ウルトラマラソンの途中に自宅があったらランナーはどうなってしまうのか?

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ウルトラマラソンのコースの途中に自宅があったらどうなるか?

このページでは『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』のコース途中にたまたま自宅があったランナー(=私)がどういう行動をとるか、その生態を客観的に観察しました。

ウルトラマラソンの途中に自宅があったらランナーはどうなってしまうのか?

これはそのレポートです!!

(結論)

自宅に引き寄せられて完走できません(涙)。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ホノルル、ユングフラウ、ロトルア、ニューカレドニアなど海外マラソン歴も豊富。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。NYとハワイを別とする数え方なら訪問都市は100都市をこえています。元帰国子女。国内では車中泊の旅で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

夢は海外移住。希望移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

見慣れたいつもの道を走る「ホームレース」

ワンウェイで走りやすい100kmもの道を、この山国ニッポンでとることは結構難しいことです。

車などの流通を止めてしまうことにも問題があります。

世の中はランナーに好意的な人ばかりではないからです。東京マラソンなんか流通業界の苦情が凄いと聞きます。

だからウルトラマラソンは、交通量の少ない田舎の風光明媚なコースを採用していることが多いのです。

100kmというと丸一日走り続けることになるために、たいていはレース前後を宿に宿泊することになります。

だからこそ非日常旅ランを経験できるのです。

それが魅力なのですが、ひとつ問題があります。

たまたまコース途中に家あったら、どうなってしまうのでしょう。

ウルトラマラソンが日常のいつものランニングになってしまいます。

ウルトラマラソンの途中に自宅があったら、ランナーはどうなってしまうのでしょうか?

そういう人は滅多にいないと思います。だからそういうデータはほとんどないはずです。

しかし実はワタクシはその貴重なサンプルの一人です。

『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』のコース途中、山中湖畔に別荘がありまして、夏になると別荘に毎年のように出かけていました。

山中湖に行くたびに「ああ。今年も帰ってきたな」という気になります。
あのあたりの道はほとんど知っています。

富士五湖はロードバイクでぐるっと回ったこともあります。富士五湖あたりはいわばホーム中のホーム。

山中湖なんて何周走ったか、数えきれません。

ウルトラマラソンの100kmコースも知っている道ばかりです。

スタート・ゴール地点の富士北麓公園なんて『富士吉田火祭りロードレース』でお馴染み過ぎます。

ホーム&アウェイでいえば、私にとって『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』は完全にホームゲームでした。

だから『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』にエントリーしたといっても過言ではありません。

スポンサーリンク

自己ベスト更新のためには「知っている道は近く感じる」錯覚を利用する

知っていますか。人間、知っている道は近く感じて、知らない道は遠く感じるのです。

だからマラソンで自己ベストを更新したかったら、慣れた大会(コース)の方が有利です。

知っている道は近く感じるわけですからね。心理的に優位に立てます。

『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』に挑戦する前、私は一度、ウルトラマラソンに失敗していました。

足首痛、睡眠不足、そして猛暑などの影響で『サロマ湖100kmウルトラマラソン』を完走できなかったのです。

ウルトラマラソンデビューするならサロマ湖をオススメする3つの理由
「平坦なコース」「風光明媚」「非日常の旅ラン」以上の三点から初ウルトラマラソンにはサロマ湖を私はおすすめします。

次こそ、今度こそ、100kmウルトラマラソンを完走したかったのです。

何としても完走するためには、すこしでも有利なコースを走ることです。

私にとって『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』はホームゲームです。見知った道の方が近く感じるのですから。

満を持してホームコースにエントリーして、私の二度目の100kmウルトラマラソンへの挑戦はスタートしました。

スポンサーリンク

『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』とはどんなマラソンか?

毎年4月に富士北麓公園をスタートして、山中湖→河口湖→西湖→精進湖→本栖湖をくるっと回って戻ってくる100kmウルトラマラソンの大会。

コースの絶景ポイントはもちろん富士山と富士五湖。富士山は見る場所で山麓の稜線の形が違って見えます。

湖畔道路がメインなのでアップダウンも比較的少ない走りやすいコースです。

スポンサーリンク

氷雨の中、ランシャツ一枚って自殺志願者レベル!

世に市民ランナーのグランドスラムといわれる三冠。

フルマラソン・サブスリーと富士登山競争・山頂完走と100kmウルトラマラソン・サブテン。

当時、私はもうすでにマラソン・サブスリーと富士登山競争の山頂完走は達成していました。

市民ランナーのグランドスラムまでタイトルはあとひとつ、100kmマラソンの10時間切りだけでした。

三冠と言われると難易度はどれも同じぐらいだと思ってしまいます。

サブスリーほど難易度が高いのならば、すなわち最強の戦闘スタイルで挑戦するのが正解だと思ってしまいます。

これが大きな間違いでした。

当時私はサブスリーを連発していました。もっともスピードが重視されるサブスリーは、もっとも軽くて走りやすい靴で走ります。
寒さなんか度外視します。自分の内側から燃える熱で寒さなど吹き飛ばす覚悟でランシャツに海パンという最軽量の格好でいつも走っていました。身には何も身につけません。

軽量速攻

それが作戦の全てです。

マラソンと同じ恰好で『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』も走りとおすつもりでした。

補給が充実しているのはわかっていたので、それに頼りに走りきる作戦でした。

ところが私がエントリーした年は、なんとレース前から雪が降ってきました。

4月だというのに、まさかの雪です。

ふわふわの雪ならまだしもですが、ビシャビシャの氷のような雪が降っています。

私は寒くてたまりませんでした。

なにせランシャツに海パンという高速スタイルでしたから。

街中だったら、肩をむき出しのランシャツ一枚で雪の中をウロウロしていたら自殺志願者かと通報されるレベルです。

しかし完走するために最強のスタイルでレースに臨む作戦で来ているので、他に走るための準備がありません。

ええい。イチかバチかです。

雪の中、ランシャツ一枚で私は走り始めました。

スポンサーリンク

氷の中、ランシャツ一枚では寒すぎる!!

スタートしたのはいいのですが、とにかく寒い、寒すぎます。

雪が降っているというよりは、氷が降っているという富士北麓を山中湖に向かって下っていくのですが、想像していたコンディションと違いすぎます。

富士北麓公園の標高が1035m。山中湖の標高が980mです。

夏にしか行かない避暑地・山中湖の4月の気温を知らなすぎました。

のんびり気持ちよく走るつもりだったウルトラレースです。
しかし現実には身を切るような冷たい雪雨の中、目を開けているのもしんどいというレースになってしまいました。

カラダが冷え切っています。

小便がしたくなりました。

トイレに並びます。

走っているうちはまだよかったのですが、止まったらもうダメでした。

低体温症です。

トイレ前に並んでいるうちに、ガタガタガタガタ全身が震えだしました。

顎も震えて、歯が鳴っています。

自分のトイレの番がきても、指がかじかんで、ランパンの紐がほどけません。

なんとか紐をほどいて小便をすませましたが「完走は無理かもしれない」と思いだしました。

走る距離でキツイならリカバリーする方法をいくつも知っています。

しかし寒すぎてキツイ場合のリカバリー方法なんてあるのでしょうか。

ホームレースとか、知っているコースとか、そういうレベルではありません。

寒い、寒すぎる!!

スポンサーリンク

走れないのではなく、寒さに耐えらえない!

超長距離100kmを軽量速攻で走り切るつもりでエントリーしたウルトラマラソンでしたが、なぜか私は寒さと闘っていました。

慣れ親しんだ山中湖畔の道も、いつもとは別の道のようです。

どしゃ降りの雪雨です。ただの雨の道です。見慣れた道も知らない道も関係ありません。

山中湖畔を半周ほどすると、自宅(別荘)が近づいてきているのがわかりました。

まだ20kmほどしか走っていないのに体は冷え切っています。

そこに自宅が目の前に迫ってくるのです。

自宅には、お風呂があります。暖房があります。毛布があります。

それを振り切って雪雨の中をランシャツ一枚であと80kmも走るのは無理です。

走れないのではなく、寒さに耐えられません。

もうこれ以上ランシャツ一枚で雪雨の中にいることは無理です。

夏はフェスをやっている第一関門「山中湖交流プラザきらら」でチップを返却してリタイアしました。

こうして私のホームゲーム『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』への挑戦は20kmほどで終わってしまいました。

そのまま自宅に戻って熱いシャワーを浴びました。

そして暖房の効いた部屋で毛布にくるまり眠りました。

まさかマラソンの距離も走り切れずにリタイアになるとは思ってもみなかったです。

想像もしなかったレース結果でした。

スポンサーリンク

距離に負けたのではなく、気候に負けた

冷え切った体を毛布でくるんで、しばらく眠りました。

人心地がついて目が覚めると、完走できなかった自分のレース結果に呆然としていました。

まさかこんなに早くリタイアになってしまうとは。

後悔がつぎからつぎへと湧いてきます。

いくら雪雨で体が冷え切ったとはいえ、コース途上に自宅(別荘)がなければ、もうすこし走ったのではないか。

戻るべき家がなければ、走らざるをえなかったはずだ。

しかし幸か不幸か最悪(最高)のタイミングで目の前に自宅が現れて、私はレースをリタイアしてしまいました。

もっと頑張ればよかった。

そう思いましたが、人心地ついたからこそ、そう思えるのです。

雪雨の中ランシャツ一枚の時とは判断が違って当然です。

次から次へと湧いてくる後悔をふりきるように、私は車でレースの応援に出かけました。

まだゴールするような時間ではありません。せめて走っている人を応援しよう。

車を本栖湖の方に走らせます。

想像以上のランナーがいて、私は頭が下がりました。

こっちはお風呂に入ってサッパリした後だというのに、マラソン走ったら1時間は差をつけられそうなオバサンが一生懸命に走っています。

リタイアしてしまった自分が恥ずかしかったです。

自分の分まで頑張ってほしいと、車の中から応援の声をかけました。

ランシャツ一枚という人はほとんどいませんでした。

みんなカッパのようなものを着て走っています。

サブスリー狙いのマラソンでは暑すぎるような格好です。しかしこの日の雪雨のような気候の中では、むしろ汗と体温でレインジャケットの中が蒸れてサウナになっているぐらいの方がちょうどよかったようです。

服装の選択から、私は間違っていました。

長そで、長ズボン、手袋もして、肌の出ない格好で走るべきでした。

氷雨に直接肌が打たれないだけでも、だいぶ違います。

距離に負けたのではなく、気候に負けた。それが私の『チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』でした。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

ウルトラマラソンの途中に自宅があると、完走できません(笑)。

熱いお風呂、暖房、毛布、それらの誘惑を断ち切って、その先に進むのは鉄の意志が必要です。

人間は弱いものです。

成功するまで故郷にはかえらないと決意する青年のように、ゴール地点まで走り切らざるを得ない追い詰められた状況だからこそ、実力以上の力を発揮して完走することができるのです。

ウルトラマラソンでは、長い旅のようなレース展開になるため、その日の気温にあわせて、いくつかのレース服をもっていき、当日の朝に何を着るか決めた方がいいようです。

マラソンだったら、暑いぐらいだったら寒い方がマシですが、ウルトラマラソンでは、寒いぐらいだったら暑いほうがマシと思って服装を選択してください。

汗と体温でレインジャケットの中が蒸れてサウナ状態になっていても、空気の層が外の氷雨から体温を守ってくれます。低体温症になるぐらいなら、その方がまだ完走できるでしょう。

肌の出ない格好で走るべきでした。氷雨に直接肌が打たれないだけでも、だいぶ違います。

こうして私はサロマ湖100kmウルトラマラソンでは暑すぎて完走できず、チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンでは寒すぎて完走できませんでした。

どちらも、距離に負けたのではなく、気候に負けたのです。

このようにウルトラマラソンは42.195kmのマラソンとはだいぶ違います。

ウルトラマラソンはアウトドアアクティビティと思って適切な服装を選択してください。

私の失敗がみなさんの参考になれば、と思います。

※ご紹介した本の中にはkindle本が含まれています。キンドル本の読み方については下記に詳しく説明しています。

お探しのページは見つかりませんでした。 | ドラクエ的な人生
人生恋歌
プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました