マレーシアの国教がキリスト教ではなくイスラム教であることの不思議

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

このブログ著者の書籍『市民ランナーという走り方』
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
スポンサーリンク

ヨーロッパ人は貿易と布教をワンセットで考えていた

日本にいると疑問に浮かばないことであっても、旅をすると不思議に思うことがある。

マレーシア旅行ではふたつ疑問に思ったことがある。

①ボルネオ島の石油は大日本帝国海軍の軍艦に役に立たなかったのか?

②400年もマレーシアを支配していたキリスト教国家は、なぜイスラム教をキリスト教に改宗させなかったのか?

今回は、②を考えたい。

この疑問はマレーシアのマラッカを訪問した時に強く感じたことだった。

私たち日本人が社会科の教科書で習ったことは、簡潔に言うとこういうことだった。

戦国時代にヨーロッパの白人が日本にやってきてキリスト教を伝えて、貿易が始まった。

黒船さえないこの時代、極東の島に舟を出すということは命がけだった。

船は座礁し、暴風雨にマストは折れ、潮に流されて遭難した。

当時の船乗りがGPSを知ったら、神の御業に思えたことであろう。

ちなみに1543年の鉄砲伝来は遭難船による偶然であったが、1549年のフランシスコ・ザビエルによるキリスト教伝来は宣教師の信念による必然であった。

国王と教会の利益は一致していた。西欧キリスト教国家としては、貿易もしたいが、キリスト教もひろめたかった。キリスト教に改宗させることが功徳となるため、信じる正しい教えを伝道するため、その使命感で宣教師は命を投げ出すことができた。そのようにして宣教師は海に出たのである。

国家の目的と一致した個人は「支援」してもらえる。フランシスコ・ザビエルに海外布教を依頼したのはポルトガル王である。

キリスト教化しつつ、その後、ゆるやかに植民地化されることを豊臣秀吉も徳川幕府も恐れていた。宣教師は侵略の先兵であったのだ。キリシタンが一向一揆のような抵抗勢力となりバックにスペイン王やポルトガル王がついたら日本に勝ち目はない。

だから1587伴天連追放令によってキリスト教が禁止され、日本はキリスト教国にはならなかった。ならなかったばかりか鎖国体制をとって貿易そのものが制限されてしまった。

スポンサーリンク

マレーシアをイスラム教からキリスト教に改宗させなかったのは何故か?

マレーシアを植民地支配していたヨーロッパの国々が、マレー人をイスラム教からキリスト教に改宗させなかったのは何故なのか?

この疑問を最初に抱いたのはマラッカを訪問した時のことである。

黒船(蒸気船)さえなかった時代に船出するということは、命を失う危険のあることであり、航路は陸沿いに沿岸航海することがほとんどだった。陸地という目印がないと航海できなかったのだ。

海路の拠点となる条件を備えたマラッカは、多くの人が行きかう交通結節点となり、貿易の拠点となる。イスラム商人との交易があり、彼らの宗教が入ってきて、その関係性の中で、1414年にイスラム化した。マレー人の国の国教がイスラム教になっただけで、アラブ人の国が立ったわけではない。

イスラム教は砂漠の宗教のような気がするが、熱帯雨林の東南アジアがイスラム化しているのは、こういう理由である。イスラム教徒数を国別でみると実はインドネシア人のイスラム教徒が一番多いのだ。

しかしその後、ヨーロッパ人の大航海・植民地主義により、マラッカは1511年ポルトガル領になった。植民地となり1641年にオランダに奪われるまで130年続いている。オランダ領は1824年イギリス領になるまで183年続いているのだ。イギリス領は1941年に日本軍に駆逐されるまで117年も続いているのだ。合計430年である。

えっ? 長っ!!

ヨーロッパ人の支配が430年も続いているのに、なぜマレーシアはキリスト教国じゃなくてイスラム教国なのだろう?

ポルトガルも、オランダも、イギリスも、ざっくりいうとキリスト教圏の国である。すくなくともイスラム圏ではない。

キリスト教の国が430年も続けてマレーシアを支配しているのに、キリスト教が国教となっていない。これはとてつもなく不思議なことではないだろうか?

スポンサーリンク

誰も疑問に思わないのだろうか? 解説する日本語サイトが見当たらない不思議

なぜヨーロッパ人はマレー人をイスラム教徒からキリスト教徒に改宗させなかったのだろうか?

その理由が知りたくてググってみたが、明快な回答を得られなかった。 

なぜそのことを前面に押し出して解説する日本語のサイトがないのだろう。日本人は誰もこのことを疑問に思わないのだろうか?

小西行長蒲生氏郷黒田官兵衛キリシタン大名になったのは、1549年にフランシスコ・ザビエルがマラッカから中国を経由して命がけで日本に渡来し、布教したからである。大名たちがキリスト教の信者になったのは、海外の知識を得られ、貿易面でも優遇されるメリットがあったためだと言われている。やはり布教と貿易はワンセットであったのだ。

フランシスコ・ザビエルはもちろんマラッカでも布教している。日本では仏教からキリスト教に改宗させる活動をしているのだ。当然、マラッカではイスラム教からキリスト教に改宗させる活動をしたはずである。

なのになぜ国教がイスラム教なのだろう。ザビエルは布教に失敗したのだろうか?

そうかもしれない。しかし日本とマラッカでは決定的に状況が違うところがある。

たしかに日本では諸々の事情があって最終的に布教には失敗した。しかし失敗した最大の原因は為政者のトップ(豊臣秀吉)がキリスト教を信じていなかったからだ。一言でいえば、そうなる。

しかしマラッカの為政者のトップ(ポルトガル人の総督)はキリスト教を信じていたはずだ。マレー人のキリスト教化は彼の最重要の仕事のひとつだったはずだ。なのに、なぜ?

そういう時代が400年も続いているのに、なんでキリスト教が根付かず、イスラム教が国教となるほど残ったのか? それが私には謎なのだ。

1941-1945年に日本軍がイギリスを打ち破ってマラッカを実行支配した時代だって、神道に改宗させたという話しは聞いたことがないが、すくなからず国家神道の宗教観の下で支配が行われた。東洋人は白人には従うしかないという神話を打ち破ったことは一種の布教ではなかったか。

政治というのはそれほどに凄い力を持っているのだ。

スポンサーリンク

私の仮説。そもそも布教をしなかったのではないか

なぜポルトガル、オランダ、イギリス人はマレー人のイスラム教徒をキリスト教徒に改宗できなかったのか?

私の疑問を解説をしてくれるサイトがないばかりか、疑問を呈するサイトさえ見つからない状況のため、自ら仮説を立てるしかなかった。(私は日本語しか読めないので日本語のサイトに限定。当然マレー語のサイトにはこのことを解説したサイトがたくさんあるはずである)

その仮説をここに公表しようと思う。同じ疑問をもった人だけ楽しんで読んでくださればけっこう。

日本で仏教がひろがったのは、聖徳太子と蘇我氏が物部氏を破って仏教を認め、聖武天皇や朝廷が仏教を公認したためである。布教を後押ししたのは政治なのだ。

キリスト教が世界宗教になったのは、ローマ皇帝がキリスト教を国教として公認したためである。

政治なのだ。

日本でキリスト教がひろがらなかったのは、豊臣や徳川の政治がキリスト教を民衆支配の邪魔な教えと考えたためである。民衆も為政者も同じ宗教を信じていた方が都合がいいに決まっている。秀吉も家康も積極的に神社仏閣に寄進している。

しかしマラッカでは民衆と為政者は異教徒どうしであった。本来なら民衆をキリスト教に改宗させる政治を行ったはずだ。しかし政治が改宗に実績・痕跡を残せなかったは、本気でやる気がなかったからではないかと考えるしかない。

政治には改宗させる力がないという「島原の乱」的な発想をする人がいるかもしれないが、私はそうは思わない。江戸時代には国家としてはもうキリシタンは存在しないに等しいほど少数派になってしまっているではないか。どの宗教を信じるかということは、ほとんど政治なのだ。

1492年にキリスト教徒としてはじめてクリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を「発見」している。ちなみにクリストファーというのは「キリストを運ぶもの」という意味であり「Theキリスト教徒」であることを意味している。

しかし彼の航海はほぼ「布教」ではなく「利益主義」によって成し遂げられた。

膨大な航海費用はスペインの王室の援助によって賄われた。国家の目的と一致した個人は「支援」してもらえる。しかし王とコロンブス両者が望んでいたのは「実利」だけだった。スペイン王室とコロンブスが結んだ契約の内容が今に伝わっているが、両者の「実利」のことしか書いていない。キリスト教の布教のことは何も書いてないのである。これはちょっと不思議なことではあるまいか。

ここからが私の仮説であるが、マラッカからザビエルが命がけで日本に布教に来た1549年。もうこのころにはキリスト教への盲信「キリスト教がすべて」という時代は終わっていたのかもしれない。

科学の時代がやってきていたからだ。

ルネッサンスの代表選手、レオナルドダヴィンチは1519年に死去している。ダビンチは科学の人だった。

1543年コペルニクスの地動説が発表されたことで聖書の神話には鉄槌が加えられた。神と人間が宇宙の中心という物語に疑問が生じたからだ。

「聖書には真実だけが書いてある」ということが崩れると「聖書を信仰することの正しさ」にも崩れが生じる。

1545にザビエルがマラッカで布教した頃、マラッカはキリスト教国であるポルトガルが支配していたが、総督が開明派であった場合、「実利」のみとって、政治に宗教を絡ませなかった可能性がある。

改宗を強要して地元民ともめることは「実利」にとって不利益なことだってある。

改宗の布教活動をしたフランシスコ・ザビエルに、マラッカ総督は黙認するのみで、政治として協力はしなかったのだろう。キリスト教化政策はとらなかったということだ。もしかするとマラッカ総督は熱心なキリスト教徒ではなかったのかもしれない。

そうでなければマレー人がイスラム教徒であることの不思議が説明できない。

その後のオランダ、イギリスの430年の長きにわたる支配のあいだ中ずっとキリスト教化政策はとられなかった。時代を経るごとに宗教への信仰は、科学への信仰に取って代わられていったからだ。

キリスト教化政策をとらなかった。

あくまでもこれは私の仮説である。先に述べた通り、このことを明確に説明している日本語サイトが存在しないからだ。

スポンサーリンク

科学の時代に信仰がゆるぎ、宗教よりも実利の時代が来た

宗教改革というもうひとつの要素も見逃せない。

「カトリックなんて信じられない」と免罪符にプロテストしたマルティン・ルターが教会を破門になったのが、1521年のことである。

この頃には「キリスト教への完全なる帰依」は、失われつつあったと見た方が良さそうだ。破門されたルターの意見に同調する者たちがたくさんいたからである。ルターはかくまわれ、生き延びた。100年前なら拷問されて処刑されていたはずである。

しかし「聖書に書かれていないことは認めることができない」という言葉が残っているほどルターは徹底的にキリスト教徒であった。

この時代は中世さながらにキリスト教を信仰する者(ルターやザビエル)と、中世とは違いカトリック教会を無視できる者(ルターやマラッカ総督)とが混在していたのだろう。

とくにマレーシアに進出したポルトガル、オランダ、イギリスは利益(貿易)を最優先させて、宗教のことは無視できた人たちだったのだろう。

これは意識革命といってもいいほどの出来事である。万有引力を発見した科学者アイザック・ニュートン(1643-1727)ですら、世界を6000年前に退場したと見積もっていたのだ。聖書の登場人物の年齢を足したらそうなったからだ。それほど聖書を信じていた。ちなみに現代の科学では地球は46億歳だといわれている。

ニュートンですら信じていた教えから脱することができたとすれば、それは意識の革命である。そしてマレーシアでは実利のみ追求し、キリスト教布教・改宗のことは無視・放置することができた。人々の意識革命の結果によって。

これが私の仮説である。

スポンサーリンク

太陽が敵で、夜が癒しとなる砂漠。熱帯雨林。

世界の国旗には「三日月」「星」をモチーフにした国がたくさんある。マレーシアやトルコシンガポールなどがそうだ。イスラムの国々である。

それに対して「太陽」をモチーフにした国の代表が我が国ニッポンである。日の丸が「昼間」を表すのならば、「三日月」や「星」は「夜」を表現している。

寒い国が太陽を愛するように、灼熱の国では月と星を愛するのだ。

灼熱の砂漠から生まれたイスラム教では、太陽は「敵」なのだ。砂漠で1日過ごしてみればそのことを実感する。肌をじりじり焼く太陽。大地を乾かし草木を枯らす太陽。過ごしにくい昼間。

人間としてほっと一息つけるのは「夜」である。過ごしやすいのは夜なのだ。

ところでそれは赤道直下の熱帯雨林の国々も同じである。

昼間よりも夜の方が活動に適している。活動するには昼間は暑すぎる。今はエアコンがあるからまだマシだが、エアコン以前は昼間の太陽は過ごしにくさを演出する憎まれっ子だったに違いない。

昼間はどこか日陰にひそんでいて、夜になると出歩くという夜派の人たちがマレーシアには数多く存在する。

イスラム教は夜と親和性がある。女性が被るヒジャブは美女のかんばせを隠す効果だけではない、日差しを避けるのに最適のアイテムだ。

月と星を愛する夜派の人々だというところに、砂漠の民と、熱帯雨林の人々には共通項がある気がしてならない。

マレーシアの国旗を見るたびに、そう思うのだ。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このブログ著者の小説『結婚』
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?
Amazonでアリクラハルトの小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?
Amazonでアリクラハルトの小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
このブログの著者の小説『片翼の翼』
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
【この記事を書いている人】

アリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました