【ランニングマン宣言】すべての国ぐにのランナーよ、団結せよ!

MY FAVORITE
スポンサーリンク

新型コロナウイルスコビット19の影響で、なにごとも自粛、自粛ということになっている。

すると河川敷や公園をマスクをつけずにジョギングするランナーに対しても、その行為は許されるのか? と疑問を抱く人がいるようだ。

ランニング中は深い呼吸をしているから、すれちがった時に感染のリスクがある。

マスクをつけるとかつけないではなく、みんな外出自粛してステイホームしているのだから、そもそも走るのをやめろ、との同調圧力がランナーたちにかかっているのだ。

感染症の専門家に「マスクなしのランニングに感染リスクはないのか」と聞いたら「リスクはある」という返答だったということがランニング自粛論の論拠となっている。

だが専門家はこんなとき、リスクはある、と答えるに決まっているのだ。

間違ったことは言えないのだから、可能性がある、と言っておけば責任逃れができる。保身の論客だ。

同じ研究者に「マスクをつけて走ればノーリスクなのか」と聞いたら「リスクはある」と答えるだろう。

「散歩はノーリスクなのか」と聞いたら「リスクはある」と答えるだろう。

「生きていることにリスクはないのか」と聞いたら、やはり「生きていくことにはリスクがある」と答えるだろう。

「リスクがある」と言っているだけなのだ。そんな論拠の議論は容認できない。

満員電車を放置しておきながら、アスファルト道路をぽつねんと走るランニングをやめさせようなんてちゃんちゃらおかしいぜ。

外出自粛をすればそれでいいのか?

おれたちは、ただ生きたいのではない、よく生きたいのである。

おれたちランナーにとって走ることは生きることなのだ。

スポンサーリンク

ランニングマン宣言

ランニングマンは、マスクで鼻と口をひた隠しにすることを鼻で笑って拒否する。

ランニングマンは、ランニングハイの恍惚に全身を満たし、生きるよろこびに満ち溢れ、いつか走れなくなるその日まで、生きることは走ることだと公言する。

ランナーが新型コロナウィルスで失うものはなにもない。

ランナーは自由を手にするのだ。

すべての国ぐにのランナーよ、団結せよ!

サンダルマン・ハルト

2020.5.4

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
MY FAVORITE
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました