日本三大祭。お祭りとセットで、旅に出よう

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

国内で旅を続けていると、残念ながら飽きてくることがあります。

これが外国だと飽きることはありません。

砂漠とアルプスでは全然違いますし、トルコのグランバザールとホーチミンのベンタイン市場では通過も物価も違いますし、そもそも売ってるものが全く違います。

しかし国内では、お金も一緒、物価は同じ、売ってるものも同じです。

なんだこれ初めて見た、というブツはありませんし、笑っちゃうほど安いものはありません。

そうなったら時はどうしましょうか。

私はお祭りと絡めて旅することをお勧めします。

お祭りです。お祭りと絡めます。

まずは日本三大祭から。

ハルト「日本三大祭といえば、富士吉田の火祭り、青森のねぶた、山崎春のパン祭りだよね」

イロハ「まさか。高知のよさこいと、秋田の竿灯祭と、山崎春のパン祭りでしょう」

 

何もない町でも、お祭の時は違います。

見慣れたお店、見慣れたホテル、慣れきった風俗の中にあっても、興奮があります。

お祭りの時は全然違う顔を見せます。それは違う芝居を見ているように。

宿が取りにくいのがネックですが、お祭りを楽しみながら、国内旅を楽しもうではありませんか。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました