車を手放す。車社会と縁を切る。運転免許再取得後のクルマ社会との距離感について

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このページでは私サンダルマンハルトの過去の大悪夢。運転免許一発取り消しの実体験について述べています。

もう思い出したくもない昔の話しですが、しかし他人から見れば興味津々の話題ではないかと思います。

他人の不幸は蜜の味といいますからね(汗)

このシリーズは、

①運転免許一発取り消しの実体験

②一年間の免許取り消し欠格期間(車を捨てると行動範囲がひろがります)

③免許取消処分者講習会と運転免許一発試験の合格のノウハウ

④一発試験合格後の車社会とのつき合い方、距離感

と4回シリーズでお届けします。

「1トリップを二重に罰していないか? 同じ行為が北海道なら罰せられないというのはどうか?」

「これが公平な裁きといえるのか? おれは風を強くかき回しただけ。誰も傷つけていないし、何も壊していない。」

簡易裁判所の判事にいいたかったあの時の叫びが、この記事を書かせるのです。

わたしが運転免許一発試験に合格できたのは、インターネットのおかげです。

ネットで情報を収集していなかったら無理だったと思います。

もしもこのページを見て一発試験に合格したいと思う人がいたら、ネットから情報を仕入れてください。

試験官のチェック項目さえわかっていれば、免許取消・再取得の人なら一発試験で合格できますよ。

運転免許一発取り消し実体験。1トリップを都道府県で重複して罰していないか? 
一つの行為をそれぞれの場所で罰する今の交通法の制度(都道府県単位の縦割り)は正しいといえますか? 同じ殺人が、北海道なら懲役で済むが、本州だと死刑になるとしたら、不公平ではないでしょうか?  県警単位でスピード違反を取り締まっているために、ひとつのスピード違反がそれぞれの県で別のもののように扱われて、それぞれで罰せられてしまうのです。
免許取り消し欠格期間の過ごし方(車を捨てると行動範囲が飛躍的にひろがります)
ずっと車社会にどっぷりとひたってきた人物は、急に車に乗れないとなると禁断症状がでます。しかし車から電車や飛行機に乗り換えれば行動範囲は飛躍的にひろがります。 慣れれば、車社会と縁を切ることも可能です。
免許取消処分者講習会と運転免許一発試験の合格のノウハウ
わたしが運転免許一発試験に合格できたのは、インターネットのおかげです。ネットで情報を収集していなかったら無理だったと思います。試験官のチェック項目さえわかっていれば、免許取消・再取得の人なら一発試験で合格できます。
車を手放す。車社会と縁を切る。運転免許再取得後のクルマ社会との距離感について
車を捨てたら行動範囲が飛躍的にひろくなりました。車で熱海や箱根に行く代わりに、飛行機で台湾や香港に行くようになったのです。 そしてその方がずっと面白かった。 車を維持して国内旅行しかできないのと、車を捨てて海外旅行に行くのだったら、私は車を捨てる方を選びます。
スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

一発免許取消から一発試験でAT車限定の運転免許を再取得する

私は青森県から千葉県に帰る東北自動車道でオービスを二回光らせて、一発で免許取り消しになってしまいました。

別ぺーしで執念深く述べていますが、これに関しては今でも議論の余地があると思っています。

一つのスピード違反に対して福島県警と栃木県警で二重に罰するのは公正なのか?

そして、

人を轢き殺して交通刑務所に入っていた人と、何も傷つけていない人が、同じ重さの処分になることは公正なのか?

泣く泣く罪を受け入れましたが、私は今でも「都道府県縦割りの道路交通法適用は公正ではない」と考えています。

わずか一日のひとつの行為で免許を一発で取消にされ、一年間の反省(欠格)期間を経て、一発試験で運転免許を再取得しました。

一発試験で合格できたのはインターネットで情報収集したおかげです。試験官のチェック項目さえわかっていれば、すでに運転能力がある免許取消者が一発試験で合格することはできないことではありません。

こうして私は運転免許一発取り消しから一年後、一発試験で免許を再取得したのです。

かつてはMT車も乗れる免許だったが、いまではAT専用免許になってしまいましたが、不自由を感じたことはありません。

今どき、マニュアル車なんて乗る機会はほぼないといってもいいでしょう。

スポンサーリンク

車を手放す。車社会と縁を切る

こうして私は一年間で車生活に復帰することができました。

免許を失った当初は禁断症状が出るほど乗りたかった車ですが、一年間、ずっと駐車場で眠っていました。

私はアパート暮らしのため、一年間、別途、使えもしない車のために駐車場代を払い続けていたのです。

一年後には乗ると思っていたからです。

快速シルビアに再び乗っても、思っていたほどの感動はありませんでした。

いつものアレが戻ってきたなあ、という感慨だけだった。

実際に乗って見ると、車のある日々はただの日常でした。

むしろ免許がない生活に慣れてしまったのです。

一年間、免許なしの方がいいというメリットばかりを見つめて暮らしていました。

その最たるものは、車を捨てると行動範囲が飛躍的にひろくなるという発見でした。

車で熱海や箱根に行く代わりに、飛行機で台湾や香港に行くようになったのです。

そしてその方がずっと面白かった。

車を維持して国内旅行しかできないのと、車を捨てて海外旅行に行くのだったら、私は車を捨てる方を選びます。

車を捨てると出費が減り、貯蓄額が増えていきます。

これもメリットの一つです。

車を捨てると、駐車場代もガソリン代もかからないし、税金もはらわなくていいからです。

事故の心配もありません。保険に入る必要もありません。

車がない不便を楽しめる感覚になれば、もう車は要りません。

もともと人間は車なんかに乗らずに何千年とこの地球上で生き抜いてきたのです。

「もう一度乗る」と決意していた快速シルビア

しかし今の私にはもう車は必要ありません。

車を手放そうかな、と思いました。

もう一度乗ったことで、満足してしまったのです。

一年間、払い続けてきた駐車場代は無駄になってしまいましたが、車は廃車にすることにしました。

免許を手にして、車に乗れる自分と車に乗らない自分を天秤にかけて、車に乗らない自分を選択したのです。

こうして私は車社会と縁を切ったのでした。

こうすることができたのも、免取りと一年間の反省期間のおかげです。

免許取消のような事件がなければ、車社会と決別することは難しかっただろうと思います。

車に乗ることは習慣です。惰性でずっと乗り続けただろうと思います。

しかし強制的に隔離されたので、習慣が見直され、私にとって車は必要不可欠なものではないということがわかったのだった。

私は車を捨てることができました。車を捨てれば、一発免許取消や、裁判所で検事の前に立たされることもありません。一連の事件は車さえ乗らなければなかったのです。

車社会から縁を切られたときには「そんなヒドイ」と思いました。なんとしてももう一度車社会に復帰したいと思いました。しかし乗って満足してしまった後には、自分から車社会と縁を切ることができたのです。

車なんてなければないでなんとかなります。それが私の結論です。

車なんて、人類のほとんどは乗ってこなかったのです。

アレキサンダー大王も、シーザーも、ナポレオンも、自動車なんか乗ったことも見たこともありませんでした。

こんなぜいたく品が生活必需品であるわけがありません。

買い物ができないって?

バスか電車で都会に出て、駅前のデパートで買い物すればいいんですよ。

その方が高くつくって?

車を購入し、維持するほどじゃありません。

キャンプなんかその代表的な例ですが、ないほうが(不自由な方が)楽しい、ということもあるのです。

スポンサーリンク

車中泊マニアとなった今ふたたび車社会と縁を結ぶ

こうして車社会と縁を切った私は、二本の脚だけをたよりに、世界中のマラソン大会を走ったり、テントを担いで日本百名山を登ったり、青春18きっぷを使って日本一周したりして、よりひろくなった行動範囲を楽しんでいました。

車社会と再び縁を結ぶことになったのは、パートナーのイロハとつきあうことになったのがきっかけです。

彼女の車スバル・レガシィに乗るようになったのだ。

レガシィ・ステーション・ワゴンは2席のスポーツカー・ニッサン・シルビアとは全然違う車でした。

後部座席を倒すと完全フラットになり、そこで車中泊ができたのです。

車中泊の持ち物リスト
カップラーメンを歯ブラシの柄で食べたことがある人、いますか? 車中泊で日本一周している管理人が、車中泊の持ち物リストをまとめました。 割り箸とか、お風呂のタオルとか、歯ブラシとか、忘れがちです。参考にしてください。 あ! いちばん大切なのは現金とキャッシュカード・クレジットカードですよ。

テントに泊るキャンプとくらべて、車中泊は圧倒的に快適でした。

キャンプ場に泊るのとくらべて、寝るのにお金がかからないのです。

テントを設営したり収容したりする手間もありません。

薄いエアマットしか下に敷けないキャンプよりも、分厚い高反発マットを敷いた車中泊の方がずっと快適でした。

この車中泊に私はハマってしまったのです。

車中泊族は車中泊賊? 雨の日の過ごし方
車中泊の旅で雨に見舞われた場合、ショッピングモールが近くにあれば、そこに車を泊めてしまいます。 地方の図書館で過ごすこともあります。 昼間は車の外で過ごすという発想に変わりはありません。

車はハードシェルで安全・安心です。駐車場に止められるので、場所代もかかりません。荷物の重さに制限がないので、厚いマットを敷いて羽毛布団と毛布を積み込めば真冬の寒さでも問題ありません。

最悪の場合、エアコンもあるのです。

テントのソフトシェルは風の影響を受けやすく、マット一枚で背中も固いし、雨にも弱いです。

車中泊に慣れると、お金を払ってテントに泊る習慣がなくなりました。

そして今は車中泊で日本全国をまわっています。

ゴールデンウィーク桜を追いかける車中泊の旅
【この記事を書いている人】 サンダルマン・ハルトのパートナーでイロハと申します。 またメイクやコスメ、近頃は刺繍にも興味があります。 美味しいものを食べる事、美しいものを見る事が大好き。 そして、気に入ったものは必ず写真に撮...
大型連休の大渋滞に巻き込まれない方法。車中泊大遠征・東北地方桜旅
・ゴールデンウィークの大渋滞に巻き込まれない方法 ・上杉謙信の関東遠征に雑兵が従ったのは豪雪・避寒のため(新説) ・五能線ミステリー。お岩木山は二度あらわれる。 ・三内丸山縄文遺跡は世界遺産間違いなし。 など盛りだくさんの内容です。 ・玉川温泉はもっと世界的に有名な場所になることができる。

あいかわらず運転が好きではありません。私たちの車中泊はドライブが目的ではありません。

どちらかといえば目的地で車は降りてしまいます。そして歩いて遊ぶのです。

夜になると戻ってきて、後部座席で眠ります。

動くベッドルームのような使い方をしています。

こんな私を車のヘビーユーザーといえるでしょうか? 車のことは「宿泊場所」ぐらいにしか思っていないのです。

新車を見る時も、眠れるかどうか、が一番気にかかります。居住空間として寝室を確保できるかが車に求める最低限のスペックなのです。

今ではスポーツカーのシルビアなんかに何の魅力も感じません。

もうかつてのようにスピードを出すこともありません。

車中泊の旅では何が起こるかわかりません。今日、どこで寝るかわからないというところは、海外放浪バックパックの旅と同じです。

でも場所がわからなくても、自分の後部座席で眠れることははっきりしています。

絶大な安心感、信頼感があります。

一発免許取消から、一発試験で免許再取得という大事件を経て車社会に私は復帰しました。

こんな私は車が好きなんでしょうか?

一般的な意味ではたぶん違うのだろうと思います。

すくなくともドライブ好きではありません。車中泊にはもっと別のものを求めています。

今でも長期休暇があれば、車中泊の旅に出かけています。

ドライブの半分は私がハンドルを握っています。

いうまでもなくもちろん彼女の愛車はAT車です。

運転免許一発取り消し実体験。1トリップを都道府県で重複して罰していないか? 
一つの行為をそれぞれの場所で罰する今の交通法の制度(都道府県単位の縦割り)は正しいといえますか? 同じ殺人が、北海道なら懲役で済むが、本州だと死刑になるとしたら、不公平ではないでしょうか?  県警単位でスピード違反を取り締まっているために、ひとつのスピード違反がそれぞれの県で別のもののように扱われて、それぞれで罰せられてしまうのです。
免許取り消し欠格期間の過ごし方(車を捨てると行動範囲が飛躍的にひろがります)
ずっと車社会にどっぷりとひたってきた人物は、急に車に乗れないとなると禁断症状がでます。しかし車から電車や飛行機に乗り換えれば行動範囲は飛躍的にひろがります。 慣れれば、車社会と縁を切ることも可能です。

/https://arikura.com/driving-license3/

車を手放す。車社会と縁を切る。運転免許再取得後のクルマ社会との距離感について
車を捨てたら行動範囲が飛躍的にひろくなりました。車で熱海や箱根に行く代わりに、飛行機で台湾や香港に行くようになったのです。 そしてその方がずっと面白かった。 車を維持して国内旅行しかできないのと、車を捨てて海外旅行に行くのだったら、私は車を捨てる方を選びます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


合宿免許なら旅行気分で楽しみながら免許をゲットできます。


著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました