長野オリンピックのジャンプ台。夏草やつわものどもが夢の跡。永遠のスポーツヒーローなんていない

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

9月19日から22日まで、敬老の日と秋分の日で四連休となったので、さっそく車中泊の旅に出かけることにした。

移住先を探す旅である。私はアパート暮らしなので、何も終生そこに住む必要はないのだ。

まだ残暑厳しいので、移住先として最も人気のある県、長野県を中心にめぐることにした。

もちろん標高による避暑効果を期待してのことである。

車中泊の持ち物リスト
車中泊の旅でいちばん大切なのは現金とキャッシュカード・クレジットカードです。 あたりまえですが、金さえあれば何とかなります。 創意工夫で何とかするのが車中泊アウトドアの醍醐味ですが、やはり必要最低限のグッズはもって行った方が快適です。
スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「脳ミソでライバルに走り勝つことはできるか?」その答えを書いた書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

山ヤは戸隠よりも北アルプスを愛す

お医者様でも草津の湯でも恋の病は治りゃせぬ
観光地を整備する場合、やりすぎると却って魅力がなくなる。整備は熟慮してもらいたい。 草津温泉の岡本太郎の足跡について
草津白根山。志賀高原。渋温泉。湯田中温泉。野沢温泉
車中泊の散歩コースに適当な場所がなかった場合、温泉街の散歩をおすすめします。 風情があって楽しいですよ。
リアルドラゴンクエスト。野尻湖ナウマンゾウ博物館
旧石器人にとってナウマンゾウやオオツノシカの狩りは、竜退治ぐらいのロマンがあっただろう。 リアルドラゴンクエストの時代だったのだ。

戸隠忍者の人気で戸隠は大人気、大渋滞であった。

伊賀忍者は服部半蔵。甲賀忍者は猿飛佐助。戸隠流忍者は初見良明
遠い未来、戸隠流忍術は、初見良明を服部半蔵や石川五右衛門と並べて、解説する時代が来るに違いない。

もともと私とイロハは、雰囲気のいい場所を朝散歩したかっただけなのである。

大きな神社というのは、外れのない散歩コースなのだ。

ただ散歩がしたかっただけなので、なにもわざわざ人混みの戸隠神社に行く必要はない。

戸隠は素通りして、北アルプスに向かうことにした。

こちらも外れのない散歩コースだ。

スポンサーリンク

長野オリンピックの白馬ジャンプ競技場は信州三大観光施設のひとつ

八方尾根の白馬ジャンプ競技場を観覧する。

夏場もジャンプできる施設である。

この施設を見る時は、実際に人が飛ぶところが見られるから、本当はジャンプの練習をしている人がいた方が断然面白い。

残念ながら、私が行ったときにはジャンパーはいなかった。

それでもたくさんの観光客が無人のジャンプ台を上から眺めようと並んでいた。

白馬ジャンプ競技場は信州三大観光施設のひとつとされているらしい。他は善光寺と、松本城だそうだ。

そのうち戸隠も入って四大観光施設になるかもしれない。たしかに人が多いが、戸隠ほどではない。

有料リフト(460円)で上に上がり、さらにエレベーターでジャンプする地点まで上がる。

ものすごく高く、おそろしい。

細かいグレイチングのような鉄鋼で床がつくられているのだが、下がまる見えで足がすくむ。

実際に、恐怖のあまり、その場で動けなくなってしまった女性がいた。

パートナーの男性もこまっただろうな。

ジャンプのスタート地点を見た。

こんなところからとても滑り降りる勇気はない。

ほぼ陰から突き落として殺す処刑である。

そして、ランナーとしては「着地の瞬間よく膝を壊さないものだ」と思う。

トイレの表示がジャンパーになっていて面白かった。

スポンサーリンク

長野オリンピックの記憶

 

長野オリンピックの展示も充実していた。

日の丸飛行隊が金メダルを獲った大会だ。

実際にジャンプ台に行けばわかるが、日の丸飛行隊のプレッシャーはそうとうなものだったろうと思う。。

下の方に大歓声を送るの日本人が自分たちのジャンプを待っている。

大の大人がオムツつけて、自分たちが金メダルを獲るのを寒い中、じっと待っているのだ。

そりゃあ金メダルを獲った時は、ホッとしたろうな。

「ふ~な~き~」とヒーローとは程遠いなさけない声も出るだろう。

長野オリンピックの他にも、歴代の冬季オリンピックのポスター表示があった。

札幌オリンピックのポスターも展示されてあった。

ハルト「おっ。札幌オリンピック(のポスター)だ。大倉山のジャンプ台、見に行ったね」

イロハ「誰が出たか、知ってる?」

ハルト「さすがに札幌(1972年)のことは知らないなあ。有名な選手が出たのかなあ?」

そんな私たちの会話を聞いて、老夫婦が声をかけてきた。

老夫婦「笠谷、今野、青地で金メダルを獲ったんですよ。私はね、ずっとテレビにかじりついて見ていましたよ。金メダルを獲ってね」

なんと札幌オリンピックのジャンプ選手は、70m級では金、銀、銅を日本選手が独占した元祖日の丸飛行隊であった。

それでもおれが彼らの顔をひとりだって脳裏に描けないのは、実際にテレビで見ていないからである。

ということは、船木や原田の勇姿も、実際にテレビで見ていない今の子供たちには誰のことだかさっぱりわからないってことになるんだろうな。

やはり時代は移り変わり、永遠のものなんてないんだなあ……。

松田聖子『青い珊瑚礁』永遠のものなんてない
松田聖子の名曲『青い珊瑚礁』を知らない若い人に、永遠のものなんてないんだと痛感しました

ヘルシンキのザ・ランナーといえばエミール・ザトペック

ためしにイロハにヘルシンキオリンピックのポスターを見せて「ヘルシンキのランナーといえば誰?」と聞いてみた。

イロハ「さっぱりわかんない」

ハルト「ヘルシンキのザ・ランナーといえば人間機関車エミール・ザトペックだろうが!!」

イロハ「全然しらん」

インターバルトレーニングの創始者にして、5000m、10000m、マラソンのすべてで金メダルを獲った長距離界の英雄のことをイロハは知りませんでした。

……やっぱり永遠のものなんてないんだなあ。

それぞれの時代に、マイヒーローがいて、世代以外の人たちは忘れ去られるというのがスポーツ選手の宿命のようだ。

それがすこし寂しい「夏草やつわものどもが夢の跡」の長野オリンピックの白馬ジャンプ競技場なのであった。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました