写本による淘汰。『イリアス』と『オデュッセイア』のあいだ。テレゴノス・コンプレックス

本-映画-メディア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

このブログ著者の書籍『市民ランナーという走り方』マラソン・サブスリー養成講座
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

たとえば『古事記』に書いてある内容、スサノオのヤマタノオロチ退治や、アマテラスの天岩戸隠れ伝説について知っていても『古事記』の原書(現代語訳であっても)を読んだという人は限りなく少ないのではないかと思います。要約本、解説書、映像などで内容だけ知っている人がほとんどでしょう。

ギリシア神話についても同じことが言えます。クロノスとゼウスの戦い(ティタノマキア)や、ヘラ、アテナ、アフロディナ三美神の美女競争(パリスの審判)など、ギリシア神話の内容は知っていても、原典・原書を読んだという人はほとんどいないのではないかと思います。

ところでギリシア神話の原書・原典って何でしょうか? それがここでのテーマです。

ノアの箱舟』や『バベルの塔』の原書ならはっきりしています。『旧約聖書』が原書・原典です。

しかしギリシア神話には『聖書』に相当するものがありません。ギリシア神話はどのように成立したのでしょうか?

スポンサーリンク

口伝・口承文学。ファンタジーでおなじみ吟遊詩人の世界。

ギリシア神話はもともと口伝・口承のものだったそうです。ファンタジーで有名な吟遊詩人がリアルにここで登場します。パピルスや羊皮紙が存在する以前から、人々の記憶の中に、吟遊詩人の詩を通して伝えられてきたもの、それがギリシア神話の原典でした。

またギリシア神話の八百万の神々はそれぞれの地方神だったといわれています。ムラ単位でムラの神様の伝説が口伝・口承されていたものが、ムラが合併して国になっていくなかで、一本にまとまっていったもののようです。

主神ゼウスが浮気者に描かれているのは、地方神を主神ゼウスの血縁関係者にするためだと言われています。アポロンやアテナなどをそれぞれ信仰する人にとって、主神ゼウスと無関係では「国」が成り立ちません。ゼウスの息子、娘ということにした方が、「国」としてまとまる上で都合がいいのです。ゼウスの子どもということにすれば、父の言うことに逆らってはいけませんということで、「国」として統治しやすいという理屈です。従うのはアテナがゼウスに負けたからではなく相手が父親だからということにすればケンカもおさまります。このようにしてゼウスは多くの神の父となり、その結果、いろいろな女性と交わることになってしまったのでした。

現代の「マンガでわかるギリシア神話」を見ると「浮気者のスケベおやじ」のように描かれていることが多いゼウスですが、原書『イリアス』では犯しがたい威厳を備えた圧倒的な主神として他の神々がひれ伏している存在です。けっしてエロ爺いみたいな扱いではありません。威厳あるもの、他の神々が畏怖する存在として描かれています。

吟遊詩人の口伝・口承の神話が、文字として最初に登場したのがホメロスの『イリアス』だといわれています。これは人類最古の物語でもあります。その後同じ作者の『オデュッセイア』が現れます。長い冒険物語のことをオデッセイというのは『オデュッセイア』が由来です。

スポンサーリンク

『イリアス』と『オデュッセイア』

わたしは『イリアス』『オデュッセイア』を要約本ではなく原書(もちろん現代日本語訳ですが)で読みました。『イリアス』『オデュッセイア』では、神エピソードは「知ってる前提」として登場します。女神アテナがゼウスの娘であることは「当然知っていること」として何の説明もなしに『イリアス』では描かれています。

最初に文字に残されたギリシア神話は『イリアス』だとされています。しかし『イリアス』は神々の物語ではありません。トロイ戦争の物語であって主人公はあくまでも人間です。アキレウスやアガメムノン、プリアモスやヘクトル、パリス、ヘレナやカサンドラなど人間が主人公なのですが、それぞれの人間に守護神がついており、人間が戦うと、守護神も戦うという神・人の二重構造になっているのです。

小説のはじまりは「怒り」。詩聖ホメロス『イリアス』は軍功帳。神話。文学
『イリアス』はフィクションにしては軍立て、軍容を詳しく書きすぎています。聞いてくれる人の出身地、出兵した地方の人たちの功を讃える意味で延々と語ったのだと思います。いっしゅの軍功帳みたいな意味があったのだと思います。ただのエンタメだったとすれば延々と軍容や功績を語る意味がわかりません。

アカイア軍(ギリシア連合軍)とトロイの戦争は、ギリシア連合軍を応援するアテネ、ヘラ、ポセイドンらと、トロイを応援するアフロディナ、アレス、アポロンなどが争うってことです。その人の守護神が勝てばその人が勝ち、その人の守護神が退散すればその人が負けるのです。『イリアス』でアテネとアレスは戦いますが、どっちが勝ったでしょうか?

答えはアテネです。だから戦争はトロイアは負け、ギリシア連合軍が勝ったのです。

この世のことを決めているのは人間ではなく神様だというわけです。そういう意味ではまさしく「ギリシア神話」しているのが『イリアス』です。

ところがどうにもわからないことがあります。

『イリアス』『オデュッセイア』二作品を読んだだけでは、現代のわたしたちがトロイア戦争として知っている知識範囲が網羅できないからです。

二作品のあいだの知識は、誰が、どのような形で補って、伝えられてきたのでしょうか?

スポンサーリンク

トロイ戦争最大のスーパースターのアキレウスの運命が描かれていない

トロイ戦争最大のスーパースターは、アキレス腱の語源にもなった英雄アキレウスです。

アキレウスは「もっとも足が速く」「もっとも強い」ギリシア側の戦士です。また「故郷に残れば幸福で長生きできるが無名として死に、戦場に出れば名を後世に残す代わりに若くして死ぬ」という「戦士の運命」を体現した存在です。自分の運命を承知でアキレウスは戦場に出るのです。

そしてギリシア連合軍リーダー格のアガメムノンに反旗を翻してサボタージュしたり、友だちを殺されて激怒するなど、とても人間くさいところもある半神半人の英雄です。

アキレウスが死ぬシーンも有名です。唯一の弱点であるアキレス腱をパリスの矢(アポロンの矢)で打ち抜かれて死ぬはずです。なんでアキレス腱が唯一の弱点かというと母テティスが「つかると不死身になれる水」に息子アキレウスを浸からせるときに足首を持っていたから、という『耳なし芳一』のようなエピソードがあったりします。

この「耳なし芳一」エピソードがどこに書いてあるのか、というのが本稿のメインテーマです。

このアキレウス。『イリアス』では死ぬところも描かれません。『イリアス』では敵の大将プリアモスが、愛する息子のヘクトルの遺体を返してくれと深夜にこっそりとアキレウスをたずね、敵将の勇気と愛情にアキレウスが感じ入るところで終了してしまうのです。

つづくオデュッセイアでは、もうアキレウスは死んでいて、トロイ戦争は終了しています。トロイの木馬のエピソードも現在進行形では語られません。トロイに勝ったギリシア連合軍の知将オデュッセウスの帰国物語がオデュッセイアなのですが、トロイ戦争のことは過去の回想で語られるだけで、どちらかというと巨人や魔女などに遭遇する冒険の方がメインの作品です。

トロイア戦争はシュリーマンが史跡を発掘したとおり史実である可能性が高いのですが、名高いトロイ戦争のあれやこれやのエピソードは誰がどのようにして伝えたのでしょうか?

スポンサーリンク

大アイアースが気になる

まずわたしが気になったのは、トロイア戦争のセカンドヒーローの大アイアースです。カッコよすぎるアキレウスに隠れて、いまいちマイナーな大アイアスです。

しかし原書『イリアス』を読むと、「偉大な男には偉大な敵がいる」アキレウス最大のライバルであるヘクトルを打ち破ったことがあるのはアキレウスだけではありません。大アイアースという男いて、ものすごく活躍しているのです。大アイアスヘクトルよりも強いのです。

要約本、解説本ではほぼ省略される大アイアースの運命がどうなったのか、わたしは気になりました。

解説本を読むと、鍛治の神ヘパイストスがつくったアキレウスの武具を賭けてアキレウスの追悼試合がおこなわれたそうです。大アイアースはオデュッセウスと戦いますが、負けたわけじゃないのに負けた判定をもらいます。そのように自分の戦功が周囲から正当に評価されないのを苦にして大アイアースは自殺したことになっています。

なんて人間くさい。まるで現代人みたいではありませんか?

しかしそんなことがどこに書いてあるのでしょうか。すくなくとも『イリアス』『オデュッセイア』二作品にそんなことは書いてありません。

スポンサーリンク

叙事詩環。あいだを埋める作品

そんなことどうしてわかるの? どこに書いてあるの?

そもそもアキレウスがアキレス腱を射られて死んだという超有名エピソードも『イリアス』『オデュッセイア』二作品には書いてありません。ヘクトルの葬儀でイリアスは終わり、トロイア戦後の帰国物語がオデュッセイアだからです。「そのあいだ」が抜け落ちているのです。

調べるとどうやら全部で8篇の「叙事詩の輪」、「叙事詩輪」というものがあるそうです。

これはどういうことかというと、もともと口伝・口承では完結していた輪の物語のうち、『イリアス』『オデュッセイア』を埋める形で、ホメロスの詩を真似て、他の人間が後の世に文章に残したのだそうです。

だから吟遊詩人が滅びた現代でも、神話の体形、トロイア戦争の経緯が、現代にも伝わっているんですね。

叙事詩環は8篇あるそうです。

第①輪=ヘレナをめぐるオデュッセウスらギリシア連合の成立物語。パリスの審判

第②輪=『イリアス』です。アキレウスの怒りから、プリアモスのヘクトル遺体引き取りまで

第③輪=アマゾネスとアキレウスの戦い。パリスのアキレウス殺害。

第④輪=大アイアースとオデュッセウスの勝負。トロイの木馬。

第⑤輪=オデュッセウスのトロイ陥落作戦実行。小アイアースのカサンドラ凌辱。

第⑥輪=アガメムノンの帰国と殺害

第⑦輪=『オデュッセイア』です。オデュッセウスの冒険と帰還

第⑧輪=オデュッセウスの死。息子テーレゴノスは父オデュッセウスをそうとは知らず殺し、義理の母ペーネロペーと結婚する。

なるほど①~⑧の物語が揃えば、わたしたちが知っているトロイア戦争の「木馬」をはじめとするいろいろな伝説のすべてを知ることができそうですね。

スポンサーリンク

叙事詩環は現存していない。散逸し、失われた。現代に残っていない

ところがこう伝わっていますが、叙事詩環は散逸してしまって「ない」のだそうです。失われているのです。ただそういう詩編があったことと、内容だけが他の人の文章の中に現れて残っているというのです。

叙事詩環は「そういうのがある」と他の作品の中に登場しているだけで、現物は現存していないそうです。

8詩編のうち現代も残っているのはホメロスの『イリアス』『オデュッセイア』二作品だけなのだそうです。

これは八つの作品が同時にホメロスによって描かれて、たまたま二作品だけが残ったのではなく、先行する二作品のあいだを埋めるように後世のホメロスとは別の作者が書き加えたようです。

しかし失われてしまいました。だから詩編(作品)としては残っていません。あらすじがのこっているだけです。

しかし「最古にして最高」といわれる『イリアス』、大冒険の元祖『オデュッセイア』など名作が残ったのはむしろラッキーだったと思いますか?

これはラッキーではなく、むしろ必然だったとわたしは考えています。

スポンサーリンク

写本による淘汰。名作だけが後世に伝わる

印刷技術以前の時代はどれだけ写本してくれる人がいるかが後世に残るためのカギでした。名作ほど残る可能性が高かったのです。文章のお手本として書き写したくなるような作品ほど、写本がたくさんできたわけですから、後世に残ったというわけです。

たとえば第輪の「オデュッセウスの死。息子テーレゴノスは父オデュッセウスをそうとは知らず殺し、義理の母ペーネロペーと結婚する」については、ソポクレスの『オイディプス王』を彷彿とさせるものがあります。

フロイトは「父を憎み、母を愛する」心理を、テーレゴノス・コンプレックスと名付けてもよかっただろうと思いますね。しかしエディプス・コンプレックスと名付けました。それはなぜかというと、叙事詩環は残っていなかったのに対して、『オイディプス王』は現代まで残っていたからです。

同じ作者ソポクレスの作品も120編の戯曲をつくったそうですが、完全な形で残っているものは7作品にすぎないそうです。これをもったいないと惜しむこともできますが、たぶん失われた作品の中に『オイディプス王』を超える名作はないのだろうと思います。そう考えるのは上の「写本による淘汰」理論によります。『オイディプス王』は「写本」されたからこそ後世に残り、その他の作品は写本されなかったから、どこかの段階でなくなってしまったということだと思うからです。

スポンサーリンク

エディプス・コンプレックスの命名理由

それほどオイディプス王はギリシア悲劇の圧倒的な傑作です。オイディプスが「父を殺し母と交わる」のは運命(神の意図)です。そういう意味でもギリシア神話を構成する一部になっています。人間オンリーの物語とはいいきれないところがあるのです。

それに対して叙事詩環の第輪は、現存していません。どちらも同じようなエピソードですが、フロイトがエディプスコンプレックスと命名したのはそういうわけなのです。

スポンサーリンク

『テレゴネイア』テレゴノス・コンプレックスとは

ちなみに第×輪とした叙事詩輪であるが、実は名前があります。ちゃんとした作品だったのだから当然ですね。

叙事詩輪の第⑧輪には主役テーレゴノスにちなんで『テレゴネイア』という名前がついています。主役オデュッセウスの物語がオデュッセイアなので、テーレゴノスの物語はテレゴネイアなのです。

テレゴネイア=オデュッセウスの死の物語。息子テーレゴノスは父オデュッセウスをそうとは知らず殺し、義理の母ペーネロペーと結婚する。

本作のオチはそりゃあもうすごいものです。びっくりしますよ。なんとオデュッセウスのふたりの息子がそれぞれ義理ママと結婚してしまうというものなのです。

オデュッセウスと愛人キルケーとの息子テーレゴノスは正妻ペーネロペーと結婚し、正妻ペーネロペーとの息子テーレマコスは愛人キルケーと結婚するのです。

息子を交換しただけ。もしくは母親を交換しただけ、というものです。

『テレゴネイア』は「エディプス・コンプレックス」の命名由来になり損ねた物語ですが、いっそ「テレゴノス・コンプレックス」というのをわたしがプレゼントしたいと思います。

「テレゴノス・コンプレックス」=父親が愛したものを欲しがる精神嗜癖。母と似た人、母の立場の人を愛する精神嗜癖。親父の愛人などを欲しがる人がこれに該当します。二代目社長などが、先代社長の好きだったものをやたらと欲しがる場合に「あいつはテレゴノス・コンプレックスだからなあ」という風に使ってみましょう。

スポンサーリンク

知ってる前提で登場したの神エピソードをヘシオドスが体系的に執筆した

これで謎が解けました。トロイア戦争が一つのストーリーとして通用するためには、二作品だけではダメで、叙事詩環の他の六作品が必要だったのですね。

写本による淘汰で六作品は現存していませんが、エピソードだけは後世に伝わりました。

叙事詩環はトロイ戦争にまつわる壮大な物語でした。戦争そのものがゼウスの大御心でおこなわれたことになっているので、ギリシア神話の一部を構成するものでもあったのです。

『イリアス』『オデュッセイア』二作品の後、ヘシオドスが「ギリシア人だったら知っていて当然の神エピソード」を『神統記』に書いて、ギリシア神話は現代まで伝えられました。

アテナやアポロンに対する信仰こそキリスト教に呑み込まれて消えてしまいましたが、人間くさい神様の物語はいまでも「物語」として人々に愛されつづけています。

「エディプス・コンプレックス」がオイデプス王から、キメラマウスは怪物キマイラからというように、現代の新しい用語の語源として、ギリシア神話が登場することもあります。

人間くさいから生き続けた神々の物語——矛盾していて面白いと思いませんか?

スポンサーリンク

ギリシア神話外伝、スピンオフ作品は制作され続ける

ギリシア神話には『旧約聖書』的な原典はありません。

神話はギリシア人なら誰でも知っていて当然な知識でした。吟遊詩人により口伝で伝えられてきたものです。

その神々の運命に翻弄される人間たちの物語が神話体系よりも最初に完成した、という珍しい後世への残り方をしています。だから文学なのです。

現代風に言うと『イリアス』はギリシア神話のスピンオフ作品とでもいうのでしょうか。神話外伝という作品もたくさんあります。

とくにギリシア悲劇『アガメムノーン』とか『アンティゴネ』など、ほぼすべて神話外伝みたいなものです。

このギリシア神話スピンオフ作品はその後も制作され続けます。

たとえば面白いものをひとつご紹介します。

ダンテ『神曲』でおなじみのウェルギリウスの『アエネーイス』は、このトロイア戦争をトロイ側から書いたものです。

三国志を蜀ではなく魏の側から描いた作品みたいなものですね。

主人公はアエネーアース。トロイ側の英雄でしたが、トロイ陥落後にイタリアの地にたどり着きローマ建国につながる一歩を記す。というものです。

いわば『ギリシア神話』『イリアス』の派生作品といえるでしょう。

このように「原典」から「派生作品」ができたのではなく、「派生作品」から「原典」が成立するのが、ギリシア神話の面白いところなのです。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

本を読んで何かを考えた「あなた」。人生には『仕事を辞める』という選択肢があります。それは人生を劇的に変えてくれることでしょう。

人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。
団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。
スポンサーリンク

本は電子書籍がおすすめです

本を読んで何かを考えた「あなた」。人生には『仕事を辞める』という選択肢があります。

人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。
団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。

これからもたくさんの良質な本に出会いたいという「あなた」。本は場所をとらない電子書籍がおすすめです。

kindle unlimitedは、電子書籍kindleキンドルを利用した和書12万冊、洋書120万冊以上の読み放題サービスです。

kindleの使い方

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
ここではデジタル書籍の読み放題サービスである kindle unlimitedについてその使い方をご紹介しています。読書には、物理的に紙の本を買う方法と、デジタル文字をダウンロードして読む方法があります。読書の形態も、一冊のみ注文する場...

アマゾンプライムの使い方・入会方法

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
このページではパソコンを使用したAmazonプライム会員に登録するやり方を解説しています。 Amazonプライムビデオを視聴するためには、Amazonプライム会員に登録しなければなりません。 プライムビデオを視聴する=Amazo...

オーディブルの使い方

オーディオブックは究極の文章上達法
このページは「文章がうまくなりたい人」に向けて書かれています。 耳がよくなければ、文章はうまくなりません。 文章がうまくなりたければ、目を閉じて耳を澄ませましょう。 【この記事を書いている人】 瞑想ランニ...

私はオーディオブックは究極の文章上達術だと思っています。

人生を変えた本『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』リアル・ドラゴンクエスト・ガイドブック
いくら旅に時間を費やしたところで、自分と向き合うことに時間を費やさなければ、何の意味もありません。どれだけ何かが変わっても、それに対処するのは自分しかないからです。 どこに行こうと、何が変わろうと、そこには自分がいます。これは言葉ではありません。生き方なのです。
人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。
団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。

 

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このブログ著者の小説『結婚』
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
Amazon.co.jp
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
Amazon.co.jp
このブログの著者の小説『片翼の翼』
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
【この記事を書いている人】

アリクラハルト。走る哲学者。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。山と渓谷社ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。放浪の旅人。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
アリクラハルト。走る哲学者。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。山と渓谷社ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。放浪の旅人。千葉県在住。
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
本-映画-メディア
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました