スマホがなくて会えなかった事件

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

今ではもうほとんどの人が携帯電話を持っているので、待ち合わせする時にも、時間とだいたいの場所だけしか決めません。「着いたら電話して」と約束しておけば、知らない場所でもなんとか会えるからです。

しかし携帯電話がなかった頃は、そうは行きませんでした。家電話しかなかった時代には、家から出たらもう連絡の手段がなかったのです。

知らない駅の改札口で待ち合わせを約束してデートに向かったら、改札口が二つあって、それぞれの改札口でずっと相手を待っていて結局会えなかったような話しが昔はいくらでもありました。

海外旅行に行くと、今でもこれと同じ状況になります。約束の時間・場所にどちらかが来ないと、連絡の手段がなく会うことができないのです。

(最近ではSIMフリーや国際ローミングを使えば携帯電話が海外でも使えます。しかし私は使っていません。金が惜しいということもありますが、海外に行ってまで携帯の画面を眺めていても仕方がないと思うからです)

フランスのパリに旅行に行ったとき、まともにホテルに泊まるのは面白くなかったので、2週間ほどでしたがアパルトマンで暮らすように滞在したことがあります。

スポンサーリンク

パリのアパルトマンで暮らすように滞在する

パリのアパルトマンはセキュリティが厳重で、まずは建物に入るための鍵が必要でした。もちろん部屋の鍵も別に必要です。二重ロックです。

つまりアパルトマンのオーナーと玄関前で指定された時間に会って、鍵をもらわなければ中に入れないのです。

ところがトラベルはトラブルです。こちらが指定した時間に約束の場所(アパルトマンの玄関前)に行くことが出来ませんでした。

飛行機が遅れ、更に指定のアパルトマンに行くのも迷ってしまって、遅れてしまったのです。

本当に現地のフランス人が暮らしている普通のアパルトマンですので、場所はマイナーな場所にあります。聞いたこともない駅でメトロを下りて、聞いたこともない通りの見たこともないところにアパルトマンはあります。ガイドブックに明記されたルーブルやアンヴァリッドに行くのとはわけが違うのです。まさかの迷子になって、時間を浪費してしまいました。ルーブル

こういうときに携帯電話が通じていれば、自分の居場所がわかって迷子にもならないのでしょうが、携帯なしの放浪旅行者はまず自分がどこにいるか、現在地の確認から作業をはじめなければなりません。

遅れた言い訳をさせてもらえば、こういうことになりますが、こちらのミステイクです。

さあ、困りました。道行くフランス人に地図を見せて、なんとか宿泊予約をしたアパルトマンに辿り着くことができましたが、約束の時間から1時間近く遅刻してしまいました。

アパルトマンのオーナーはもう来ないと思ったのでしょう。鍵の受け渡しを約束した場所には誰もいません。もちろんアパートの中には入ることができません。

連絡しようにも、こっちは携帯電話がないし、向こうも固定電話しか持っていません。そういう時代でした。

わかっているのはオーナーの自宅の電話番号だけです。

オーナーさんはフランス人男性と結婚した日本女性でした。投資のために購入したアパルトマンを日本人旅行者に貸し出すのが生業なのでしょう。電話さえ通じれば、誠実に応対してくださるはずです。

しばらく街を散策し、女性オーナーが家に帰るまで、時間を潰します。

問題は電話です。どうやってオーナーと電話したらいいのでしょうか。

パリは日本とは違います。公衆電話なんかありませんでした。自動販売機やコインロッカーやコンビニエンスストアなど日本で普通にあるものがパリにはありません。

思い悩んだ末、街角のカフェで電話を貸してくれないか頼みましたが断られてしまいました。

先に地図を開いて道を聞いたときにもそうでしたが、フランス人というのは案外不親切です。すくなくとも日本人ほどは親切ではありません。

さて、困りました。

クレジットカードでもう宿代を入金してしまっています。今更キャンセルできません。

こういうときにいつもの宿予約なしの放浪旅行スタイルだったら、他の宿を探せばいいだけの話しで、何の問題もないのですが。

いったいどうやってこのトラブルを解決したらいいでしょうか。パリ

思いついたのは、ホテルのレセプションでした。旅人である自分が、困っていることを説明し、チップを払えば宿泊客でなくても電話ぐらい貸してくれるだろう。

アパルトマンからなるべく離れたくなかったので、近くの小さなホテルを探してレセプションでお願いすると電話を借りることができました。

祈るような気持ちで電話を掛けると日本女性オーナーが出てくれました。とびあがるほどうれしかったです。どうやら宿代を無駄にせずに済みそうです。

道に迷って遅刻したことを謝り、再度、アパルトマンの前で会う約束をします。

レセプションの人はチップを受け取ろうとしませんでしたが、無理やり1ユーロおいていきます。本当に助かりました。

アパルトマンのオーナーは近くに住んでいるらしく、すぐに会うことが出来ました。

「何か困った事があったら言いなさいよ」

そう言ってくださいました。日本語ペラペラのフランス人(結婚して国籍はフランス人です)がいざとなったら助けてくださるというのですから百人力です。

門扉と部屋の鍵を渡されて、短期ですが「暮らすようなパリ生活」が始まりました。

パリ

ああ。パリがどんなに素晴らしかったか!

アパルトマンを退去するときには、引っ越しして日本に帰国するみたいで、本当に泣きそうになりました。ホテルだったら、あそこまで悲しくならなかったのではないかと思います。パリジャンと同じようにアパルトマンで暮らすように過ごしたからこそ、ホテルのチェックアウトではなく引っ越すような気持ちになったのです。立ち去るときは後ろ髪を引かれまくりで、のけぞって背中から倒れそうでした。

ああ。花の都パリよ。暮らすように過ごしたパリは本当に素晴らしかったです。

※そのほかの旅先でのトラブルの数々はこちらのまとめサイトからどうぞ

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました