蚊は人類最悪の天敵

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

このブログ著者の書籍『市民ランナーという走り方』マラソン・サブスリー養成講座
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

アウトドアライフの天敵、蚊というやつは実に不思議な生き物だなあと思う。

藪の中に足を踏み入れると蚊に襲われる。

私がその藪に入ることを蚊が知るはずがないから決して待ち伏せしていたわけではない。

偶然の戦略である。

血を吸えたのは偶然たまたまである。

卵を産むためにメスは吸血が必要だと聞くが、そのような重大事を偶然たまたま通りすがった私の血を吸うことで済ませてしまうなんて、どうかしている。

積極性がないではないか。

そのような「偶然たまたまの戦略」をとる蚊が、どうしてこうも集団で人間に襲い掛かることができるのであろうか。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(生涯総距離は地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのハルトと申します。

ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。NYとハワイを別とする数え方なら100都市をこえています。

国内では車中泊の旅で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

※この記事はアウトドアマンハルトの蚊に対する憎しみと驚異の念の集大成になります。

本稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

アウトドアの楽園を地獄に変える吸血昆虫=蚊

車中泊が好きで、ときどき実践している。

つい先日、太平洋に突き出た岬の突端で車中泊をした。

夜は妖しい色の月と街じゃ見えない星空。灯台の灯が周囲を照らしている。たえまない波の音。

すばらしい夜だった。

ただし、あいつさえいなければ。

そう、蚊である。

すばらしい夜だったのに、蚊のせいで台なしになった。

車の中に蚊がいたのである。

そもそも岬の砂利の駐車場で周囲は蚊の住み家となるやぶはない。海からの風も強いので蚊なんかいないと思っていた。

ところがいるのだ。それも大群だ。

一匹の蚊を追い出すために車のドアを開けた。すると逆にそこから7匹もの蚊が車の中に侵入してきたのである。

狭いホンダダシャトルの中に7匹も蚊がいたら、パーティーナイトである。

私も妻は20か所以上も刺されていた。

血を吸うというよりは、いたずらに毒液だけを注入したような刺痕が残っている。

そこがすさまじく痒い。

掻いているうちに皮膚病患者のように肌が赤くなってしまった。

せめて一か所で大量吸血してくれれば蚊もここまで恨みを買うまいに。

蚊ほど憎らしい生き物は他にいません。

あいつらさえ絶滅してくれたら、どんなに世界は楽しくなることでしょう。

蚊を絶滅させろ!【追記】
人間を一番殺しているのは蚊だそうです。 人以外で、ですが。(人間を一番殺しているのは人間です) 蚊が血を吸う時に、病気を媒介するのです。 注射針を替えずに使い回しするようなものだと考えれば、すぐに理解できる感染経路ですね。 ...
スポンサーリンク

敵ながらあっぱれ。蚊はワンダーな生き物

どれだけ憎んでも、プーンと嫌な音を立てて、憎いあん畜生が襲来してきます。

空飛ぶ吸血針=蚊の野郎が!

蚊の野郎は一秒間に500~600回も透明な2枚の羽根を羽ばたかせているそうです。

あんな針みたいな体のどこにそんな機能とエネルギーがあるんだか。。。

小さいくせにドローンよりも遥かに高性能なワンダーなやつが、残念ながら人類の天敵なのです。

鳥が空を飛ぶのはまだ理解できます。鳥には骨という固い支柱があり、そこに筋肉が付着している。片方が縮めば片方は緩むという主動筋と対抗筋が相関関係で関節を動かして飛翔しているはずです。

しかしトンボならわかりますが、針金みたいな蚊の野郎に筋肉なんてあるのでしょうか。

調べたところ、蚊は飛翔筋という世の中で最もスピードの速い動作ができる筋肉を備えているそうです。

刺された痛みを麻酔しつつ血を凝結させない機能をもった吸血針だけでもワンダーなのに、さらに飛翔筋なんていうワンダーな筋肉までもっているのか蚊の野郎!!

心臓もあって血液もあるそうです。
人間と違って背脈管と呼ばれる管が心臓がわりで、血管はなく血リンパと呼ばれる体液が全体に染み渡るだけらしい。

人間のような内骨格がないかわりに外骨格ともっています。飛翔筋の片方は外骨格に付着しているわけですね。

蚊は小便もするという。

排泄機能ももっているのか。あんなハリガネみたいな機体のくせに。

敵ながらあっぱれである。蚊はワンダーな生き物だ。

スポンサーリンク

オフシーズンに蚊が出現する謎

先日、私は蚊にさされました。
し、四月なのに。。。畜生!

知ってのとおり蚊のハイシーズンは夏場です。真冬にはいませんよね?

私にとって蚊は、セミみたいなイメージでした。
セミが鳴くのは夏です。冬にはいませんよね?

蚊というのは基本的に夏の生き物のはずです。
だのに、なぜ? 4月だというのに、なぜもう蚊がいるのか。

どういうことなのか、調べてみました。

成虫になってからの蚊の寿命は40日ほどとされています。な、長い……。

あんなスジみたいなか細い生き物が、どうしてそんなに長く生きられるのでしょうか。

指先でプチっとしただけで死んでしまうような生き物が40日も生きるなんて!!

さらに奴らは越冬することもあるようなのです。越冬って。。。つばめかよ!

暖房器具の発達で人間の世界は真冬でも暖かい場所がありますので、そこに潜んで越冬するというのです。
このままでは年中蚊が出現することになってもおかしくありません。環境に適応し、奴らも進化しているのです。

そうした越冬蚊が春先に現れるようです。
また卵の状態で越冬した個体が春先になると2週間ほどで成虫となって出現することもあるようです。

夏場以外に現れる憎いあん畜生は、このような個体なんですね。

スポンサーリンク

人類の天敵との進化合戦

ドローンよりも高性能な静謐の吸血飛行針それが人類の天敵=蚊です。

ところであんなか細い生き物の立てる羽音が、どうして不快なまでにハッキリと聞こえるのか、不思議に思ったことはありませんか?

蚊の立場に立ってみれば、絶対に人間に気づかれない方がいいはずです。気づかれずにこっそりと血を吸って立ち去ることができれば、叩き潰されることもないわけですから。

進化論の原則から言えば、羽音の大きな蚊は叩き潰されて絶滅し、羽音のしない蚊が子孫を残すことにより、生き残っている蚊はすべて「羽音の小さな(人間に気づかれない)蚊」となっていても何ら不思議はありません。

しかしプーンと音を立てて奴らは近づいてきます。
まるで「これから血を吸います。気づいてください」と言わんばかりに。

考えてみれば不思議なことです。
疲れて爆睡している人が、蚊の羽音で目が覚めてしまうんですから、これはシャーロックホームズ級の謎なのではないでしょうか。

が、この不思議は逆の進化論を適用することによって解決することができそうです。

すなわち人間の耳が、人類の天敵が近くにいることを察知できるように進化した、と。

そうでなければ、あのような小さな虫の羽音が、あれほど耳障りに大きく聞こえるはずはありません。

いわばこれは人間と蚊の進化合戦です。
蚊の野郎にやられっぱなしではいられません。

しかしもうそろそろこの生存競争の進化合戦に最終決着をつけてもいい頃ではないでしょうか?

遺伝子工学など科学の鉄槌によって蚊を絶滅させることはできるのだといいます。

世界から吸血蚊を駆逐してくれることを私は心から望んでいます。

その時が来るまでは、蚊に刺されたらかゆみ止めを塗って、病原菌を媒介していないことを神に祈ることぐらいしかできないのですから。

車中泊で20か所以上も蚊に刺されたのだが、生きるために必要な吸血というよりは、いたずらに毒液を注入して思いのたけを晴らしたかのような刺し方である。

許せん! どうすれば復讐できるのか。

現代の技術で蚊を殺すためのおすすめグッズを紹介しておきます。

蚊取り線香

蚊取り線香って本当は効かないんじゃないか、と思っている人はいませんか?
同じような疑問をいだき、実験している人がいます。

30秒ほどでマヒして蚊は飛べなくなりました。蚊取り線香は効くのです。殺虫剤成分が入っていますからね。

完全に殺せないようですが、飛べなければもはや恐れるに足りません。

私の実感でも、車中泊で殺しきれなかった蚊に業を煮やして蚊取り線香を焚くと、いつしかうるさい羽音が消えます。やはり蚊取り線香は効くのです。

問題は、煙いことと、におうことです。

人体への害はほとんどないとされていますが、煙を肺に吸い込むのですから体にいいわけがありません。

蚊取り線香は煙の中に殺虫成分が含まれていますから、風上の下部に置くのが鉄則です。煙は下から上に、風上から風下に流れるからです。

蚊を物理的に撃墜できないときの最後の手段として私は「蚊取り線香」を活用しています。

見失った山岳ゲリラを絨毯爆撃するような気持で「蚊取り線香」に火をつけます。

毒殺です! 凶器はと消える完全犯罪です!! 死体も残りません。

電撃ラケット

我が家では、蚊を発見したら、電撃ラケットで「蚊取りバドミントン大会」が開始されます。

電撃ラケットのメリットは空気を一切よごさないことです。

また蚊を撃墜したときにはゲームクリアしたような快哉があります。

血を吸った蚊を電撃すると、電気がバリバリと光ります。

神の雷撃を思い知れ! 吸血鬼め!!

飛んでいる蚊を撃墜するコツですが、蚊は左右に叩き潰すよりは、上下に叩き潰した方が殺しやすいそうです

空飛ぶ針は2枚の羽根を一秒間に500~600回も羽ばたかせて飛んでいるそうです。

電撃ラケットを使う時には下からふわっとキャッチするように使うと、よく殺せます。

しかし、敵もさる者。

蚊のやつは黒いところ暗いところを好んで休むためになかなか視認できません。

飛んでいる時が発見のチャンスですが、蚊細いやつなのですぐに視界から消えてしまいます。

蚊を視認できないと殺せないのが電撃ラケットの欠点です。

蚊がみつからず30分以上も経ち、すっかり目が覚めてしまうことがあります。

こちらの電撃ラケットの進化系として、吸引して電撃する「蚊取りスティック」という商品もあります。
私は以前、掃除機で蚊を吸い取っていたことがありました。たしかに広範囲に吸ってくれると、空飛ぶ吸血針の撃墜率は跳ね上がります。
掃除機と電撃ラケットのハイブリッドの「蚊取りスティック」は有効なアイディア商品ですね。
ちなみに蚊は掃除機に吸い込まれてしまうほどの飛翔力から扇風機(弱)を身体に直接吹きかけるだけで吹き飛ばされてしまうから刺されないと紹介しているサイトがありますが、ウソです。
人体は立体だからどうしたって陰(風の当たらない部分)ができます。そこを刺されますので気をつけてくださいね。

蚊帳

西郷隆盛も牢屋の中にせめて蚊帳を張らせてもらえたら、監禁生活もだいぶ楽になっただろうに。

「おいは監禁の刑でごわんど。蚊の刑ではありもはん」

と主張したかっただろうな。

最近ではテント型の蚊帳が売られています。

こちらに入れば、プーンと飛ぶ音は気になりますが、蚊にさされることはありません。

ときどき蚊が蚊帳の中に入ってきて耳元で羽音がするときがあります。

そういう場合も心配はいりません。

蚊帳が白いのには理由があります。黒い蚊を簡単に発見できるためです。

万が一中に入ってきても、居場所さえわかればこっちのものです。狭い蚊帳の中では逃げ場がありません。憎き天敵も、簡単に殺すことができます。

蚊帳というものは、すばらしい大発明です。これほど効果を発揮するものは他にありません。

テント型の蚊帳は、購入して本当によかったと思っています。

蚊取空清

蚊帳と同じく健康第一の人のために蚊取空清という製品があります。
蚊取り線香は強力ですが、目など粘膜がチクチクしたり、閉め切って使うと頭が重くなることがあります。
殺虫剤の煙ですから人体に限りなく無害とはいえ、いいわけがありません。
できれば空気を汚したくないですよね。
PM2.5対応のような高機能マスクなら別ですが、蚊取り線香の煙は通常の花粉症マスクでは防護できないそうです。
PM2.5対策といえば空気清浄機ですが、空気清浄機に蚊取りの機能を付加した「蚊取空清」という製品があります。
蚊が好む黒ボディとUVライトで蚊を呼び寄せて、空気清浄機の吸引によって吸い寄せられた蚊が、粘着式の「蚊取りシート」にくっつくという仕組みです。
一切、空気を汚さないのが最大のメリットですね。

車のウインドーネット(バグネット)

車中泊の必需品は車のウインドーネット(バグネット)です。

車内で蚊取り線香を焚く場合、窓を開けて換気しつつ使うといいでしょう。

また風通しをよくすることで夏の暑さを和らげてくれます。

外から見えなくなるのでシェードの効果もあります。

一石三鳥の車中泊の必需品です。

超音波駆除リストバンド

超音波でメスの蚊を追い払うというハイテク器機。蚊の天敵トンボの周波数を発しているそうです。蚊が逃げていくという理屈ですね。
いくら人体に無害といっても毒には違いない蚊取り線香と比較すると、完全に人畜無害です。
殺せなくても、刺されなければいいじゃないか、という商品ですね。
スポンサーリンク

まとめ(アウトドアが楽園であるために)

また耳元でぷーんと蚊が飛んで、安眠を覚まされました。
人類の天敵、蚊との安眠と死を賭けた戦いは続きます。

蚊はつくづくワンダーな生き物だと思います。

手のひらで叩き潰しても、何ら固い針のようなものはないのに、どうして人間の皮膚を貫いて血が吸えるんでしょうか。

アメリカのNASAは膨大な国家予算を使って宇宙探索に出かけているが、いっそ蚊を研究したらどうかと思います。

宇宙よりももっと人類の進歩発展に寄与するのではないかな。

この広い世界の中で、蚊が私の部屋を飛んでいるのは、奴の意志なのか。それとも風が運んだ偶然なのか?

もしも偶然に身を任せた生き方をしているとしたら、よくまあ今日まで生きのびたものだ。

それとも蚊の積極的な意志で私の部屋に介入してきたのか?

そうだとしても神秘の生き物である。

どうしてここに人間がいることがわかったのだ? 二酸化炭素や体温や常在菌の匂いで蚊は人間を把握しているというのが、ボールペンの先ほども脳みそのないやつが神の造形物に思えてくる。

宇宙の神秘をモスキートは体現しているのではないか。

本当に敵ながらあっぱれなやつだ。

畏敬しつつ、殺してやる。

そして万が一、刺されてしまったら、おとなしくこいつを塗りましょう(笑)。

ンギモヂイイイイィィ!!

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このブログ著者の小説『結婚』
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
Amazon.co.jp
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
Amazon.co.jp
このブログの著者の小説『片翼の翼』
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
【この記事を書いている人】

アリクラハルト。走る哲学者。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。山と渓谷社ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。放浪の旅人。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
アリクラハルト。走る哲学者。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。山と渓谷社ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。放浪の旅人。千葉県在住。
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました