AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポートが届いたときの対処法

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク

グーグルアドセンスをやっていると、登録アドレスに時々「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート 」というものが届くときがある。

このメールが来た場合の対処法について書き残しておきます。

最初はびっくりすると思いますが、簡単に対処できます。

スポンサーリンク

グーグルアドセンスのポリシー違反に対する対処方法

 

まずはご自分のアドセンスのホームにログインしてください。

① 左側の「アカウント」下にある「ポリシーセンター」をクリックします。

② すると問題のあるサイトが表示されます。そのサイトをクリックしてください。詳細のページが表示されます。

③ アドセンスのポリシー違反とされたページが表示されます。そのページの問題をクリアしてください。

④ 「審査をリクエスト」をクリックします。

⑤ チェックを入れます。

⑥ 審査をリクエストします。

以上で完了です。数日後に結果が反映されます。問題のあるサイトが 0 になっていれば、クリアです。

⑦のとおり、ポリシー違反は見つかりませんでした、と連絡がありました。

私の場合ですが、2日後にはメールが届きました。

スポンサーリンク

納得できない場合も、グーグル神の仰せに従うしかない

アドセンスのポリシー違反に関しては「違反じゃないよ~」と泣きつきたくなるようなページでも、問題のあるサイトにされてしまうことがあるようです。

実際、私の場合、上の例だと「股ずれするから、ランニングパンツなんてはけない」という趣旨のページでしたがなぜかアダルトコンテンツ(性的な内容)であると判断されてしまいました。

パンツをはけない=下半身まるだし、とでも判断されたのでしょうか?

「要修正」のところが「いいえ」になっているので(③の行)、完全アウトというわけではないようですが、おかしな判断だと思います。

実際、ほとんど修正なしで審査をリクエストして、ポリシー違反は見つかりませんでした、との回答を得ています。

ここの「要修正」が「いいえ」の場合は放置しても問題ないようですが、気になる場合はできるかぎり修正して、審査をリクエストするしかありません。

Googleの土俵の上でやっている以上、グーグル神の仰せに従うしかないのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました