人生を変えた本『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』

MY FAVORITE
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

人それぞれ人生があり、人それぞれに人生を変えた恩師や友人や本があると思います。

ここでは私の人生を変えた一冊ロルフ・ポッツ著『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』について述べています。

放浪という生き方を私に教えてくれ決定的な本でした。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

【書評】ロルフ・ポッツ著『旅に出ろ!』ヴァガボンディング・ガイド

自分の人生を変えた本を一冊だけ教えてと言われたら『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』

(ロルフ・ポッツ著)をあげるだろう。

ヴィレッジヴァンガードという遊べる本屋(セレクトショップ)の旅系の本を集めた書棚で偶然出会った書物である。

それまでも沢木耕太郎『深夜特急』など旅の本は読んでいたが、この『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』は私の旅に決定的な影響をあたえた。

スポンサーリンク

監訳者ロバート・ハリス

前書きからシビレル本である。

前書きを書いているのは監訳者ロバート・ハリス

のちに私はロバート・ハリスにも熱中することになるが、この本で初めて知った人物である。

「この本を自分が書かなかったっことを悔しいとさえ思っている」

と『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』はロバート・ハリスに言わしめている。

この本を読んで、私は旅=人生と決定的に考えるようになった。

そして団体ツアーの観光客ではなくなった。

放浪のバックパッカーとなったのである。

そして人生の旅人になった。

バックパッカーのスタイルでこの人生を冒険に満ちたものにしようと決めた。

スポンサーリンク

時間はお金で買うものではない

この本はいわゆる旅行のガイドブックではない。旅行の哲学書である。

それゆえその哲学を表明した冒頭こそが私の人生に最も影響をあたえた部分だ。

なぜ旅に出るのか、なぜ旅に出ないのか、というチョイスの問題。金がなくちゃ旅はできない、無限の時間がなければ放浪はできないという神話、迷信について、『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』はまず最初に答える。

長旅をするのに、年齢やイデオロギーや収入といったものはいっさい関係ない。問題なのは個人の考え方なのだ、と。放浪とは勇気をもっていわゆる安定した日常を手放すことだ、と。

言葉の通じない世界。バスひとつ乗り方がわからない未知の世界で、見たこともない人たちに、見たこともないお金を支払う時、小学生の子どもに自分が戻ったような気持になる。これまでの地位や経験は一切通用しない。

無力な子どもに戻って、もう一度、人生をやりなおしているかのようだ。

あの時の感動がよみがえってくる。

それが放浪である。

旅に出る人生を選ぶと、世界に目を向けて経験を重ね、自分が抱える様々な恐れと直面し、惰性の輪を脱し、人々や場所に新たな魅力を見出す。

放浪とはひとつの生きる態度なのである。

スポンサーリンク

サラリーマン終身雇用は「人生の絶対ルール」ではない

サラリーマンの子に生まれ、他の生き方を知らないと、自分もサラリーマン生活を定年退職するまで終身雇用をまっとうすることが唯一無二の生き方であるかのように思い込んでしまう。

しかしそうではないのだ。

『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』はそれを強く、強く教えてくれる。

有給休暇の法案が成立されるのを待っている必要はない。

個人の自由を得るのに昔から使われている「辞める」という方法を利用すればいい、と本書はいう。

そしてそれは人生を捨てたことにはならないのだ。

仕事をやめるという行為はあきらめることではなく、次に進むことを意味している。自分の夢に向かって進み続けるための大切な進路の修正なのである。

旅の過程に自分のキャリアを組み込んで、その時々で仕事と旅を交互に楽しみながら生きるという生き方もある。

日本人が思っているほど終身雇用制は人生のルールではない。

外国人はびっくりするほど異業種に簡単に転職するものだ。

弁護士がタクシー運転手になるような日本だと考えられないような転職が世界にありふれている。

農家のことを百姓というが、そもそも百姓というのは自分の力で生きていく、サラリーマンではない人たちのことである。
百姓とは百の姓という意味であり、姓が違うとは別人のことであり、別の職業をもつという意味である。

コメ作りだけではなく、家を建て、道具をつくり、みそや詰め物をつくって、囲炉裏に薪をくべて、副業で草鞋を編んだり何もかも百の仕事を自分でやったのだ。
現在は葬儀屋に丸投げすることも自分でやったのだ。

そうやって自分の力で生き抜いてきた。だから百の仕事(姓)をやる百姓と呼ばれたのである。

そちらの方が人間本来の生き方なのだ。

他人が作った製品の営業だからつまらないのである。

せめて自分の作った製品だったら営業だって楽しいだろうに。

スポンサーリンク

放浪とは、時間と自由を手に取り戻すための生き方

そんな考え方では貧乏ぐらしをするだけだ、との反論にも本書は答えている。

貧しくなる? では豊かさとはいったい何なのか? と。

貧しくても問題はない、それに対処するのが放浪の生き方だと本書はいう。

黄金の時代を自分を殺して金を稼ぐことに費やし、錆びた鉄の時代に時間を持てあます生き方を「すこし違うなあ」と思うことはないだろうか?

若い時代は金じゃ買えない。

そう思う人がいたら『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』を読むといい。

ひとつの生き方が示されている。それが放浪という生き方である。

仕事はあくまでも自分が関心を持つことのためにするものであって、生きがいと無関係なところで我慢してするものではないと決意することだ。そうすることで生き方、考え方が変わる。

それを可能にするのが放浪という生き方である。

放浪とは、今、若い時の時間こそ貴重であり、その時間を無為にするな、という思想である。

時間を無駄にするなということは、束縛を脱し自由になれ、ということである。

旅を実現させるためには自由を得なければならない。

自由への過程で、考え方、生き方を変えていくのである。

金を持っているからといって必ずしも豊かであるとは限らない。

充実した人生に必要なのは「時間」なのだ。

人生の価値を自ら創造するために、お金ではなく時間だけは気前よく贅沢に使おう。

その「時間」を生み出すためには、ただたんに生活のリズムを変えて、ゆっくり世界を歩いてみればいい。

我々は、社会から、自分が望んだ人生を過ごすことよりも、人生で成功することを日常の中で強いられている。

でもその成功とは、必ずしも子供の頃の自分が望んだ生き方ではないかもしれない。

社会で成功することを思うよりも、人生はゲームだ、と気持ちを切り替えることが、放浪の生き方を可能にする。

スポンサーリンク

充実した人生に必要なのは「時間」

人間の魂が真に必要としているものを買うのにお金はまったく必要でない。

社会に踏みつけにされたドロップアウトたちでさえ金持ちが持っていないもの——時間——を持っている。

金を持っているからといって必ずしも豊かであるとは限らない。

充実した人生に必要なのは「時間」なのだ。

ぼくらは誰もが当たりくじを持っている。当たりくじを換金する方法は……たとえば仕事をやめることだ。

時間こそが唯一の所有物であり、その時間の中では誰もが平等に豊かな存在である。

スポンサーリンク

他人の目は気にしない。自分の気持ちから目をそらさない

友人や家族は、どんどん自由になっていくあなたを前にして、まるで自分の行き方を批判されているように感じる者も出てくるかもしれない。あなたが獲得した新たな世界観を目の当たりにして、彼らは人生そのものに対する自分の考え方に疑問を抱きはじめるか、あるいは少なくとも新しい光の中でそれらを考えざるを得ず、無責任だとか身勝手だとかいう言葉であなたの行為を片づけようとするかもしれない。

好きなように言わせておく他ない。放浪の旅はあくまでも個人的な行為であって、その目的は他人との比較ではなくただ自分のみを見つめて人生を向上させることにあるのだ。

もし旅なんてバカげていると周りの人にいわれても、相手を説得しようと時間を無駄にする必要は全くない。

放浪の旅があたえてくれる限りない経験の中で自分の人生がどれだけ豊かになったのかをただ無言で証明してみせれば、それがいちばんの答えになる。

スポンサーリンク

質素なスタンスでいれば人生は豊かになっていく

ただところどころで贅沢を我慢するだけで、自由という果てしない泉の中で旅を続けていられたのだ。

質素なスタンスは旅の資金を貯めたり節約したりするのに役立つし、それで時間さえも買うことができるのだ。

消費社会の要請に従い消費行動に駆られて必要以上のモノを持つことで、自由気ままな状態ではなくなる。

我々はモノに縛られて自由を失うのだ。

だからとにかくものを減らす!

質素なスタンスでいれば人生は豊かになっていく。

普段の生活でも旅の途中でも、何事も質素なスタンスで臨めば、そこにはあまりある自由な時間がもたらされ、僕らは普段見過ごされがちなものの中にけっして値段のつけられない新たな意味を、つまり人生そのものを見出すことができだろう。

スポンサーリンク

ぼくらが旅に出る理由

こうして私は放浪の旅人になった。

放浪というのは生きる姿勢のことだ。

そもそも大荷物を背負って放浪の旅はできない。

生きていく最低限のものしか持ち運べないのが放浪の生き方だ。

もちろん不足、不快なことも多いだろう。

不足を楽しめるようになれば、お金をかけたよりも貧乏旅行の方が楽しくなる。

不快を冒険だと思えるようになれば、お金をかけたよりも貧乏旅行の方が楽しくなる。

お金をかけずに、お金をかけた以上のものを手に入れるのが放浪の生き方である。

スポンサーリンク

どこに行こうと、何が変わろうと、そこにはおれがいる

旅をすると、日常が変わる。景色が変わる。人が変わる。言葉が変わる。通貨が変わる。常識が変わる。

ルーティーンが変わる。ありとあらゆるものが変わる。

しかしいくら旅に時間を費やしたところで、自分と向き合うことに時間を費やさなければ何の意味もない。

どれだけ変わってもそれに対処するのは自分しかない。

どこに行こうと、何が変わろうと、そこにはおれがいる。

これは言葉ではない。生き方である。

スポンサーリンク

✖✖は伝説の剣を手に入れた。(まとめ)

『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』は一般の書店ではなかなか入手困難なレア本です。

読んでみたい人にはネット通販をおすすめします。

ページ冒頭でも述べたように、この本は私の人生を変えた本の筆頭です。

ハルトはレベルが上がった、ではなく、ハルトは伝説の剣を手に入れた、ぐらいのレベルアップを果たしたのが、『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』との出会いでした。

作者のロルフ・ポッツの本をもっと読んでみたいと思いましたが、日本語に訳された他の著作はないようです。

その代わりに私は監訳者ロバート・ハリスにはまっていったのです。

尊敬する先輩旅人のひとりです。

ロバート・ハリスの監訳だったからこそ『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』は私の人生そのものを変えてくれたのかもしれない。

電子図書で読書しましょう。

kindle unlimitedは、電子書籍kindleキンドルを利用した和書12万冊、洋書120万冊以上の読み放題サービスです。

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。
著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
MY FAVORITE
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました