ランニングはリズム感。ピッチを上げる方法

マラソン・ランニング
スポンサーリンク
『ドラクエ的な人生』とは?

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)』。小説『ツバサ』。『通勤自転車からはじめるロードバイク生活』。『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』。Amazonキンドル書籍にて発売中。

YouTube動画

vehicle-night-in-japan

このページでは雑誌『ランナーズ』の元執筆者で、市民ランナーのグランドスラムを達成しているわたしハルトがピッチを上げる方法について書いています。

※※※YouTube動画はじめました※※※

書籍『市民ランナーという走り方(マラソンサブスリー・グランドスラム養成講座)』の内容をYouTubeにて公開しています。言葉のイメージ喚起力でランニングフォームを最適化して、同じ練習量でも速く走れるようになるランニング新メソッドについて解説しています。気に入っていただけましたら、チャンネル登録をお願いします。

ドラクエ的な人生YouTube
エッセイ系、オピニオン系ブログ『ドラクエ的な人生』のYouTube出張局です。 ●ブログ「ドラクエ的な人生」→人生の母艦として日々更新中。 ※当チャンネルは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amaz...

×   ×   ×   ×   ×   × 

※雑誌『ランナーズ』の元ライターである本ブログの筆者の書籍『市民ランナーという走り方』(サブスリー・グランドスラム養成講座)。Amazon電子書籍版、ペーパーバック版(紙書籍)発売中。

「コーチのひとことで私のランニングは劇的に進化しました」エリートランナーがこう言っているのを聞くことがあります。市民ランナーはこのような奇跡を体験することはできないのでしょうか?
いいえ。できます。そのために書かれた本が本書『市民ランナーという走り方』。ランニングフォームをつくるための脳内イメージワードによって速く走れるようになるという新メソッドを本書では提唱しています。「言葉の力によって速くなる」という本書の新理論によって、あなたのランニングを進化させ、現状を打破し、自己ベスト更新、そして市民ランナーの三冠・グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するのをサポートします。
●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」「アトムのジェット走法」って何?
●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム?
●ピッチ走法よりもストライド走法! ハサミは両方に開かれる走法。
●スピードで遊ぶ。スピードを楽しむ。オオカミランニングのすすめ。
マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは?
究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」
本書を読めば、言葉のもつイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く走ることができるようになります。
※カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。

https://amzn.to/44MwjHs

星月夜を舞台に、宇宙を翔けるように、街灯に輝く夜の街を駆け抜けましょう。あなたが走れば、夜の街はイルミネーションを灯したように輝くのです。そして生きるよろこびに満ち溢れたあなたの走りを見て、自分もそんな風に生きたいと、あなたから勇気をもらって、どこかの誰かがあなたの足跡を追いかけて走り出すのです。歓喜を魔法のようにまき散らしながら、この世界を走りましょう。それが市民ランナーという走り方です。

×   ×   ×   ×   ×   × 

速く走るために必要なのはストライドです。でもストライドは肉体的な条件に大きく左右されます。あなたが頑張れるのはピッチしかありません。

ピッチは速すぎても遅すぎても辛いものです。

ピッチは生命のリズム感です。あなたの生き様、あなたの生きるリズムで決まります。まずはそこを変えることです。生きるリズム感が変われば、ランニングのピッチは勝手に変わります。のらくらな人間がレースの時だけ豪速のピッチを無理して刻むのではなく、おのれのビートの命じるままに快速のピッチを楽に刻むことです。

自由闊達なランニングフォームが理想です。それを教えてくれるのは「あなたの肉体」に他なりません。

だから「自分の肉体との対話力」が求められるのです。

スポンサーリンク

ランニングのピッチとは何か?

ピッチというのは一歩一歩の歩数のリズムのことです。一分間当たりの歩数をBPMといったりします。一分間に左右で180回の歩数を刻めば180BPMです。

スポンサーリンク

聞いている音楽でピッチ数が変わったエピソード

わたしは昔はゆっくりジョガーでした。「海外リゾートランナー」と揶揄されたこともあります。

普段のランニングは音楽なしには走れないのですが、その当時はカーペンターズなんか聞いていました。

ところがあるときからダンス系の音楽を聴くようになりました。ユーロビートを聞いていたら走るスピードがアップしたのです。

耳から流れ込んできたリズムが、わたしのピッチを変えたのでしょう。このようにベースとなるリズム感は変えることができます。ノリノリに聞いている音楽をアップテンポにしてみてください。

ピッチは生命のリズム感です。あなたの生き様、あなたの生きるリズムで決まります。まずはそこを変えることです。生きるリズム感が変われば、ランニングのピッチは勝手に変わります。のらくらな人間がレースの時だけ豪速のピッチを無理して刻むのではなく、おのれのビートの命じるままに快速のピッチを楽に刻むことです。

スポンサーリンク

ピッチは速すぎても遅すぎても辛い

ためしにメチャクチャ遅いピッチで走ってみてください。却って辛くなることと思います。片足立ちしている時間が長くなって安定しませんし、はやく次の足を出したくなるでしょう。もっと速いピッチで走らせてくれ、と叫びたくなることでしょう。

ためしにメチャクチャ速いピッチで走ってみてください。せわしなくて疲れることでしょう。「その場足踏み」が最も速くビートを刻むことができます。ピッチを刻むことに集中すれば、自然とストライドが小さくなっていることでしょう。もっとゆったりとしたピッチで走らせてくれ、と叫びたくなることでしょう。

さて、これで実験は終了です。

実験によって、あまりにも遅すぎるピッチも、あまりにも速すぎるピッチも、キツイことがわかりました。

その中間のどこかにもっとも楽なピッチがあるはずです。まずはそれを探しましょう。

ゆっくりジョガーはその「自分にとってもっとも楽なピッチ」で走っています。

スポンサーリンク

速く走るために必要なのはストライド。でも頑張れるのはピッチ

サブスリーランナーを目指すあなたなら「自分にとってもっとも楽なピッチ」よりも、もうすこし速くピッチを刻んでみましょう。なぜなら速いピッチなくして、大きなストライドはありえないからです。

ためしに滅茶苦茶スローなピッチで大きなストライドが連続できるか試してみてください。勢いがつかないと大きなストライドは絶対に維持できません。大きなストライドを確保するためにはすばやい大腿骨の振りだしが必要であり、必然的にピッチはある程度まで上がります。

自分にとって最も楽に速く走れるストライドとピッチを記憶します。それがレースペースになります。

速く走るためには大きなストライドが必要です。レベルが上がれば上がるほどライバルランナーと「ピッチは同じ、違いはストライド」という状況になります。

ところがストライドというのは筋肉の疲労によってレース後半には落ちてきます。これは避けられません。

しかしピッチは落ちないはずです。なぜならピッチは生命のリズム感だからです。ランニングはリズム感です。リズムで押していくのです。

【アトムのジェット走法】【動的バランス走法】もゆったりとしたピッチでは実現できません。そもそもある程度のピッチが必要です。レースのフォームはレースのスピードを出さないと獲得できません。当然、レースのピッチを刻まなければレースのフォームの練習はできません。

ピッチを調整してスピードをコントロールしようという発想は間違いです。スピードのためにもっともストライドが伸ばせるピッチを選択する、と心がけてください。

繰り返しますが、そうはいってもストライドはレース後半には落ちてきます。だからこそ、ピッチを頑張らなくて何を頑張るのか? という気がします。ストライドは身体のバネがなくなったらどう頑張っても落ちていきます。脳ミソ(意識)で維持できるのはピッチのリズム感だけです。

それさえ「ま、いっか」となったら、どこまでも落ちて行くだけです。

最低限、すばやいピッチは維持するようにしてください。180BPM前後が理想のピッチといわれています。

スポンサーリンク

「自分の肉体との対話力」が求められる

普通のランニングの教科書ではここで終了なのですが、本書はここでは終わりません。

もし180BPMよりももっとピッチを緩めることでストライドが伸ばせると感じたら、わたしはピッチを捨てることをオススメします。ピッチとストライド、どっちかをとるならストライドをとりましょう。なぜならランニングは空中に浮遊して前に進む運動だからです。速足の競歩とはちがいます。

究極は「リズムにすらこだわらない」自由闊達なスタイルが理想です。もっとも効率的に走るフォームはあなたの肉体がもうすでに知っているからです。

ピッチ走法は速く走るための重要なテクニックですが、より速く走るためにはそれさえ捨てるということも必要なのです。

自由闊達なランニングフォームが理想です。それを教えてくれるのは「あなたの肉体」に他なりません。

だから「自分の肉体との対話力」が求められるのです。

×   ×   ×   ×   ×   × 

※雑誌『ランナーズ』の元ライターである本ブログの筆者の書籍『市民ランナーという走り方』(サブスリー・グランドスラム養成講座)。Amazon電子書籍版、ペーパーバック版(紙書籍)発売中。

「コーチのひとことで私のランニングは劇的に進化しました」エリートランナーがこう言っているのを聞くことがあります。市民ランナーはこのような奇跡を体験することはできないのでしょうか?
いいえ。できます。そのために書かれた本が本書『市民ランナーという走り方』。ランニングフォームをつくるための脳内イメージワードによって速く走れるようになるという新メソッドを本書では提唱しています。「言葉の力によって速くなる」という本書の新理論によって、あなたのランニングを進化させ、現状を打破し、自己ベスト更新、そして市民ランナーの三冠・グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するのをサポートします。
●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」「アトムのジェット走法」って何?
●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム?
●ピッチ走法よりもストライド走法! ハサミは両方に開かれる走法。
●スピードで遊ぶ。スピードを楽しむ。オオカミランニングのすすめ。
マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは?
究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」
本書を読めば、言葉のもつイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く走ることができるようになります。
※カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。

https://amzn.to/44MwjHs

星月夜を舞台に、宇宙を翔けるように、街灯に輝く夜の街を駆け抜けましょう。あなたが走れば、夜の街はイルミネーションを灯したように輝くのです。そして生きるよろこびに満ち溢れたあなたの走りを見て、自分もそんな風に生きたいと、あなたから勇気をもらって、どこかの誰かがあなたの足跡を追いかけて走り出すのです。歓喜を魔法のようにまき散らしながら、この世界を走りましょう。それが市民ランナーという走り方です。

×   ×   ×   ×   ×   × 

タイトルとURLをコピーしました