技術ドーピング問題。スラップスケート。レーザーレーサー。ロードバイクのフレーム。厚底ランニングシューズ

肉体改造・スポーツ・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

このページでは技術ドーピング問題についてとりあげています。その例として過去の、スラップスケート、レーザーレーサー、ロードバイクのフレームについての規制をとりあげて、ナイキのヴェイパーフライに代表される反発フレームを装着した厚底ランニングシューズ問題について私見を述べています。

【私見】

ランニングシューズにどうして規制なんか入れるのか意味がわかりません。

高価な靴? 量産すれば安くなるでしょ? それにはまず使用を許可しないと量産化なんかされるわけがないじゃありませんか。

みんながガンダムに乗りたいと思えばガンダムだって量産されるのです。量産型のジムでしか戦っちゃいけませんなんて、スポーツ界はおかしな規制をかけるものだな(バカだなあ)とわたしは思います。

スポンサーリンク

技術ドーピングか? ナイキのウェイパーフライ

ナイキのヴェイパーフライのことを書いた記事が、当サイトではたくさんの閲覧者を集めています。いわゆる「主力記事」のひとつです。

こういう新技術で記録が劇的に向上するスポーツ用品のことを「技術ドーピング」と言ったりします。人間が肉体を鍛えて過去の記録を更新するのならスポーツとして問題ないのですが、道具を変えただけで先輩たちの従来の記録が簡単に破れるようでは「肉体を競う」という本来のところから外れてしまいます。そのために「技術ドーピング」製品は「その製品を使用した場合、記録として採用しない」と業界から規制・排除を食らうことがあります。

これまでの記録をたくさんの人が塗り替えて、選手がみんなその道具を使うようになるという革新的な製品ですが、規制されるものとされないものがあります。

このページでは、そこらへんのことを書いています。

【寝る前に聞くお話し】「厚さは速さだ」ナイキの厚底ランニングシューズの逆襲劇

わたしのナイキのヴェイパーフライ評は「靴底にプレートを入れる発想は昔からあった。ナイキは素材を開発して旧来の発想を効率化させただけ。完全に企業努力の範疇であって“認めていい”。靴が人に合わせるのではなく、人が靴に合わせる時代になったなあ」というものでした。

わたしの意見は「技術ドーピングにあたらず」ですが、国際陸上競技界がどのように判断するかは別問題です。

スポンサーリンク

スラップスケート。ブレードが踵から離れる新発想のスケート靴

長野オリンピックあたりの時代にスラップスケートというスケート靴が新登場して従来の記録を次々と打ち破ったことがあります。

スラップスケートというのは、スピードスケートのブレードが蹴りだすと離れるという従来の固定型とは全然違う新発想のシューズでした。

スケートでも陸上競技同様、速く走るためにはストライドが重要です。大きなストライドを稼ぐためにはできるだけ大きな力を後ろに蹴りだす足に込める必要がありますが、ブレードが踵から離れるスラップスケートは氷面に接している時間が一体型よりも長くなるため、力を伝えるのに有利です。そのために同じ選手がスラップスケートを履くと速くなるというヴェイパーフライと同様のことが起こりました。

ナイキの厚底シューズと同じような事例は過去にもあったのです。

わたしはどうして日本人選手が陸上100mではまったくメダルを獲れないのに、スピードスケート短距離500mでは金メダルが獲れるのか、という記事で、着地筋(太腿前面のブレーキ筋)のしめる割合がスケートの方が大きいためだろうと分析しました。

この踵が離れるスラップスケートは着地の時はバネで戻ってくるので、ノーマルスケートと同じ着地ができるのです。バネは装着していますが、推進力に使っているわけではないので、技術的には「問題なし」とされました。

ブレード(刃)がブラブラする可能性があるので「危険だ」という判断はされたようですが、技術革新の結果は認められました。長野五輪ではスラップスケートの選手が勝ち、ノーマルスケートの選手が破れるという傾向が完全に出たのです。

スポンサーリンク

レーザーレーサー。水の抵抗を減らす魔法の水着

水泳界にも「技術ドーピング」とされた魔法の水着がありました。レーザーレーサーという水着です。

この水着は特殊な素材でできた競技用水着で、水の抵抗を極限まで減らすために縫い目はなく、キツキツの水着の中に無理やり身体を押し込んで使用するというものでした。

やはりヴェイパーフライやスラップスケートのように、レーザーレーサーを着用した選手が次々と従来の世界新記録を打ち破り、ほとんどの選手がレーザーレーサーを着用するという水着の革命をもたらしました。

ところがレーザーレーサーは「技術ドーピング」として、水泳界は規制の方向に動きます。

水着素材の浮力や素材、厚みまで細かく規制して、レーザーレーサーを追放してしまったのです。水着が体表を覆う面積まで規制するという念の入れようでした。

スポンサーリンク

ロードバイク。フレームのカタチだけは変わらない

わたしたちに身近なロードバイクですが、どうしてフレームが三角形(前三角と後三角)なのかご存知でしょうか? あれがもっとも走行効率のいい形だから?

ノン、ノン、違います。

ヨーロッパの自転車競走の世界に技術革新の嵐が巻き起ころうとしたとき、弱小フレームメーカーを守るために「前三角と後三角」の形じゃないとダメ! と業界がカタチのルールを決めたからなんですね。

「前三角と後三角」の組み合わせは、それほど複雑な形状ではないので、弱小メーカーでも大手資本に対抗できるカタチだったわけです。だから素材こそアルミニウムからカーボンに変わったりしましたが、フレームのカタチは昔から変わっていないのです。

ビンディングペダルエアロホイールなど技術革新の成果が導入されましたが、フレームのカタチだけは変わっていません。

これが日本の競輪になるとフレームの形状はおろか、素材の技術革新さえも認めていません。高額の資金力のあるメーカーが新素材の技術で競輪自転車をつくってしまうとギャンブルが成立しなくなるからです。

スポンサーリンク

厚底ランニングシューズの規制。靴底40mm。プレート一枚。市販

さて「技術ドーピング」に係るスラップスケート、レーザーレーサー、ロードバイクのフレームを見てきました。

スラップスケートは技術ドーピングとされずにセーフ。レーザーレーサーは技術ドーピングとされてアウト。ロードバイクはフレームの形状だけを決めて、素材の新開発は認めるというものでした。

みなさんはどの解決法がいちばんスッキリしたでしょうか? わたしの場合はロードバイクのフレームの規制の仕方がいちばん納得のいくルールだと思いました。

さて、ランニングシューズのナイキの厚底シューズ、ウェイパーフライの問題ですが、このように解決されたそうです。

「靴底の厚さ40ミリ以下、靴底のプレートは一枚まではいいが、二枚以上はダメ。4カ月以上前に市販されたシューズであること」

逆に言えば反発プレートが二枚以上入っている場合には規制対象になるということです。人類初マラソン1時間台(1時間59分40秒)で走ったケニアのキプチョゲ選手が履いていたナイキの超厚底シューズには、なんと3枚のプレートが装備されていたそうです。

またキプチョゲ選手のためにつくった試作・専用靴だったため、4カ月以上前に市販されたシューズであることという項目にも該当します。

この世界最速を記録した靴はダメなんですね。

スポンサーリンク

量産型ジムはいいけどガンダムは駄目、みたいなつまらない話し

この世界最速の靴(通称「アルファフライ」)を履いてみたいと思いませんか? わたしは試しに履いてみたいと思います。そしてこの靴を認めたっていいんじゃないかとわたしは思います。

靴底のプレートなんて20枚も30枚も入れられるわけないんですから、せいぜい3、4枚が限界じゃないでしょうか。プレートの枚数で勝負できる箇所ではありません。どうせもう限界に来ています。

それをプレート一枚に限定するなんて……ほとんど意味はないと思います。

市販された靴じゃないとダメだなんて、なんだか量産型ジムはいいけどガンダムはダメ、みたいな話しじゃありませんか? つまらない、と思うのは私だけでしょうか。

ロードバイクのフレーム規制のように、ランニングシューズの形状だけ決めて、あとは技術の進歩を競わせた方が面白いのに……と思います。

技術に投資した「高価なシューズ」になってしまうから、「金で記録を買う」みたいなことになってしまうと技術革新を批判する人がいます。靴も買えないような貧しい国の選手が不利だろう、というんですね。

はっきりいえばアフリカの黒人選手が不利で、アメリカや日本などお金持ちの国の選手が有利ってことです。

逆にわたしなんかは「ケニアエチオピアなど黒人選手ばかりが勝つマラソン業界で、せっかく白人選手が勝てるチャンスだったのにもったいない(ナイキはアメリカの会社)」と思いますね。だってどうせもともと不公平なものなのです。

その証拠にスキーやスケートなど冬季オリンピックで勝っているのは白人選手ばかりです。どうして夏季オリンピックでは圧勝する黒人選手たちが冬季では惨敗つづきなのか? おかしいじゃありませんか。

それは要するに「お金がないから」でしょう。練習できる場所(スキー場やスケートリンク)に通うだけのお金がないから勝てないのです。

このようにどうせもともと不公平なものなのです。冬季は不公平を認めて、夏季だけ認めないというのもおかしな話ではありませんか?

それに有力な黒人選手にはスポーツメーカーがスポンサーについてくれます。先の「アルファフライ」のキプチョゲ選手がいい例です。ランニングシューズは供給されるのだから、不公平なんてないのと同じです。

シューズの差はプロ選手と一般市民にこそ付きますが、アスリート同志には差はできません。一部の選手だけが特権を得られるというのはおかしな言い分です。

そう考えるとランニングシューズにどうして規制なんか入れるのかわけがわからないのです。

高価な靴? 量産すれば安くなるでしょ? それにはまず使用を許可しないと量産化なんかされるわけがないじゃありませんか。

みんながガンダムに乗りたいと思えばガンダムだって量産されるのです。量産型のジムでしか戦っちゃいけませんなんて、スポーツ界はおかしな規制をかけるものだな(バカだなあ)とわたしは思います。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

関連記事

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』をnoteにて発売しています。こちらからお求めください。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。 ブログURL= ユーチューブ=grandma-cuisine

サブスリー養成講座


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
ストライド走法では、地面を蹴るのではなく、宙に振り出した方の脚に意識を向けます。 片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。 なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

https://arikura.com/balance-scale-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
肉体改造・スポーツ・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました