2021-03

マラソン・ランニング

バーチャルランニング・地球一周走り旅【2020年度】【一年間の総括】

スピード持久力を追いかける現役時代を退いたわたしにとって、実際には総走行距離はあまり重要ではありません。どちらかといえば毎日体を動かすことの方が重要です。そういう意味で走行率70%というのはまあまあの皆勤度ではないかと思います。
感動・ライフ・お金・仕事

世界風俗。ネクタイはやがて滅び去るだろう

見たことがあればマネするのは簡単です。楽チンな情報が入ってくれば、面倒くさいものは滅び去るのです。そして簡潔なスタイルが世界を席巻します。和服が絶滅しそうであるように、いつかネクタイはなくなろうだろうとわたしは考えています。
本-映画-メディア

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』ラストシーンの笑顔の謎を解説

人は「笑うべきでない場面」で笑っている人を見ると、心に焼き付くほどの印象を受けてしまうのでしょう。 ヌードルス(デ・ニーロ)の最後の笑顔の正体は、少年時代の思い出は誰にも変えられないし、奪えないからだと思います。 いつでもその場所に戻ることができるのです。
感動・ライフ・お金・仕事

公務員をクビにする。武士の解雇と再就職

「徴兵令」「廃刀令」でサムライには「戦闘力を売る」という本来の仕事がなくなってしまいました。武士階級の運命を悟って秩禄奉還に応じた人たちは賢明でした。やがて秩禄処分により武士は全員クビになり職を探さなければならなくなったのでした。「I need job」サムライたちの声がこだました時代でした。
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

黄道十二宮。ギリシア神話のエピソード

東洋の十二支よりも、西洋の黄道十二星座の方が、人間くさいエピソードがあって面白いと思いませんか? 十二支占いで「なんだかよくわからない動物」を当てはめられるよりも、わたしだったらギリシア神話の物語に由来する黄道十二宮で運勢を見てもらった方がロマンがあって好きです。
感動・ライフ・お金・仕事

フォードvsエジソン。今、再びの電気自動車

エジソンとフォードが電気自動車とガソリン自動車で勝負して、フォードが勝ったからガソリン自動車の時代がきました。しかし今、再び電気自動車の時代が来ています。こう考えるとフォードとエジソンの自動車産業化競争の本当の勝者はエジソンだったのではないか、という気がします。
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

車中泊の夜の過ごし方。「トイレに起きる」のが楽しみになる

トイレに行くために、普段行かない場所、普段行かない時間をちょっと散歩するだけのことですが、そんな非日常が楽しいのが車中泊なのです。 雨のトイレもまたよしですよ。自宅(トイレが室内にある)がどれほど快適なことか、よーくわかります。ずっと自宅で過ごしていると、そういうことがわからなくなってしまうんですよね。
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

車中泊は、感染症(コロナ)時代の旅のスタイルとしては最適

生きる歓びを極大化する機会を、一都三県人だけ奪われることには納得できません。(短い期間なら我慢します) わたしはただ生きていればいいとは思っていないのです。
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

選挙のポスターは自分で貼る。選挙ってぜんぜん公平じゃない

いくら知事選挙に立候補しても、生まれ育った地元の掲示板に顔写真がなければ、甲斐がありません。A市ではポスターが貼られていないのにB市では貼られてあったりする現象が、選挙の不公平のおかげで、なにか人間くさく、切なく思えてきたのでした。
本-映画-メディア

『バトル・ロワイアル』クラスメイトの殺し合いは何かの比喩。人生の縮図

「走るぞ! せいいぱいでいいから走れ!」殺人フィールドに放り出される時、中川典子に、秋也がかけた最初の言葉です。 そして物語の最後にもこの言葉が繰り返されます。「走るぞ! せいいぱいでいいから走れ!」 最初っから最後まで主人公・七原秋也は走り続けていたのでした。
マラソン・ランニング

技術ドーピング問題。スラップスケート。レーザーレーサー。ロードバイクのフレーム。厚底ランニングシューズ

ランニングシューズにどうして規制なんか入れるのかわけがわかりません。高価な靴? 量産すれば安くなるでしょ? みんながガンダムに乗りたいと思えばガンダムだって量産されるのです。量産型のジムでしか戦っちゃいけませんなんて、スポーツ界はおかしな規制をかけるものだな(バカだなあ)とわたしは思います。
マラソン・ランニング

マラソン大会の古着リサイクル提案

ニューヨークシティマラソンの名物「服の木」。みんなで勢いよく古着を投げ捨てるイベント性で日常心を脱ぎ捨て、その気合いで1分ぐらいはタイムが縮むのではないでしょうか。日本のマラソン大会でも「可燃ごみ」ではなく「再生」するSDGs的な使い方をしてほしいものだと思っています。
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

夫婦車中泊。一緒に旅してくれる女房は金の草鞋を履いてでも探せ

「年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ」という言葉がありますが、われら冒険を愛する男にとっては「一緒に旅してくれる女房は金の草鞋を履いてでも探せ」ということなのだと思います。夫婦車中泊でもっとも大切なのは女性サイドの満足感です。
感動・ライフ・お金・仕事

【物欲】【食欲】「見ていたらほしくなっちゃった」体験

ウインドウショッピングしているとつい買いたくなっちゃう人たちがいなければ、広告業がなりたちません。店の中に入って、商品を見てもらえれば、一定数の人たちが買いたくなって、さらに一定数の人たちが実際に買ってくれる、というのがマーケティング理論のイロハなのです。その心理を解明しています。
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

万博の役割はもう終わっている。大阪万博1970→2025

大阪万博(2025年)は何を見せてくれるでしょうか。もしかしたら「驚くもの」「初めて見るもの」など何一つないかもしれません。それでもたくさんの外国人が来て、お祭りや踊り、音楽など生きている姿を見せてくれることでしょう。すくなくとも「人間」を見ることはできます。
本-映画-メディア

USJアトラクションでおなじみの映画『ウォーターワールド』はボートピープルのスラム映画

もし本当に地球がすべて海水に覆われるような世界になったら、太平洋ゴミベルト地帯のような場所が「お宝」地域になって、そこでスモーカーたちが資材争奪戦を繰り広げるんでしょうね。ちなみにほぼ血清の尿が飲めるってことは、血も飲めます。するとスラム映画が吸血鬼映画になってしまいます。
美味飲食-健康-体のケア

虫歯の治療のせいで歯痛になったら誰の責任か?

歯はいくら削っても、削ったところから虫歯になります。これを虫歯の再発、二次虫歯といいます。実に虫歯の再発の可能性は80%以上だそうです。「虫歯は早期治療した方がいい」というのは再発しない前提のウソ議論であって、実際には削ったところから虫歯になるのだから、虫歯はとにかく削らない方がいいのです。
美味飲食-健康-体のケア

歯医者には行くな。金歯はどうなった? 

歯はいくら削っても、削ったところから虫歯になります。これを虫歯の再発、二次虫歯といいます。実に虫歯の再発の可能性は80%以上だそうです。「虫歯は早期治療した方がいい」というのは再発しない前提のウソ議論であって、実際には削ったところから虫歯になるのだから、虫歯はとにかく削らない方がいいのです。
本-映画-メディア

写本による淘汰。『イリアス』と『オデュッセイア』のあいだ。テレゴノス・コンプレックス

『イリアス』『オデュッセイア』二作品のあいだを埋める作品としての「叙事詩環」。名作だけが後世に伝わる写本による淘汰理論によって現存していません。しかしエピソードは残りました。人間くさいから生き続けた神々の物語——矛盾していて面白いと思いませんか? 「原典」から「派生作品」ができたのではなく「派生作品」から「原典」が成立するのがギリシア神話の面白いところです。
マラソン・ランニング

ランニングはリズム感。ピッチを上げる方法

ピッチは生命のリズム感です。あなたの生き様、あなたの生きるリズムで決まります。まずはそこを変えることです。生きるリズム感が変われば、ランニングのピッチは勝手に変わります。のらくらな人間がレースの時だけ豪速のピッチを無理して刻むのではなく、おのれのビートの命じるままに快速のピッチを楽に刻むことです。
感動・ライフ・お金・仕事

お笑い第七世代? それぞれの世代の代表的なお笑い芸人

お笑い第七世代っていうからには、第一世代、第二世代がいるはずです。第一世代って誰? 最初のお笑い芸人って誰? その疑問を調べてみました。しょせんはお笑いの話しです。正解とか不正解よりも笑わせたもの勝ちだとわたしは思うのです。
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

愛人ならニューヨーク、恋人ならパリ、妻ならバンクーバー

恋人にしたい人と、結婚したい人は違うのです。バンクーバーの公園には市民が寄贈したベンチがたくさん並んでいました。そのベンチのメッセージを読んでいるうちに、ここなら住んでもいいとわたしは思ったのです。
感動・ライフ・お金・仕事

たとえ夢がかなわなくても……勇気をくれる金言、格言

幸福になるカギは「現状に満足することを知れ」ということです。その心もちでない限りは心から欲するものを手に入れられたとしても悲劇だということですね。「現状に満足する心」さえあれば、どっちにしても悲劇にはなりません。
マラソン・ランニング

陸上短距離走だと金メダルを取れない日本人が、スピードスケートだと金メダルを取れるのは何故なのか?

スケートなどにはスポーツ技術が介在する余地があるということでしょう。競技テクニックによってフィジカルな面を凌駕してしまえるだけの余地があるということです。
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

車中泊の夜の過ごし方

暗闇に何かがいると想像すれば、それだけで夜の散歩は楽しくなります。人生が楽しくなります。見知らむ場所の恐怖こそ、人生の本質ではないでしょうか? それを肌で感じることができるのが、車中泊の夜の醍醐味のひとつだと思うのです。
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

車中泊の「道の駅」以外の穴場スポットご紹介

「道の駅」の車中泊で、マナー違反車のエンジンを切らないアイドリングの騒音、振動にウンザリしたら「公共施設の駐車場」をトライしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました