リアルドラゴンクエスト。野尻湖ナウマンゾウ博物館

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

9月19日から22日まで、敬老の日と秋分の日で四連休となったので、さっそく車中泊の旅に出かけることにした。

移住先を探す旅である。私はアパート暮らしなので、何も終生そこに住む必要はないのだ。

まだ残暑厳しいので、移住先として最も人気のある県、長野県を中心にめぐることにした。

もちろん標高による避暑効果を期待してのことである。

車中泊の持ち物リスト
カップラーメンを歯ブラシの柄で食べたことがある人、いますか? 車中泊で日本一周している管理人が、車中泊の持ち物リストをまとめました。 割り箸とか、お風呂のタオルとか、歯ブラシとか、忘れがちです。参考にしてください。 あ! いちばん大切なのは現金とキャッシュカード・クレジットカードですよ。
スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

野尻湖

野尻湖のまわりをぐるっと一周してみた。

私たちの湖の価値判断の基準は「山中湖」である。

そこに先輩の別荘があり、通い詰めて、ホームグラウンドになったのだ。

野尻湖は山中湖とは全然ちがった。

まず車中泊できそうな湖岸の無料駐車場がない。

湖岸道路も湖から一段高くなっている。湖は車窓から遙か眼下に木々をすかして見えるのみだ。

湖岸道路というよりは森の中を走っているようだ。

SUPやカヌー、釣りなど一部のアクティビティが営業しているようだが、四連休だというのに人もまばらである。

食事をするような場所もなく、宿泊場所もロッジはあるがホテルはない。

山中湖にくらべると野尻湖はぜんぜん観光地化されていない。その分、秘境感がまだ残っている。

野尻湖のまわりの駐車場を見つけて、そこで車中泊をしようと思ったのだが、無理そうだった。

スポンサーリンク

ナウマン象博物館

ナウマン象博物館を見に行った。

巨大生物には憧れがある。

映画『ジュラシック・ワールド』
恐竜映画は飛行機のモニターで見てはいけません。Tレックスが小さなトカゲに見えます。
海洋動物最強ホホジロザメ対シャチ。どっちが強いか少年にもわかるように解説してみた
ホオジロザメが海の王者と勘違いされるのは、カオがギャングのようにコワいから。 体重、筋力、スピード、肋骨の防御力、頭脳すべてにおいてシャチの方がホオジロザメよりも強いのです。

象でもともかく巨大生物には違いない。

ロマンを求めて、とにかく見に行った。

ナウマン象は日本で暮らしていた象である。

この日本に象が暮らしていたと想像するだけでワクワクする。

「野尻湖人」が石器や骨器をつかって最後の氷河時代(約4万年前)、に野尻湖あたりを野生動物の狩場にしていたというのだ。

縄文時代がBC三千年ぐらいだから、「野尻湖人」は旧石器時代の人たちである。

「はじめ人間ギャートルズ」の世界が、この日本にもあったというわけなのだ。

ナウマンゾウはマンモスではないが、同じゾウ族であり、似たようなものだ。

しかし旧石器時代の日本人がジャイアントキリングハンティングを楽しみつつ食料としたため、ナウマン象は絶滅してしまった。

そう。ナウマンゾウを滅ぼしたのは人間である。

巨大なゾウを倒せるような生き物は、人間以外にはありえない。

人間さえいなかったら、今でもナウマンゾウはのんびりと草を食んでいたかもしれない。

しかし……アフリカゾウにくらべてナウマン象は小型種であるところが、魅力の意味では残念なところだ。

松花江マンモスぐらいデカければ(アフリカゾウの2倍)、それだけ魅力もあがるのだが。

遺伝子操作でマンモスを復活させるというプロジェクトがある。

しかし、もし成功したとしても、結局は、市原ゾウの国になってしまうだけだろう。

市原ぞうの国
千葉県のほぼ中央に位置する市原ぞうの国は国内最多飼育数となるぞうさんたちとさまざまな動物たちが暮らしています。

ジュラシックパークにはならない。

アジアゾウよりちょっと小型とされるナウマンゾウのロマンの限界ではある。

野尻湖は発電などで水位がさがった時期に2年に一度有志で発掘調査をしているらしい。

2年の頻度で毎回それなりに発見があるのは、ここが死体解体場所だったからと予想されているそうだ。

あるいはゾウの墓場か?

オオツノジカの化石も同じ場所から発見されている。発見状態から古代人のアートではないかといわれているらしい。

「月と星」と命名されている。

このような状態で発掘されたそうだ。なるほど三日月と星の輝きに見える。

旧石器人にとってナウマンゾウやオオツノシカの狩りは、竜退治ぐらいのロマンがあっただろう。

リアルドラゴンクエストの時代だったのだ。

野尻湖ナウマンゾウ博物館は、旧石器時代の人の暮らしを含めて、古代ロマンに満ちあふれた場所だった。

車中泊の持ち物リスト
カップラーメンを歯ブラシの柄で食べたことがある人、いますか? 車中泊で日本一周している管理人が、車中泊の持ち物リストをまとめました。 割り箸とか、お風呂のタオルとか、歯ブラシとか、忘れがちです。参考にしてください。 あ! いちばん大切なのは現金とキャッシュカード・クレジットカードですよ。
著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました