車泊旅。見渡す限りのネモフィラ、チューリップ、つつじ(茨城県)

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

茨城県ひたち海浜公園のネモフィラが凄いとよく聞くので、車中泊(一泊二日)でそれを見に行ってきました。

【さんぽ旅】地獄の年度始め合間の休日 ネモフィラに逢いに〜ひたち海浜公園
スポンサーリンク

国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園は有料の施設です。駐車場代が500円、入場料がひとり700円かかりました。

海浜公園の徒歩圏内にショッピングモールがありますので「ネモフィラのついでに買い物」ではなく「買い物のついでにネモフィラ」と発想をコペルニクス的に転換すれば、駐車場代500円は省けます。

「ひたち海浜公園」は有料も納得のすばらしい公園でした。国営の実力発揮といったところです。贅に金をかけています。私営ではここまではできないと思います。

ネモフィラ

鳥取砂丘を思わせる広大な丘に一面のネモフィラが咲いていました。そばにいた人たちが口々に「想像以上だ」「こんなすごいお花畑は見たことがない」と感嘆していました。

チューリップ

「ひたち海浜公園」の本当のウリはチューリップなんじゃないかと思うほど見事でした。ネモフィラ以上に感動しました。チューリップにはこんなにたくさんの種類があるのかとびっくりするほどたくさん咲いていました。「チューリップの定義って何だろう?」と疑問に思ってしまうほどです。花よりむしろ葉っぱを見たほうが共通項が見つかります。

ネモフィラは単色ですが、チューリップは色が多彩なため、チューリップ畑に感動した人も多かったようです。みんな写真をバシャバシャ撮っていました。

スポンサーリンク

外国人観光客が復活している?

「ひたち海浜公園」はじめ茨城県にはたくさんの中国人観光客がいました。茨城空港は中国、韓国便があるのでそこから来ているのかしら? 成田の国際便のフライト(入国)は一部解除されているようです。

外国人を受け入れたり、オリンピックをやろうとしたり、ぜんぜん「緊急事態」じゃないじゃん!

コロナウィルスなんて外国由来なんだから、日本人の行動をいくら抑制したって、外国からどんどん人を入れたら意味ないジャーン!

わたしはいつも思うのですが「大阪の病床はひっ迫しています」というなら、隣の奈良県や京都府に運べばいいんじゃない? 病人は県内で処理しなきゃいけない法律でもあるの??

わたしはただ生きてればいいとは思っていません。

スポンサーリンク

茨城といえばヤンキー

この日は大洗にて車中泊です。車中泊において一番気を付けなければいけないのは、暴走族の集会場所のど真ん中で寝てしまうことです。

泊まろうと決めた場所は眼下に海を眺めるすばらしい場所でしたが、なにぶんヤンキーの夜間集会が恐い……。こういうときはタイヤ痕をよく見ましょう。タイヤ痕があったら、そこはやばい場所です。

いつもは人と離れた静かな場所にクルマを停めるのですが、さすがに今回は他の車泊の人のそばにクルマを停めました。車中泊賊をなめんなよワラア!

何ごともなく静かな夜でした。海鳴りが聞こえました。ひょうしぬけするほど……。

コロナウィルスで「4人以上で集会するな」と政府からお達しがあるので、さすがの茨城ヤンキーたちも大人しくしてくれたのかもしれません。んなわけないか。

昼間はブイブイ改造バイクで走っている子たちがたくさんいましたよ!

スポンサーリンク

笠間つつじまつり

翌日、笠間市でつつじまつりをやっているというので、移動して見に行きました。500円ですが、JAFカードで400円になりました。こんなつつじの大集落は見たことがありません。山まるごとつつじの山でした。選択と集中でここまで「つつじ」に特化すれば、お金がとれる、というビジネスの見本のような「つつじ山」でした。

昨日のネモフィラ&チューリップに負けず劣らずの笠間の「つつじ」でした。

ふたたび「那珂湊おさなか市場」で安い魚を購入して帰宅。ホームにしている「沼津港」よりも「那珂湊」の方が魚の相場が安いと感じました。

GW前に一泊二日の車中泊の旅をしたのは、身体を旅に慣らすためでした。日焼け止めが必要だ、などシーズン情報を得ることができたので、次の遠征に活かそうと思います。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました