サマセットモーム『ロータス・イーター』

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。
ブログURL=
ユーチューブ=grandma-cuisine

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ロータス・イーターとは、ギリシア神話から「安逸をむさぼる人」を意味しています。ロータスとは蓮。イーターとは食べる人。

タイトルは、極楽浄土の花、蓮を食って生きている人という意味です。

浮世離れした放浪のバックパッカーのような人種のことを指しています。

筆者自身による読み聞かせはyoutubeでどうぞ。よければチャンネル登録、高評価よろしくお願いします。

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コロナ禍で「家ごもり」の今だからこそ、家でできる副業・ブログ・アフィリエイトをはじめませんか?
「あなた」だけが知っているお宝アイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬ゲットできます。
おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大多数の人は境遇のため余儀なくされた人生を送る

主人公はトマス・ウィルソン。

年金がなくなる六十歳になったら自殺すると決めて、楽園を満喫している男です。

語り手は別にいるのですが、主人公は語り手とは別の人間です。
いわゆるホームズ・ワトソンスタイルですね。主人公があくまでもシャーロックホームズであるように、この物語も、世捨て人のようなトマス・ウィルソンが主人公です。

トマス・ウィルソンはイギリスの銀行の支店長の地位を捨てて、カプリ島に魅せられた男です。

青の洞窟、地中海の太陽、リモンチェッロ・デ・カプリ。気持ちはわかりますよね?

名作映画『ベン・ハー』にも「隠居してカプリ島でのんびりしたらどうだ」なんてセリフが出てきます。『ベン・ハー』の裏主人公はイエスですから、紀元前のローマ時代では美しい楽園として知られていたのですね。

世界一美しい光景のひとつであるカプリ島の夕日を眺めているとき、サマセットモーム自身を思わせる語り手の「私」は、ロータスイーターのトマス・ウィルソンと出会います。

「もし運命の女神が私に銀行の支店長を続けさせるつもりだったのなら、月光に照らされた夜の海岸の奇岩を見せるべきではなかった」

トマス・ウィルソンは語ります。勤め人の生活に戻らなくてもいいじゃないか。ウィルソンは考えます。ウィルソンには扶養する家族もありませんでした。

毎日同じ仕事を続けて定年になって、退職して年金で暮らすだけ。そんな先の見えた未来を捨てて、すべてを放り出してこの島で余生を送っていけないことがあるだろうか?

ウィルソンは考えます。その後、一年間我慢して働いてみましたが、考えは変わりませんでした。

「生活を楽しんだ町も、勤勉だった町も、どちらも滅んだ。最後は同じじゃありませんか。どちらが愚かだったんでしょうか?」

そしてカプリ島で暮らすことを選んだのです。。

スポンサーリンク

お金が尽きたら自殺するつもりだった

トマス・ウィルソンは金持ちだったわけではありません。年金暮らしでした。むしろその年金が尽きたときには路頭に迷うことが予測できました。それでもカプリで暮らすことにしたのです。

いつも他人の思惑ばかり気にするのをやめて、美しい自然あふれる島で暮らそうと決めて、仕事をやめてしまいました。

三十四歳のときから十五年、ずっとカプリで暮らしています。

この作品の年金というのは、現在の日本の老齢年金とは違います。一定の期間年金がもらえるような「商品」をトマスウィルソンは持っていたにすぎません。

その年金はさだめられた期限がきたら、もらえなくなってしまいます。年金が尽きた時には、どうするつもりなのでしょうか?

実は、自殺するつもりでした。

語り部はそのことを聞いて、トマスウィルソンに興味をいだくようになるのです。

自殺を決意して、ふらふらしているロータスイーター。そんな人が身近にいたら、誰だって興味を持ちますよね?

この時代は今よりもずっと寿命が短かったのでしょう。

そしていつ死ぬかわかりませんでした。現在よりもはるかに未来の見通しが立たない時代でした。

老いるまで意に添わない場所で働いて、食うに困らない老人になるよりも、魅力的で危険な選択にウィルソンは賭けました。

60歳で死ぬ方に賭けたのです。

自分が何歳ぐらいで死ぬか、誰でもボヤッとした予想があります。

その中でも最も若くして死ぬ方にトマス・ウィルソンは賭けました。

いつ死ぬか、何歳で死ぬか、それがわかったら人生の悲喜劇の大半は避けられるのに。

そんなサマセット・モームのつぶやきが聞こえてくるようです。

悲劇は起こってしまいました。

自分が何歳ぐらいで死ぬか、予想の中でももっとも長生きするほうの目が出てしまったのです。

スポンサーリンク

夢に見た楽園での暮らしの現実は……

トマスウィルソンは人生が誰にでも与えてくれる素朴で自然なものに至福を求めました。自然こそが人生の真実です。

自分自身の幸福が唯一の目的でした。

金が尽きたら自殺する決意がありました。

都会で労働しているときには覚悟がありました。

死ぬ決意は自然の中で生きる決意と同じものだったから強いものでした。

しかし自然の中でのんびりと生きていると、己を貫く鋼の魂は失われてしまいます。

死は都会から自然に向かう時の決意でした。でもすでに自然の暮らしにたどり着いています。だとしたら死の決意が失われても不思議はありません。

これはたとえていえばこのようなことです。自分の勉強がやりたくて学校を辞めたのに、学校を辞めて自由になったら、自分の勉強なんてする気がなくなってしまった。

何一つ心を煩わすことなくのんびり暮らしていたら、毅然たる性格は失われてしまいます。

自分の手の届く範囲にあるものだけで欲望が満たされるのならば、意志は弱くなってしまいます。

トマス・ウィルソンはいつしか死をえらべなくなっていました。

自分が望んだカプリ島の暮らしの中で死ぬ意味なんてありません。どうして死ななければならないのでしょうか。

人間が弱くなったといってもいいと思います。

やさしい母なる大地の中で、強い意志をもった大人であることの意味はありません。

年金がなくなり、貯金がなくなったトマス・ウィルソンは、自殺未遂をします。

かつての使用人の慈悲により、冬は寒く、夏は蒸し風呂の部屋で、粗末な食事に六年耐えて、そして死にました。満月の夜に、心奪われたカプリの絶景を見ながら。

死が救いとなりました。

人生は死によって完結します。

どうしてサマセット・モームは、トマス・ウィルソンの死に際に、あえて心奪われたカプリの絶景を見せたのでしょうか?

「旅人の夢はかなったのだ」

そう言いたかったのかもしれません。

スポンサーリンク

本は電子書籍がおすすめです

kindle unlimitedは、電子書籍kindleキンドルを利用した和書12万冊、洋書120万冊以上の読み放題サービスです。

kindleの使い方

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

アマゾンプライムの使い方・入会方法

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
画像入りで、アマゾンプライム会員登録のしかたと、無料体験だけして解約する方法について解説しています。

オーディブルの使い方

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

私はオーディオブックは究極の文章上達術だと思っています。

人生を変えた本『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』リアル・ドラゴンクエスト・ガイドブック
いくら旅に時間を費やしたところで、自分と向き合うことに時間を費やさなければ、何の意味もありません。どれだけ何かが変わっても、それに対処するのは自分しかないからです。 どこに行こうと、何が変わろうと、そこには自分がいます。これは言葉ではありません。生き方なのです。
人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。
団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。

※※他のサマセット・モーム作品についての書評も書いています。よかったらこちらもご覧ください。

『月と六ペンス』サマセット・モーム
『月と六ペンス』。傑作が燃えて灰になっても、すばらしい世界は今も目の前にある。ストリックランドは大自然とか世界にインスパイアされて傑作を書き上げたけれど、彼の傑作がなくなっても、傑作を生みだした母体である自然や世界は目の前にまだ残っています。何ら損なわれたものはないのです。傑作は他の誰かの手でいつかまた再現されます。
別れた恋人にもう一度会いたいと思った時に会うべきか否か? サマセット・モーム『赤毛』
時の流れは残酷なものです。気持ちは去って、二度と戻らないのです。
性欲vs禁欲。勝つのはどっち? サマセット・モーム『雨』
名作『雨』に見る性欲vs禁欲、果たしてどちらが勝ったのでしょうか?
アレイスター・クロウリーと賢者の石。『魔術師』サマセット・モーム
現代人もそれを「錬金術」とは呼びませんが、昔の人たちと同じことを望み、同じことを日々追求しているのではないでしょうか? あるとはいえない。でもないとはいいたくない。それが錬金術、人の希望でした。
サマセットモーム『ロータス・イーター』
ロータス・イーターとは、ギリシア神話から「安逸をむさぼる人」を意味しています。ロータスとは蓮。イーターとは食べる人。 タイトルは、極楽浄土の花、蓮を食って生きている人という意味です。 浮世離れした放浪のバックパッカーのような人種のことを指しています。
エドワード・バーナードの転落。サマセット・モーム
「旅に出たくなる小説」というものがあるように、「仕事を辞めたくなる小説」というものがある。 ここでは文豪サマセット・モームの「エドワード・バーナードの転落」の魅力に迫ります。 物語、小説における語り手。 人の心が、誰かに影...
『女ごころ』とはどういうものか。モテない君が文豪の名作に学ぶ
女が、20歳も年上の厳格な公務員に嫁ぐか、危険な匂いのする秘密を共有する同年代の男と一緒に生きていくか? もちろんいい女ってやつは、秘密を共有する危険な男を選ぶのですよ(断言!) 乗るかそるかでやってみる。それでこそ人生ですよ。
お菓子と麦酒。人間の滑稽さを描いた作品
世界的な文豪の夫よりも、こけおどしの服装(見た目)で男を選んでしまう女というものの愚かさ。 そしてその女の愚かさに惚れてしまってかなわない男という者の愚かさ。 そんな人間の滑稽さを描いている作品
ラヴァラヴァ、サロン、パレオ、パシュミナ、クローマー、アフガンストール、ベルベルストールとは? 日本の風土で使えるか?(服飾文化輸入)
ラヴァラヴァ、サロン、パレオ、パシュミナは実用というよりは嗜好品だと思います。身につけると気分が全然変わりますよ。
著者
お探しのものはありませんか?
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました