トレイルランニングシューズの各部名称

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

トレイルランニングは山を走るスポーツです。山の天気は変わりやすく、また路面状況がひとつとして同じ状態のことはないので、転倒してケガを負うリスクはアスファルトのランニングの比ではありません。

そのためにロードのマラソンにくらべて、トレランははるかに装備にこだわるスポーツです。

ところが初心者にはこの装備がわかりにくいことも多いかと思います。

このページでは、トレラン装備の名称などについて解説しています。

トレイルランニング哲学「おとなの障害物競争」
山の中で、人はか弱い存在です。人間の中でしか生存できない自分を知って、ありがたみを実感して町に戻っていく。都市の中では感じられない感覚を噛みしめるかもしれません。 そして大いなる自然こそが神だと感じるかもしれません。
スポンサーリンク

トレイルランニングシューズの各部名称

トレイルランニングシューズというのは、このような靴です。シルエットは登山靴よりもランニングシューズ寄りですが、ソール(靴底)のゴツゴツ具合は登山靴よりです。

アッパー(足の甲を覆うシューズの上の部分)がゴアテックスでできているなど、素材も登山靴よりのシューズです。

靴の裏(アウトソールといいます)を見てみましょう。滑らないための出っ張り(スパイクのような突起)があると思います。この出っ張りをシューズのラグといい、ラグの織りなす模様をソールパターンといいます。

ソールのグリップ力を得られないと、滑って足で踏ん張ることになるので、その分、足が疲労します。

またトレランシューズは木の枝や階段などにアッパーを引っ掛けることもあり、アッパー素材が強靭(耐摩耗性がある)でないとすぐに使いものにならなくなってしまいます。これをシューズの剛性といいます。

斜面などで滑ったときサイズがあっていないシューズを履いていると、足が中で動きそうになってしまう場面があります。さきに踵をしっかり合わせた上でシューレース(靴ひも)をきつくしめます。木の枝などに靴ひもをひっかけないようにタンベロともいう。靴ひもと足の甲との間の素材)に靴ひもを収納できるトレランシューズもあります。

ヒール部分(ヒールカップといいます)のホールド感は替えが効かないので、トレランシューズを買うときにはフィット感をよく確認してください。

シューズのシェイプ、シルエットのことをラストといいます。トレランシューズはランニングシューズにくらべてごつごつしたラストをしています。

トレランシューズのアウトソールは踵部分が厚く、前足部が薄くなっている場合が多いようです。靴のソールには剛性素材のプレートが含まれていて、土踏まず部分の足の落ち込みをシャンク(靴底の補強部材で支えています。

厚さは速さだ。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブルクリストファー・マクドゥーガル著『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の大逆襲劇を描いています。

ゼロドロップシューズとは、ソールの高低差がないフラットなソールのシューズのことです。

スポンサーリンク

ジャケットその他の装備

トレイルランニングでは肌は露出すべきではありません。山にはアブや棘のある草木がありますし、転倒した時の出血のリスクが高まります。

ボトムスはハーフパンツランニングショートパンツ)とロングタイツというスタイルがいいでしょう。

トップスは撥水加工のアンダーに、吸汗速乾の化繊素材のミドルレイヤー、

アウターは上下にセパレートするレインジャケットを用意した方がいいです。

体が冷えすぎるとエネルギー変換がうまくいかなくなります。体温維持が精いっぱいの状態では、走ることなんてできません。

寒いぐらいだったら、暑いぐらいの方がまだマシです。山で寒さを感じるのは危険なことです。

スポンサーリンク

アウトドアマンは照明フェチ。夜間照明はヘッドライト、ハンドライト、ウエストライトの三種類

トレイルランニングで夜間走を取り入れる場合(レースなどで夜間走が必須の場合)、ライトは三種類あれば完璧です。

長距離スポットビーム(手持ちハンドライト)。

近距離照射のワイドビーム(ヘッドライト)。ペツル。ブラックダイヤモンドなど数多くのメーカーから高性能のヘッドライトが発売されています。

足元を照らす腰につけるライト。

遠距離、中距離、近距離と三種類を照らせれば、まったく不安はありません。ヘッドライト、ハンドライト、ウエストライト。三つのライトで3mぐらい先を見ながら足元までの範囲をぼんやりと意識して脳裏のイメージの中を駆け抜けます。

トレイルランニングは目の良さがスピードを決める
トレイルランニングはランニングであると同時に、アウトドアアクティビティでもあります。 路面から受ける様々な刺激が脳を活性化させてくれます。 トレランは大人の障害物競争です。足で負けても、目で勝つことができます。ランニングよりも奥深いスポーツだといえるでしょう。
スポンサーリンク

光の剣ライトセーバーで獣を追い払う

わたしはハセツネCUP対策で奥多摩で夜間走をやったことがあります。暗闇の中、走っていたのですが、大人数が走るレースと違って孤独な夜間走だと、たくさんの獣に遭遇しました。

鹿にも遭いました。謎の獣にも。全身が夜の闇の中なので正体不明ですが、四つ足の大型獣です。熊だったかもしれません。

奥多摩は東京都内ですが熊がいます。襲われたらおしまいですが、ハンドライトで目を照らして大声を出すと、大型獣は逃げていきました。おびえているのは向こうも同じです。

こちらの「ジェントス閃」はまさにビームサーベルのようなまばゆい光が照射されます。

光の剣で獣を追い払って、無事走り通すことができました。まさにレーザービームです。トレランの友に超おすすめします。

スポンサーリンク

アウトドアマンは水筒フェチ

アウトドアマンは水筒フェチです。水筒が大好きで、いろいろな種類を持っていることと思いますが、トレランで使える水筒はあまり多くありません。走るのを止めてザックから取り出さなければならないタイプの水筒は実践向きではありません。

ハイドレーションパックならば、なかの空気を抜けば水は暴れません。走りながらの給水が可能です。ただし水の残量が見えない欠点があります。

ベストタイプのザックを背負っているならば、胸元からちょくせつチューチュー給水できるタイプの水筒がおすすめです。

 

 

 

 

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました