コロナ禍の緊急事態宣言と、戦時下の挙国一致体制を比較して「戦争反対」を叫ぶ

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

このページでは新型コロナウィルスの「緊急事態宣言」の中、周囲からのマスク着用への同調圧力を通して、太平洋戦争戦時下で「戦争反対」を訴えることは難しかっただろうなあ、という話しをしています。

コロナ禍の緊急事態宣言と、戦時下の挙国一致体制を比較して批判しています。

何か「考えるヒント」になればさいわいです。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

 

新型コロナウィルスの緊急事態宣言が出されています。わたしは千葉県在住なのでまさに対象者です。道行く人がみんなマスクをしています。スーパーマーケットのような室内空間だともうマスクをしていない人はいないといってもいいでしょう。

なんというか……ものすごい同調圧力を感じます。

「ステイホーム? こちとら外を走るために生まれたんだ」「ランニング中にマスクなんかすっかよ。息苦しいわ!」というコラムを書いているわたしですら、入店するときはおとなしく同調圧力に従っています。

【ランニングマン宣言】すべての国ぐにのランナーよ、団結せよ!
専門家に「生きていることにリスクはないのか」と聞いたら、やはり「生きていくことにはリスクがある」と答えるだろう。リスクがあるのはあたりまえじゃないか。外出自粛をすればそれでいいのか? おれたちは、ただ生きたいのではない、よく生きたいのである。

もうマスクなしには室内店舗には入れない……という感じです。

なんだか異様な感じ……。

全員がマスクマンという異様な町の姿を見てわたしが思いだすのは、太平洋戦争の戦時下のことです。あの時代、挙国一致の戦時体制下で「戦争反対」を叫ぶことは、そうとう難しかっただろうなあ、ということです。

今、えらそうにして発言している人でも、あの時代に「戦争反対」の声を上げることは、ほとんどの人にはできないだろうと思います。

新型コロナ禍のマスク着用なんて、そもそも強制力はありませんし、注意されたら「あっ、忘れちゃった」とボケをかましてポケットから取り出したマスクをその場で着用すれば、それで終わりです。しょっ引かれることもありません。

しかし戦時下の挙国一致体制では「国家総動員法」という強制力がありましたし、特別高等警察特高)などによって拉致され拷問されるようなことが普通に行われていました。「二度と発言できないようにする」ってことが国家の暗黙の了解のもとに行われていたのです。

コロナ禍の場合は、自分が被害者だか加害者だかわからないところがあって、他人にそれほど強く当たれませんが、戦争の場合は肉親が兵隊に行っている人に「アメリカに勝てるわけがない。この戦争は負ける。戦争反対」なんていったらヒステリックに猛反撃されたことでしょう。犠牲を払った被害者であることははっきりしていますから、立場が明確です。家族の犠牲を評価してくれるのは、国家の挙国一致体制そのものでしたから、国家権力という強力な後ろ盾を得て、さぞや大きな顔をしていただろうと思います。戦争に負けるまでは。

このエピソードが最悪なのは「アメリカに勝てるわけがない。この戦争は負ける。戦争反対」と主張する人の多くが、より真剣に日本のことを考えていた人たちだったということです。実際に日本は原子爆弾を落とされて300万人以上が死んだのです。

戦争はするべきではありませんでした。日本の将来のことをより真剣に考えて発言していた人たちを、感情論だけの付和雷同の大衆が国家権力をバックに叩いて言論封殺した時代でした。

新型コロナウィルスの緊急事態宣言の場合は、真に日本のことを考えれば「今はマスクをしましょう」ということでいいのだと思います。戦時下の挙国一致体制とはここが違います。「ものの道理がわかった良心的な人」が戦時下では少数派で叩かれる側でした。しかしコロナ禍では多数派です。

しかし多数派だからといって……われに正義があれば、反対者は叩き潰してもいいのでしょうか。

コロナ禍でマスクをしない人を叩く風潮があります。この同調圧力は「戦争反対」を叫べない戦時下にとても似ていると思いませんか?

乗客がマスクをしないことで飛行機が緊急着陸したりとか、マスクから鼻を出した受験生が失格になったりとか、マスクをめぐって全国でトラブルが発生しています。

乗客も、受験生も「管理者・監督者の指示に従わない」ことが原因で罰せられるのなら理解できます。しかしノーマスクが原因なのだとしたら、ちとやりすぎではないでしょうか。他の乗客や受験生はマスクをつけたまま食事をするのでしょうか? そもそも三密じゃないか今さら何を言う、という議論も成り立ちそうです。

歯医者で治療が終わったら即座にマスクをしないといけませんか? さっきまで大口開いていたのに?

マスクをするぐらい大した手間じゃないじゃないか。みんなやっているじゃないか。という理屈はわかります。

しかし……わたしはいついかなるときでも戦争反対を叫べる世の中であってほしいと思っています。

中国が尖閣諸島に、韓国が竹島に手出しをしてきていますが、小さな火種から導火線に火がついてもし戦争になったらどうしますか? そのときわたしは「戦争反対」を叫びますって? 緊急事態宣言下で「マスクなんかすっかよ」と叫べないあなたが!? そんなの無理に決まっているじゃないですか。

全員が同じ方向を向く、とか、挙国一致とか、そういうのはそれだけでどこかおかしいと感じなければなりません。

わたしは地球温暖化に賛成なのですが、わたし自身はミニマリストで、もっともサステナブルな生き方をしている人間です。わたしの「地球温暖化賛成」を批判する人がいたら「地球温暖化が悪ならば、あなたの方がわたしよりもずっと悪人だ」といってやろうと思っています。

わたしは今日もノーマスクでランニングをしてきました。ひとりぼっちのランニングです。周囲には誰もいません。いったい誰にどう感染させてしまうのか、具体的に言ってもらいたいものです。そんなわたしをもしノーマスクでランニングするなと批判する人がいたら「あなたの生活スタイルを教えてください。感染症を媒介しているのは、わたしよりもむしろあなただ」と言ってやろうと思っています。

コロナ禍でそれぐらいのことが言えないようでは、必要な時に「戦争反対」を叫べません。

戦時下の挙国一致体制の中で「アメリカに勝てるわけがない。この戦争は負ける。戦争反対」といえた人は、本当に勇気のある人たちだったのだなあと尊敬します。わたしは戦時下のことを知りませんが、コロナ禍を知る者として、その同調圧力にあらがうことがどれほど困難なことか身に染みて感じているからです。

全員が同じ方向を向く、とか、挙国一致とか、そういうのはそれだけでどこかおかしいと感じる感受性をどこかに残しておきたいものだとわたしは感じています。

みなさんはどう思いますか?

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました