サブエガとは何か?

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

こんにちは、アリクラハルト@sasurainorunnerです。

当サイトは人生全般の雑記ブログですが、看板のひとつとして『サブスリー養成講座』があります。

閲覧してくださる方の中には、google search consoleによれば「マラソン」「サブエガ」という検索ワードではじめて訪問してくださる方が多いようです。

サブエガって何でしょうか?

サブ・エガというのはマラソンの完走タイムが2時間50分を下回ることを意味します。

ここでは雑誌『ランナーズ』の元執筆者で、書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』の著者である私アリクラハルトが、市民マラソン用語である「サブエガ」について解説しています。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

人に書けないことが書ける。自分の中にその力を感じる。

タイムを追いかけるマラソンを引退し、生き方に迷っているときに本ブログを始めたのですが、当初から自分には人に書けないことが書けるという自信がありました。

市民ランナーに引退はないって本当か?
自分の限界を追求した。ベストバージョンの自分になれるように努力した。そういう市民ランナーにはきっと引退の時が来ます。 人は老い、やがては消えていきます。それなのにこの一瞬の輝きにすべてを賭けられるのは、悠久の宇宙にくらべたら人間の命なんて瞬間の瞬きにすぎないことをわたしたちが知っているからです。
書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』まえがき
アスリートたちは「走っていない人を新たに走らせる」チカラをもっています。言葉の力で「走っていなかった人を走らせる」ことはできないものでしょうか? 走る魂が、禅の悟りの境地に近づくことが、本当の意味で生きることだと信じています。

当初、ブログは二本の柱を考えていました。

ひとつは「放浪の旅のこと」。そしてもうひとつはゴールしたら倒れてもいいぐらいの気持ちで打ち込んだ市民ランナーとしてのマラソンへの取り組み方、マラソンのノウハウについてでした。

「旅のこと」についての検索ヒット数はイマイチですが、おかげさまでマラソン完走走ることの技術についての検索はたくさんのページビュー数をいただいています。

当サイトのアナリティクスによれば、わたしのマラソン記事には「マラソン」「サブ・エガ」「達成難易度」という検索ワードで訪問してくださる方が非常に多いということがわかりました。

ところで「サブ・エガ」 って何でしょう? 自分のサイトを自分が知らない言葉で検索されて閲覧されているのは気味が悪いものです。

サブ・エガとは何なのか、調べてみました。ちょっと調べてみたらすぐにわかりました。

エガというのはタレントの江頭2:50さんのことでした。サブ(sub)というのは「~の下」という意味の英語の接頭語です。subwayは道の下だから地下鉄、submarineは海の下だから潜水艦。マラソン・サブスリーは完走タイムが三時間を下回ることです。

サブ・エガというのはマラソンの完走タイムが2時間50分を下回ることを意味します。

「空気が読めない」を「KY」と言うように、誰か市民ランナーが言い出した言葉なんでしょうね。それがSNSを通じてあっという間に広まったのでしょう。なるほど一度聞いたら忘れませんね。江頭さんを知っていれば、の話ですが。

サブ・エガ。これはなかなかすごいタイムです。ハーフマラソンのタイムが1時間25分を切らなければなりません。現実的には1時間20分を切る力がないとゴールまでイーブンペースで折り返してくることはできないでしょう。

スポンサーリンク

「サブ・エガ」達成のノウハウ、難易度

私のサイトを「サブ・エガ」で検索して閲覧したくださった方たちは、どうすれば2時間50分を切ることができるのか、そのノウハウをこのサイトに求めていることでしょう。これまで私が「サブスリー養成講座」で語ってきた以上の決定的な何かを求めているに違いありません。

しかし残念ですが、そんなものはありません。

「サブスリー養成講座」の中ですべてを惜しみなく出し尽くした以上、それ以上のものをわたしはもっていません。

わたしはサブ・エガを達成したことは一度もありません。サブ・エガを目指したこともありません。昔はそんな言葉はなかったのです。言葉がないということは、概念がないということです。概念がないのですから目標にすることもありませんでした。

「なんだ。こいつはサブ・エガを一度も達成したことがないのか。じゃあ読む価値なしだな」と思われたのなら、どうぞ設楽悠太大迫傑のブログでも読まれるといいでしょう。そこにあなたの走力を向上させる何かが見つかったら本当にラッキーでしたね。

残念ながらエリートランナーのブログから学べることはあまりありません。

もしエリートランナーから何かを学べるのならば、エリートランナーは星の数ほどいますから、ノウハウも星の数ほど学べるはずです。

でもそんなことは書いてありません。かつてはわたしもエリートランナーの書いた本を読み漁った人間だからわかるのです。

しかし私の『サブスリー養成講座』の核心は、「レース中に走法を変える」ところにあります。

「なにも自重トレーニングしながら走ることはない」という発想から、苦しくなったら走法を変えよう、というのが私の最大の提案です。

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す。フォームは決めつけない。臨機応変に変える
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。

だから瞬間瞬間でピッチ走法の場面もあれば、ストライド走法に切り替えて走るときもあります。その切り替えるタイミングや、走り方は人に行くのではなく「天性の才能に満ちたおのれの肉体に聞け」というのがわたしの講座の中心理論なのです。

【究極の走り方】あなたが一番速く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている。
あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。あなたの最適なフォームを知っているのは脳味噌ではなく肉体です。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

サブスリーを狙うのも、サブエガを狙うのも、考え方は変わりません。

わたしの「サブスリー養成講座」では、戦闘フォーム巡航フォームがあることを説明しました。

走り方には「ダメージ回避を最優先した走り」と「ダメージを無視した走り」があるのです。

「ハサミは両方に開かれる・ヤジロベエ走法」は「動的バランス走法」よりも速い、と理論的に説明しました。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。
戦闘速度のフォーム。「ハサミは両方に開かれる・ヤジロベエ走法」
「天秤走法」とは脊柱を直立・中立させて、支柱前後の筋肉を交互にピストン運動させる走法のことです。「ハサミは両方に開かれる走法」と組わせると、必殺走法が完成します。
スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

サブスリーランナーがサブエガランナーになるには、巡行フォームの時間を短くして、戦闘フォームの時間を長くする以外にはありません。

あえて言えば記録を生み出す魔法のシューズ。ナイキの「ズームヴェイパーフライ」を履いてみる、ぐらいでしょうか。

厚さは速さだ。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブルクリストファー・マクドゥーガル著『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の大逆襲劇を描いています。

そして「ヘルメスの靴」や「アトムのジェット走法」をつかって「速い走り」を「もたせる」以外に方法はないと思います。

ヘルメスの靴。足についた宙に浮くためのバネ(足底アーチとアキレス腱)
ギリシア神話にはヘルメスという神様が出てきます。ヘルメスはハネが生えた靴を履いていて宙に浮くことができます。 ヘルメスの靴ほどではありませんが、人間の足にも二種類の宙に浮くためのバネが備えつけられています。 足底アーチと、アキレス腱です。

マラソン初心者が習得すべき走り方(アトムのジェット走法)
足裏に鉄腕アトムのジェットがあると想像して、下腿を地面と水平にするイメージを持つと、急に楽に速く走れることが実感できると思います。これを私はアトムのジェット走法と命名しています。 膝を曲げて後方に振りあげなければ、凄いシュートを打つことはできないのです。
速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。
「骨格走法」筋肉ではなく骨で走る。疲労しない走り方
骨格走法とは、骨以外は「ないもの」と意識から追い出してしまう走法です。骨が骨として走れば筋肉のサポートは最小限で済みます。自然といいフォームになって速く走れるようになります。筋肉は疲れても、骨は疲れません。
スポンサーリンク

最高のパフォーマンスをする肉体にかける技術的言葉はほとんどない

「ボールを遠くに飛ばすにはどうすればいいんですか?」

と、ゴルフ映画を撮っている武田鉄矢さんが、プロゴルファーの中嶋常幸さんに聞いたそうです。すると

「そりゃあ……遠くに飛ばそうと思ってスイングすることだよ」と返事が返ってきたとか。

頭であれこれ考えるよりも、肉体が成し遂げてしまうのが本当のアスリートです。

肉体言語に秀でているから、言葉で解説することなんて必要ないのです。

中嶋常幸さんの言葉が、理解できるでしょうか。

100m走のような短距離を最高に速く走ろうと思ったら、もう死ぬ気で速く走るしかありません。

「動的バランス走法」とか「ヤジロベエ走法」とかいってる場合じゃありません。そんなこと考えているヒマがあったら死ぬ気で走ることです。速く走ろうと思って走ることです。

速く走ろうという気持ちに、肉体が応える。それがあなたの答えです。

その時の状態をあとで観察すれば、腰が高く浮いていたし、背骨は天秤のように直立していたのです。

理論先行で、理屈に肉体を当てはめて、速く走ったわけではありません。

技術的言葉があってはじめて最高のパフォーマンスができたのではありません。

最高のパフォーマンスの後から技術的言葉ができたのです。

技術的な言葉が先にあったわけではありません。言葉は後から付けただけなのです。

「そんなことはない。コーチの言葉で私のパフォーマンスは上がった」と思うかもしれません。しかしそのコーチはきっと自分の最高のパフォーマンスを言葉にして後輩のあなたに伝えているのです。あくまでも肉体先行です。

あなたの肉体は、あなたの理論よりも、ずっとかしこいのです。

最高を発揮している肉体にかける技術的言葉はほとんどありません。

言葉をかけるとすれば「速く、もっと速く、もっともっと速く……」気持ちを鼓舞する言葉しかありません。

ほら「そりゃあ……遠くに飛ばそうと思ってスイングすることだよ」 という中嶋常幸さんの言葉と全く同じではありませんか。

理屈を頭で考えてから肉体で実践したのではありません。うまく走れた成功体験を言葉にして表現したのです。

肉体が先、言葉は後です。

肉体が表現した瞬間のことを言葉はうまく表現できません。

「百足(ムカデ)にそんなにたくさんの足をいっぺんにどうやって動かしているんだと聞いたら、百足は考えすぎて前に進めなくなってしまった」という逸話があります。

複雑で瞬間の肉体の動きに言葉が介在する余地はほぼありません。速く走りたければ速く走りたい気持ちになることだ、という言葉を発した人の境地が、わたしにはわかる気がします。

肉体の成就のために言葉でサポートするのがコーチの仕事です。コーチの言葉は人によってバラバラなので、戸惑う人もいるでしょう。そのときつかう言葉がコーチングのセンスになるのです。

あなたに合うコーチと合わないコーチがいます。

私のランニングを成長させてくれたのは「スーパーアスリートの言葉」ではありませんでした。「はじめは遅かったけれど知恵と工夫で速くなったサブスリーランナーの言葉」でした。

あなたにとって私のブログがそのようなものでありますように祈っています。

サブ・エガを達成したことがない以上、サブ・エガを達成するためのノウハウは語れません。

しかしひとつだけ語れることがあります。

スポンサーリンク

サブエガは超人ではない。普通の人間に達成できること

初マラソンでわたしは4時間も切れない鈍足ランナーでした。

その頃の私にとってサブスリーランナーというのは『この世の超人』でした。自分がそんな超人であるはずがないと思っていました。

しかし膝を故障しランナー引退を余儀なくされ、神のめぐみで再び走れるようになった時、ダメで元々、高い目標を掲げて走ろうと決意したのです。

達成できなくてもいい。やるだけやってみようとサブスリーに挑戦しようと思いました。

その結果、私はサブスリーランナーになりました。

自分がサブスリーランナーになった今、サブスリーランナーのことを今では「そんなに超人じゃなかった。ただの普通の人間だ」と思っています。

私は雑誌『ランナーズ』の取材でマラソン2時間30分を切る市民ランナーを多数、取材してきました。2時間30分切りですよ。サブ・エガどころじゃありません。女子の優勝ランナーと互角の勝負ができる超人たちです。

取材前、私は彼らを超人だと思っていました。でも取材してみると彼らは自分のことを超人だなんて思っていませんでした。「普通の人間だ」と思っていたのです。私が自分を「普通の人間だ」と思うように。

そんな体験から私に言えるのは「サブ・エガ」だって普通の人間が達成できることだ、ということです。

フルマラソン2時間50分なんてけっして超人の領域ではありません。今はそうは思えなくても、達成すればわかります。

ゴールしたら倒れる覚悟でマラソンゴールに走りこんでいたわたしには「サブ・エガ」がどんなにたいへんなことかよくわかります。

それを目指そうというあなたのスピリッツを尊敬しています。

普通のあなただって、きっと達成できる。私はそう信じています。

スポンサーリンク

関連記事

https://arikura.com/grand-slam/
https://arikura.com/nike/
https://arikura.com/zamst/
https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました