の和訳した言葉が庶民の間にひろがったのです。

しかし今は誰でも海外に行けます。

そして海外の文化をインターネットでそのまま発信しています。

それゆえ和訳した言葉が付かないのです。

国費留学生じゃないんですから、和訳するほどの漢字の素質もないし、そんな権限もありません。

だから言葉がそのまま伝わるのです。

スポンサーリンク

大衆の時代だから和訳できない。

インターネットによって、素人が翻訳することなく言葉をそのまま外国から持ってくるので、これからの言葉はますます混然一体となっていくことでしょう。

発明者、命名者の言葉が、そのまま流通するようになります。

ハルトは「パソコンのドライブのことを記憶装置と呼べ」と言っていましたが、ハードディスクも、メモリーも、ストレージも、まあいちおう記憶装置を訳すことができます。情報保存用機械と呼んだっていいわけですが。

どう命名するかは、人によって違ってきます。

記憶領域と訳す人もいるかも?

それぞれが勝手にいろいろな言い方(和訳)をしたら、icloudのようなストレージのことなのか、ハードディスクのことなのか、わからなくなってしまいます。

「記憶装置」じゃ何いってるのかわかんねえよ、ってことになってしまうのです。

一つのものに対して、一つの名前』じゃないと、同じ認識ができなくて、混乱してしまいます。

スポンサーリンク

発明した人の命名が、世界語になる

じゃあ、どうすればいいのか?

結局、発明者がそれを何と呼んだのか。そこに行きつくのだと思います。

駅伝ekidenだとか、過労死karosiだとかも、国際語だと聞きます。

お好み焼きokonomiyaki等も今後もそのまま流通するでしょう。

幾通りにも訳せますから、決定版が出てこないのです。

結局、元の言葉を使うしかありません。

未来の単語は世界共通になっていきます。

そして最初に発明した人の命名が、世界語になるでしょう。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
このブログ著者の書籍
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 「アトムのジェット走法」「ハサミは両方に開かれる走法」「踵落としを効果的に決める走法」「動的バランス走法」「ヤジロベエ走法」「ヘルメスの靴」「逆くの字走法」「ばあちゃん走法」等々。 言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 「今、走っていない人を、走らせることができるか?」を執筆に関しては意識しました。 上級者にも、これから走りだそうとしている初心者にも、役に立つ内容となっています。 ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。 作品には魂を込めました。ぜひお読みいただきたいと思っています。
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 「アトムのジェット走法」「ハサミは両方に開かれる走法」「踵落としを効果的に決める走法」「動的バランス走法」「ヤジロベエ走法」「ヘルメスの靴」「逆くの字走法」「ばあちゃん走法」等々。 言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 「今、走っていない人を、走らせることができるか?」を執筆に関しては意識しました。 上級者にも、これから走りだそうとしている初心者にも、役に立つ内容となっています。 ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。 作品には魂を込めました。ぜひお読みいただきたいと思っています。
【この記事を書いている人】

アリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました